それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.05.16

女を売るのはいけませんか? 川崎中1少年殺害事件から改めて考える


シングルマザーの貧困率は57%?

少年たちは刑事処分相当として検察送致された

少年たちは刑事処分相当として検察送致された

川崎の中学1年生の上村遼太さんが殺害された事件で送致されていた3人の少年たちの少年審判が開かれ、いずれも検察官送致とする決定が5月12日にされました。

さて、この事件、残虐さもさることながら、上村遼太さんの保護者がシングルマザーで朝早くから夜遅くまで働きながら5人の子どもたちを育てていることでも注目を浴びました。

さらには、林真理子氏や江原啓之氏が被害者の母親を批判する記事が雑誌に掲載されたことなどでも、様々な議論を呼んでいます。

DV父親は一体なにをやっているんだ! 養育費は払わないのか!!! すべての元凶はソコだ! と憤りが湧いてきますが、そこは置いといて……。

さて、シングルマザーの貧困は、昨今さまざまなところで取り上げられており、「19歳以下の子どもがいる母子家庭では貧困率は57%」という数字を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

元シングルマザーだった私にとって川崎の事件は、まったく他人事ではありませんでした。

22歳のときに未婚で子どもを産んだ私は、一家の大黒柱だった時代が約7年間ありました。産後1カ月半から乳製品の訪問販売を始め、その後、手に職をつけるべく法律事務所で働き始めました。けれども、子どもと関わる時間をできるだけ多く持ちたい、でも収入が低いのは困る……というわけで、当時、そこそこ収入もよかったフリーライターになろうと思い、小さな出版社でアルバイトから再度キャリアをスタートさせました。

でもこれ、私が非常に若く、最初からシングルだったために取れた行動だと思います。

離婚後の生活づくりは大変!

想像を超える悲惨な経験をしているシングルマザーも多い

想像を超える悲惨な経験をしているシングルマザーも多い

一度、専業主婦になったお母さんが、DVや借金などの深刻なトラブルを抱えるなかで、再びキャリアを構築するための準備をしつつ、離婚も準備しつつ、子育てもしつつ、親兄弟に助けを求めてそこに気を使いつつ……なんてほぼ無理に近いのではないかと思います。つまり、実家と円満ですぐに助けを求めることができ、復職してすぐにまとまった金額を稼げる学歴や職歴があるような人じゃないとシングルマザーになれなくなってしまいます。

でも、私がフリーライターとして見てきた母子家庭は、そんなきれいごとではすまないものでした。

例えば、ある女性は、病気になったため家事、育児、仕事がままならくなってしまい、仕事を辞めて治療に専念したところ、夫に浮気され、ストレートに言えば「セックスもできない、金も稼がない妻はいらん」と離婚をつきつけられました。

はたまたある女性は、家族3人で暮らしていたら、突然アル中の夫の兄が転がり込んできた。ストレスが溜った夫は怒りやすくなり、子どもに手を出すようになり、さらには夫の兄からレイプされたので飛び出してきたというケースもありました。ちなみに、そのアル中のお兄さんは追い出しても追い出しても戻ってきてしまうそうでした。

この2例はかなり悲惨なケースですが、離婚にまで至る場合、やはり「それじゃあ我慢できないね」と共感できることが多かったです。ちなみに2人の女性は、いずれも高校中退で、育った家庭も複雑なため親は頼りにならず、風俗やAVで働いていました。

最初の例に挙げた女性の子どもは、医学部に入学したそうです。教育費が非常にかかるので、お母さんは、さらに風俗の出勤を増やして頑張っています。

何が正しい? シングルマザーの働き方

風俗は時間にもお金にも多少なり余裕ができる仕事

風俗は時間にもお金にも多少なり余裕ができる仕事

一体、何が言いたかったかというと、シングルマザーで子供に大学まで出してやりたいと願ったり(借金や奨学金に頼らず)、ある程度関わりを持つ時間を作ろうとすると、一部の恵まれた状況にあるお母さん以外は、「短時間高収入」の仕事を見つけるしかない……という考えにいたるのは、かなり“フツー”にあることだということです。

女を売る職業に就かず、長時間働き、それでも裕福ではなく子供に教育を諦めさせることもあるかもしれない。ただし、このお母さんは「朝から夜まで自分を犠牲にして働いている」と美談のモデルになるかもしれません。となると、やはり清く生きるのがいいのでしょうか?

容姿にそこそこ自信があって女を売りにする。周囲からは「女として最低な仕事をしている」「母親のくせに、女として生きている」と非難されるかもしれません。しかし、風俗はある程度の高収入を稼ぎ、子どもに教育を与え、関わる時間も多く持てる仕事です。子どもの将来を考えれば、風俗で働く事を選ぶのがいいのでしょうか?

上村君のお母さんは、子供に関われないこと、お金のこと、実家に頼れないこと……きっとものすごく様々に悩んだと思います。あがいたと思います。

上村君のお母さんの苦しみや葛藤や悩みを、当事者の立場に立って考えることで、何かが見えてきそうな気がします。少し世の中が変わりそうな気がします。

あなたがもしシングルマザーになったら……? ぜひ一度、考えてみてください。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , , ,