それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.06.18

【ワーママの葛藤】子どもを預けてまで働く? 病児保育の意義って


マンガ好きママの「読んでよかった〜」
「37.5℃の涙(1)〜(3)」椎名チカ著

71nSEgyilGL._SL1200_

訪問型の病児保育を知っていますか

大事な業務があるときに限って子どもの突然の発熱

大事な業務があるときに限って子どもの突然の発熱

4月から保育園デビューしたママ&子どもたちは、そろそろ新しい生活に慣れてきたころでしょうか。しかし、集団生活が始まるとどうしても避けて通れないのが、発熱や風邪。先輩ママたちから話には聞いていたけれど、はじめのうちはこんなにも呼び出しが続くものかと驚いたものです。みな口を揃えて「保育園デビューの洗礼を受けている…」と言いますよね。

復職したては周囲も気を使ってくれ、これまでは何とかなっていても、今後このようなことが続くようなら仕事どころではない! 旦那も仕事を休めないし、頼れる実家も近くない…。そんなときのために「病児保育」について調べているワーママも多いのではないでしょうか。

私自身も子どもを産んで仕事復帰するまで、病児保育という言葉すら知りませんでした。大きな小児科などに併設されていたりする「施設型病児保育」が一般的ですが、ここ数年で話題となったのが、保育士が家に来てくれる「訪問型病児保育」。このマンガは、この「訪問型病児保育」が舞台となっています。

預ける事情はそれぞれ、ママたちの葛藤

子どもが病気の時はできうることなら、そばにいてあげたい

子どもが病気の時はできることなら、そばにいてあげたいけど…

このマンガは数話読み切りで、たくさんのワーママとその子どもたちが登場します。「37.5℃」は、それ以上の熱が出たら保育園に預けられない、母親と子どもにとってのボーダーラインである数字。病児保育を利用する理由はそれぞれの家庭で異なりますが、「働く母親はみな戦っているのだ!」ということが分かる、涙涙のエピソードばかりです。

最初のエピソードは、「病気の子どもを置いて仕事に行くのは母親失格か?」。子どもの具合が悪いのに仕事をしなくてはならない…本当はそばにいてあげたいのに今日はどうしても休めない…。そんなことを感じたことのあるママたちは、このテーマにドキッとするのではないでしょうか。

また、三話目のエピソードでは、復職したてのママが我が子の始めての発熱に動転し、「働くことが楽しいと感じてしまった。子どもをほったらかしにして仕事しているのに…」と罪悪感に苛まれているシーンが。ワーママなら誰しも一度はぶつかったことのある葛藤です。

私の場合は在宅で仕事をしているので、子どもの具合が悪いときに看病ができない環境ではありませんし、そんなときにわざわざ人に見てもらわなくても…と、ハナから病児保育をアテにしていませんでした。でも、2巻のエピソード「そばにいるのにどうして抱きしめてくれないの?」にある通り、〆切前などで手が離せないときは、家に保育士を読んで別室で相手をしてもらうという手もあるんだ~と感心しました。

病児保育の現場を通して、たくさんのワーママたちの事情や、それぞれの想いが綴られています。

連載が再開! 夏からはドラマ化も決定

子どもへの新しい接し方が見つかるかも

子どもへの新しい接し方が見つかるかも

訪問型病児保育の実情を垣間みれるのも面白い点。「熱性けいれん」の対処法をはじめ、病気のときの子どもの扱い方がよく分かるマンガです。さらに、病児保育士である主人公・桃子の子どもたちへの接し方は、保育園や幼稚園に子どもを預けているママたちには参考になることも多いのではと思います。

また、桃子をとりまく恋愛事情は、少女マンガ然としていてキュンとすること多し。イケメン上司のふたりや、シングルファザーのお客さんとの関係も気になるところ…。

このマンガは2014年の連載開始後に一度最終回をむかえたものの、じわじわと話題を集め、今年5月から連載が復活! コミックスの新刊(4巻)は、6月26日ころに発売予定とか。そしてなんと、この夏からはドラマ化も決定したそうです。

それだけワーママと病児保育に注目が集まっているということなのでしょうか。仕事に奮闘するワーママたちをサポートする病児保育が、もっともっと普及することを願っています!

 

〈おすすめしてくれたワーママ〉
10ヶ月男児を抱えるママライター。まだ大きな風邪をひいたことはないけれど、その日に備えて近場の病児保育室に会員登録をしたところ。最近つかまり立ちを覚えてテーブルの上の物に手を出すので、家でのパソコン仕事が困難に。ベビーシッターにも興味あり!

「37.5℃の涙(1)〜(3)」

椎名チカ著

小学館

2014年11月発行

定価:本体価格 463円

ISBN9784091364890

【記事まとめ】ワーママBook Shelf

浦和ツナ子

, , , ,