それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.06.20

忙しい!時間がない!は家電で解決 ワーママにオススメの便利家電ベスト5


子育て、仕事、家事と忙しい日々を送るワーキングママにとって、時短は永遠のテーマ。少しでも手間を省き、時間を短縮することはとても重要なことなんです。そんなママを助けてくれるのが便利な家電。日々進化しつづける便利家電は、ワーママにとって欠かせないアイテムです。ワーママにオススメしたい便利家電をご紹介します。

布団なんて干せない!ワーママだからこそ欲しい布団乾燥機

 

pic_thum01

画像出典/三菱電機

洗濯物はなんとか部屋干しできるとして、忙しいワーママに難しいのが布団を干すこと。天気が良くても、夕方まで布団を出しておけば湿ってしまいますし、休日も忙しかったり天気が悪かったりと、なかなかタイミングが合いません。

そんな時便利なのが布団乾燥機です。ふわっと乾燥した布団は気持ちが良くて、安眠には欠かせません。最近では布団クリーナーが人気ですが、湿気を取り除いて気持ちよい布団にするという目的では、やはり布団乾燥機が上。

また、アレルギーなどの原因となるダニは50度以上の高温に20分以上さらさなければ死滅しませんが、これが出来るのは布団乾燥機だけ。天日干しでもこの温度には達しません。

さらに日に当たらない下の面にダニは移動するため、天日干しではダニをやっつけられないとの研究結果が出ています。天気のいい夏は必要ないと思われがちですが、気温25度、湿度60パーセント程度の高温多湿の時期はダニの発生しやすい時期でもあり、夏こそ布団乾燥機でダニ対策が必要です。

最近ではラックハンガーに乾燥マットをかぶせて、洗濯物を一気に乾燥させることができる製品もあり、意外と使えるアイテムでもあります。

少量から使える小さめ食洗機でちょこちょこ洗い

detail01_figure3

画像出典/パナソニック

毎日の食事の際、面倒なのが洗い物。ついついためてしまっていませんか?衛生微生物研究センターによると、食後の食器を洗いおけにつけおきした場合、その後洗っても細菌がかなりの数お皿に残っていることがわかったのだそう。

10時間つけおき後の洗いおけは細菌は10時間前の約7万倍もおり、その数は台所やお風呂の排水溝と同じレベル!そこに浸かっていた食器を手洗いしても最大140万個の菌が残留しているという驚きの結果に!これではきちんと洗ったつもりでも細菌が残っていて、食中毒などの原因となってしまいます。

それに対し、食器洗い乾燥機で洗った場合、菌は検出レベル以下となり、食中毒などの心配はゼロに近くなるのだそう。

家族の健康を守るには、使った食器はすぐに手洗いが欠かせませんが、それが無理なら食洗機が欠かせないということなのです。最近ではビルトインタイプの食洗機がついたシステムキッチンも多いですが、容量が多いと少量ではまわすのがもったいなく感じて、使わないで済ませてしまうことも。そんな時、意外と便利なのが小さめの食洗機。

ちょこちょこ出る洗い物にも気にせず使えるので、手で洗うより便利に使えます。スリムなものは狭い台所でも置けるので、検討の価値ありですね。

洗濯機は乾燥機能の高さで選ぶのがワーママ流

0926

画像出典/日立 ニュースリリース

毎日どうしても出る洗濯物。子どもがいれば洗濯物の量は倍増します。そんな洗濯の手間を少しでも減らしたいなら、チェックしたいのが乾燥機能の高さ。

洗濯物を入れてセットするだけで、ふわふわに乾いた状態に仕上げてくれる洗濯機をセレクトすることで、面倒な洗濯物干しの作業から開放されます。

けれど、乾燥機能を使うと、悩みになるのがシワ。乾いてはいるけどシャツもハンカチもシワシワで、アイロンが必須。これでは干したほうがマシなのじゃ、と思うことも。そんなママの悩みを解決してくれるのが、シワになりにくい乾燥機能。風のチカラでシワを延ばしてくれるから、アイロンの手間がぐっと省けるんです。

これで洗濯機に入れた洗濯物が、出してすぐ着れる状態に。家電の進化こそが忙しいママの救世主になるのです。

ロボットクリーナーを使いこなすには、インテリア選びが一番大切!

忙しいワーママを助けてくれるットクリーナー。タイマーをセットしておけば、毎日おうちをキレイにしてくれる可愛くて頼れる相手です。しかし、ロボットクリーナーを使いこなすには、インテリアの選び方がとっても大切。

ロボットクリーナーの先駆けであるルンバとの相性がいいインテリアを「ルンバフル」と呼ぶほど、インテリア選びで掃除効率が格段にアップするのです。ポイントは脚の高さと隙間の広さ。ルンバ本体の高さは92ミリ、直径は35センチ。

これ以上の高さや隙間の広さがある家具を選ぶと、隙間までキレイに掃除してくれます。ルンバ以外のロボットクリーナーをお持ちの方は、それぞれの大きさをチェックしてインテリアを変えてみてください。

ちなみにルンバは床に散らかしたモノまでは片付けてはくれないので、子どものおもちゃやパパが脱ぎ散らかした靴下を片付ける手間は必要。

ルンバにお掃除してもらうために、床のものをいったんテーブルにごちゃっと置いてそのまま・・・という状態の方も・・・。ルンバフルな家にするには、家族全員が出したものを片付けるクセをつける必要があるのかも・・・。

r885

画像出典/アイロボット

そして、なんとBRAVAと同じ名前のお掃除(床拭き)ロボット「ブラーバ」を発見! こちらは雑巾掛けが可能です。埃を抑えるには、掃除機だけでなく水拭きもしたいところですよね。BRAVAママに是非使って欲しい1品です(笑)。

380j

画像出典/アイロボット

除湿機があれば梅雨も夜干しも怖くない

F-YHKX120

画像出典/パナソニック

洗濯物は夜、室内干しすることが多いワーママたち。けれど湿気が気になるし、乾きも悪い・・・

そんな時便利なのが除湿機です。(詳しくは「梅雨でも夜干しでも安心!室内干しOKの洗濯技!」を読んでください)除湿機にはコンプレッサー方式とデシカント方式の2種類があります。

様々な特徴の違いがありますが、省エネだけど重く、冬には効率が落ちるのがコンプレッサー方式電気代はかかるけれど軽くて小さく、冬でも効果を発揮するのがデシカント方式です。夏に使うならコンプレッサー方式、冬使うならデシカント方式がオススメですが、2台購入するのは大変。

そんな方にイチオシなのがハイブリット方式。コンプレッサーとデシカント両方の機能を兼ね備えているので一台で一年中OK。洗濯物を乾かすだけでなく、冬の結露対策にも使えますよ。

 

忙しいワーママの毎日を少しでも手間なく、快適に過ごすには家電は必要不可欠。ワーママだからこそ、時間や手間はお金でも買いやすいですよね。便利な家電があれば忙しい毎日も乗り切れる?!

三菱電機 パナソニック 日立 ニュースリリース ロボット掃除機アイロボット
http://store.irobot-jp.com/category/800SERIES/885.html

床拭きロボット「ブラーバ」

http://www.irobot-jp.com/braava/
松浦恭子

松浦 恭子

岐阜県の片隅で活動する主婦兼ライターです。


, ,