それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.05.01

味方?悩みの種?ワーママ流“夫の愛し方、割り切り方”


あなたの夫はどんなタイプ?

頼りにしているわ!という態度が必須?

頼りにしているわ!という態度が必須?

私たちワーママの毎日の中で、一番の味方であってほしい人と言えば「夫」ですよね。ところが多くのワーママから聞くのは「実際は子どもより夫のケアの方が大変」というトホホ話です。「大人なんだから、自分のことは自分でやってね、という態度をとっていたらキレた」とか、「仕事も今まで通り続けていいし、子どもも産んでいいよ!とは言葉通りで、家事も育児もノータッチ。夫の協力ゼロ!」など、働く女性のパートナーとしてはちょっぴり残念な様子。でもまだまだ諦めてはいけません!ワーママ流で愛する夫とも素敵なパートナーシップを築いていきましょう!

ワーママ流「夫の愛し方」とは?

こんなトホホな事態も逆手にとって、賢く振る舞うのがワーママの腕の見せ所です。タイプ別夫の愛し方はこれ!褒めて育てていきましょう。

あなたは私の王子様!あなたがいないなとダメなの!
「とにかく俺を構ってくれタイプ」の夫には、自分もか弱いお姫様気分で行きましょう!常に夫という名の王子様を、頼りにしているという態度を示します。Aさんは「本当は自分で即決できることでも、必ず夫に相談して決定してもらうなど、『私って、あなたがいないと何にもできないの』というスタンスで接しています。子どもの前では『さすがパパだね』が口癖。とにかく夫の存在を言葉で絶対肯定するようにしています」。何十人もの部下を持つエリアマネージャーのAさん流「夫の愛し方」のコツは、職場で発揮している決断力や推進力は隠しておくことなのだとか。

私の名前はマザーテレサ、深い愛情であなたを見守ります!
Bさんは「家庭のことを何もしない夫に、本気で離婚を考えたこともあります。でもある時、あまりにも体調が悪かった私の代わりに食器を洗ってくれたことがあり、とても感謝したら、それ以降は気が向けば洗ってくれることも。家事に協力的というにはまだまだほど遠いですが、義務化、強要するよりも褒めて褒めて褒めまくった方が気持ちよくできるみたいです」。このタイプは「私が掃除するよりきれいだね!」「パパのご飯の方が子どもがよく食べてる!」と10倍増しの褒め言葉で育てていきましょう。大きな長男を見守る慈愛の心で夫を愛します。

imasia_12753153_M

夫は家族という名の構成員。ともに稼げばそれでいい!
Cさんは産後に復職した当初、夫の協力を仰ぐためにいろいろな手段を試してみた一人です。一応話は聞いてくれ、手伝いをその場では約束してくれるけれど続かない、結局喧嘩になってしまう、ということが続いたそうです。そこでCさんが導き出した答えは「夫は家族の構成員。家庭という会社を運営するために稼いでくる人ではあるけれど、私の協力者ではないと割り切ることにしました。食洗器や電動掃除機、食材の宅配など、これまで以上に家事を合理的にみなおして、アウトソーシングできるものはする。最初から期待しない方が私にはストレスが少ないみたいです」。協力がない分、手を抜けるとことは抜く、という方針で無理をしすぎないことを心掛けているそうです。“同志愛”というのもワーママ流の愛し方のひとつかもしれませんね。

忙しいワーママの日常的タスクの中に「夫のケア」を加えるのは一仕事。でも、最初から夫のことも気にかけ、タイプを見極めた対処をすることが、円満な家庭を維持するコツといえそうです。

中村康子

中村康子

クリエイティブマムズリンク/ディレクター・ライター

≫このライターの記事を読む


, , , , ,