それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.06.18

勤務形態別・子どもとのかかわり実態調査② 〜フリーランス編〜


前回から始まりました勤務形態別実態調査。
今回はフリーランスで働くママの、子どもとのかかわりについて取材してきました。

フリーランスって自分で仕事を決めれるだけあって、子どもとのかかわりも多く持てる?
会社に属さないでやっていくにはやっぱり大変?

ママと仕事をうまく両立させるには、とてもいい勤務形態ではあると思いますが、実際のところは…?

フリーランス代表① K・Oさん(36歳)の場合

体をつかう仕事

勤務時間が比較的短いので子どもとかかわる時間は少し多め

職業/ピラティスインストラクター(復職歴2年) 週4・5回 午前中にレッスンが1時間~3時間、午後に事務処理1時間ほど
お子さん/8歳、6歳(小学生)3歳(幼稚園)の男の子3人

Q1.お子さんとの接する時間はどのくらいありますか?その間何をしていますか?(ながらを含める)
平日・午前/6時45~8時
主に朝食、朝の準備、幼稚園への送迎です。朝ごはんの時は、ゆっくり話しを聞く時間にしています。その日の学校での緊張や不安に思うことなどを聞き、なごませたり励ましたりしています。

平日・午後/14時~19時30分(三男)
幼稚園のお迎え後に公園へ連れて行って遊ばせます
平日・午後/17時~20時30分(長男・次男)
遊びやサッカースクールの後帰ってくるので、小学生とのかかわりは短いです。帰ってきてからは宿題、ご飯、お風呂、就寝まででバタバタ。でもサッカーがあった日は筋肉を緩めてあげたいので、ストレッチや足裏をほぐしてあげます。仕事柄、身体や筋肉のことは理解しているので、子育てでも活かせるのが嬉しいです。これも大事なスキンシップです。
休日/7時~20時30分
午前中は宿題や勉強時間。午後はサッカーの試合を応援しに行きます。子どもたちの日ごろのがんばりが見られるので嬉しいし、試合を見ると自分的にも「もっと子どもたちを応援してあげよう!」と育児にも前向きになれます。

つい子どもよりも自分の意見を先に言ってしまう…

スキンシップ

スキンシップは大事な愛情表現のひとつ

Q2.子どもと接する時の自分なりのルールは?
「なぜそうしたのか」「なぜそう思ったのか」本人たちによく質問をするようにしています。本当はどう思っているかを聞き出したいし、どんなことでもなるべく認めてあげたいと思うので。
子どもたちの顔を見たら、背中をさすったり、頭をポンポンしたり…なるべくボディータッチをするようにしています。あとは携帯をできるだけ見ない

Q3.自分の中で理想の接し方、現実の接し方はどんな様子ですか?
理想/子供の意見を、まずは受け入れること。
宿題や準備・サッカーの練習態度・友達とのかかわり方など、母として自分の意見を頭ごなしに言わず、本人の意思を尊重して行動するのを待ちたいです。

現実/子供の意見をまずは受け入れるが、どうしても自分の意見を言ってしまいます…。最近でもサッカーの仲間内でケンカをした時や、からかわれた時など「そんなの気にしない!気にしない!」と気持ちを切りかえさせようとしましたが、本人的にはどうにも無理だったようで、落ち込んでしまいました。先に本人の思いを聞いてやればよかったかな、と。

Q4.子どもとの関わりで悩みやジレンマは?
「睡眠が大切」と聞いて、20時半までには必ず寝かせたいけど宿題や習い事があって、どうしてもせかしてしまうのが今の悩みです。小学生にもなればほんと忙しくて、これから塾とかになってきたらどうなるんでしょう…。
あと、男三兄弟っていうのは正直わからないことだらけです。つまらないことで兄弟げんかをする意味が分からない。整理整頓をすれば忘れ物や探し物がなくなるのに、なぜそれができないかがわからない。なぜいつも走り回っているのかがわからない。
いろんな育児書を読んだりして勉強はしているつもりなんですけど、こればっかりはわからない

育児をしながら「育自」ができるように

子育てをすることで、親としても成長をしていく

子育てをすることで、親としても成長をしていく

Q5.仕事しながら育児をしていて良かった!と思う時、また逆に困ったな…と思う時はどんな時?

良かったこと/仕事をさせてもらってることで、何事にも感謝できるようになりました。人の気持ちもわかるようになって、仕事の質も高まったと思います。生徒さんとの出会いが増え、人間関係が広がったおかげで自分の視野も広がりましたした。また、育児をしていて『育自』ができている気がします。
あとは自分のお小遣いができたってこと!

困ったこと/遠方でのレッスンがある朝はとにかく慌ただしい。そういう時に限ってぐずられたり、終始「早くして!」とイライラしてしまいます。
あと親が身近にいないので、急な発熱や予定が入った時に、預け先に困ります。いざって時はご近所さんが助けてくれたりはしますが、日常の体調管理が大事なのでとにかく早く寝かせます!

時間は子どもに合わせられるけど収入は不安定

仕事がかならずあるとは限らないのがフリーランス

仕事がかならずあるとは限らないのがフリーランス

 

Q6.フリーランスで良かった点は?悪かった点は?
良かった点/気兼ねなしに子どもの行事につきあえる自由さがいいです。たとえ公園遊びであっても、一緒にできるだけ付き合ってあげたい。幼いうちだけですからね!そう思えばレッスンを入れなければいいだけなので!

困った点/(個人で教えているので)もっと仕事としてきっちりやりたいけど、なかなか自分が上手く立ち廻れないんです。宣伝とかもやっぱり大きくは打てないし、教室を広めていくにはコツコツと地道にやっていくしかない。もちろん収入も安定しませんしね。

Q7.将来の目標について。
子どものこと/困難を乗り越える強さと、人に対する感謝の気持ちを持てる人に育ってほしい。自分が納得のいく仕事をして、自分の温かい家庭を築いてくれれば幸せかな。

自分のこと/今は教室を続けて、今後はプライベートレッスン中心でひとり一人の身体をしっかり見てあげたいと思っています。
子供たちがそれぞれ温かい家庭を持ち、自分たち夫婦は好きな事をしてのんびり過ごせればいいかな。

 

 

3人の子どもたちがそれぞれ幼稚園や小学校に行っている間に、ピラティスのレッスンを行っているOさん。しかも三男を出産後、赤ちゃん連れでインストラクターのスクールに通いはじめ、資格を取り開業したそう。その行動力に驚きです!

朝のバタバタは他のワーママと同じですが、やはり学校行事や遊び、習いごとに付き合えることへの自由度は大きいですね。しかし一方で、子どもと関わる時間が長くいろいろな面が見えている分、自分の意見をつい言い過ぎてしまったり、先回りしてしまったり…。母の悩みは本当に尽きませんね。

ちなみにお酒が好きだという彼女。前の日のワインを解消するために朝5時半に起きて毎日走っているそう!そういう一人でリフレッシュする時間を確保しているのも見習いたいものです。身体も3人産んだとは思えないくらい引き締まっているし、そのバイタリティに本当に脱帽です!すばらしい!

飯田りえ

, , , , ,