それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.02

【番外編】勤務形態別・子どもとのかかわり実態調査⑨ ダブルワーク編


 

今回で最終回となる実態調査ですが、ラストは番外編としまして、なんとお仕事を〝掛け持ち″していらっしゃる〝Wワークママ″にお話しを伺いました。

Wワークってなかなか聞き慣れないと思いますが、旦那様の経営しているお店のお手伝いと区役所の非常勤職員をハーフ&ハーフでされています。

子どもとのかかわりはもちろんなのですが、Wワークという自分にあった働き方を選んだ事にも重きをおいて話を聞いてきました。

 

ダブルワーク代表① A・Iさん(33歳)の場合

ああああ

自営の飲食店と事務職のダブルワーク

 

職業/飲食店自営(夫の補佐)と区役所の非常勤職員(事務)復職歴3年

非常勤は月16日勤務9~17時。

空いた時間でお店の雑用。裏方作業。

お子さん/長男4歳と長女2歳(区立保育園と私立保育園の別園)

 

Q1.Wワークということですが、具体的に教えてください。

ひとつは主人が飲食店を経営しているのでその手伝いをしています。お店で接客するというよりは、急ぎの時や必要な時に出勤しています。具体的には銀行に行ったり備品を買いに行ったり、主に雑用全般です。

もうひとつは区役所の非常勤職員で事務です。

家業をしながら働ける勤務形態を選択

あああ

副業ができる勤務先を選択

Q2.どうしてWワークを選ばれたのですか?

率直に言うと外で得たお給料をお家に入れたかったからです。

ずっとお店に立っているわけではないので、外でも働けるかな、と。実際に仕事先を考えてみると、フルタイムの正社員だとお店を手伝うのは難しいし、副業NGなどいろいろと縛りが出てくるので。

近場である程度お休みがとれ、17時で終われる、という条件の仕事を探していたら、今の職場に出合いました。

 

 Q3.最初からWワークと決めていたのですか?

いいえ、最初は店の手伝いだけでした。赤ちゃんを抱っこしてでも手伝いはできるのですが、外で働くとなると保育園を探さなくてはなりません。でもなかなか認可保育園に入れず。今でも兄弟別の保育園に通っているぐらいです。上の子が2歳児クラスに9月から途中入園し、その後4月に下の子が決まったのでそれから探し始めました。

Q4.Wワークで良かった点、困っている点は?

良かった点/Wワークというか外に働きに出ることによって、子どもも私も規則正しい生活を送れることです。私にとってはある程度自由がきくようになった点が良かったです。非常勤のシフト以外の日は自分のペースで動けるので。

困っている点/朝と帰宅後、とにかく時間に追われること。あとはがっつり稼げないこと(苦笑)

子どもとしっかり向き合う時間、平日は短め

あああああ

平日の帰宅後はバタバタなのでじっくり子どもと関わることはできない

 

Q5.お子さんとの接する時間はどのくらいありますか?その間何をしていますか?(ながらを含める)

平日・午前/7時~8時

朝ごはんを食べさせ、朝の支度をさせます。保育園への送迎も私が担当しているので、それぞれの園に送ってから出勤しています。

平日・午後/18時~22時

お風呂に入れて、ご飯の準備→夕飯を食べさせ、少し自由に遊ばせます。寝る前に絵本を読んでから寝かしつけます

子どもとだけ向き合う時間:平均1時間

休日/7 時~22 時

ゆっくり(ダラダラ?)と朝を過ごし、朝食・洗濯など家事を済ませてから、公園へ行きます

身体を動かして発散させたら昼食を食べさせ、お昼寝。夕方からは、パパがいればパパに遊びの相手をしてもらいます。そして夕飯は「外食にしない?外食だよね?」とおねだりをして外食をすることも。

 

理想は笑顔のママ、現実は眉間にシワが8割

ああああ

いつも笑顔のママでいれたらいいですね

 

Q6.子どもと接する時自分なりのルールは?

まずは〝見守る″ようにしています。そしてできるだけ意見主張を聞くように。子どもたちの行動には必ず理由があると思うので。でも、危険が及んだ時だけは、それが頭ごなしになろうと怒鳴ってでも注意喚起します。

 

Q7.自分の中で理想の接し方、現実の接し方はどんな様子ですか?

理想/いつもお母さんがニコニコしていること。なんでも笑顔で見守ってあげられたら最高ですね。

現実/眉間にしわが寄っている、が8割。例えば家事をしていてもすぐに「ママ来てー!」と呼ばれてしまう。

今までやっていたことを中断させられたり、思うように自分のペースで事が運ばない事がほとんどですから、どうしてもイライラしてしまいます。でもご飯を沢山パクパク食べてくれているのを見ている時と、寝顔を見ている時は笑顔に戻れます。

 Q8.子どもとの関わりで悩みやジレンマは?

私にもっと体力があればなぁ…と思います。体力があればご飯作るのも、洗濯するのも畳むのも、片付けるのも、なんでも家事全体が素早く出来るし、子どもたちの「ねーえ」「見ーて!」の要求にも「はいはい…」じゃなくて「なぁに?」と笑顔で応えられるからです。

体力がないからすぐに疲れちゃうし、笑顔も消えてしまうんじゃないかと。

 自分だけで動ける時間が嬉しい

 

事務職の勤務、家業とは違う自分でいられる場所も心地よいのかもしれません

事務職での勤務、家とは違う自分でいられる場所が心地よいのかもしれません

Q9.仕事しながら育児をしていて良かった!と思う時、また逆に困ったな…と思う時はどんな時?

良かったこと/例え仕事だとしても、子どもと離れて自分だけで動ける時間があることは嬉しい。目の前の仕事のペース配分などを考えた通りに、誰にも邪魔されず動けるから。

 

困ったこと/子どもが体調を崩してそばにいてあげたいのに、いてあげられない時。非常勤のお仕事で今の時期繁忙期なんですが、やはり休みづらい。でも先日娘が熱を出して休まざるを得ませんでしたが…。

Q10.将来の目標について。

子どものこと/とにかく自立させる。自分で意思決定して、実行に移せるようなたくましい大人になってほしいです。

自分のこと/下の子が小学校に行くまではしばらくこのままWワークを続けます。外で働きながらも一緒にいてあげられる時間を作ってあげたいので。あとはいつまでも健康でいること。そのためにやはり基礎体力を付ける。ランニングでも始めようかな。

 

 

家業を手伝っていらっしゃるママも多いと思いますが、プラス外でのお仕事も掛け持ち、という働き方を選んだIさん。

家業を手伝うって働いていることには変わりないのに、直接的な収入にはならない。また仕事をしていても子どもと一緒だから、ペースも乱され自分の思うように働けない

もちろん自分だけの時間、なんてありません。

そんな意味でも「家業もしながら外で働く」ということを選ばれたんではないでしょうか。

またWワークと聞くと「忙しそう…」という印象を受けましたが、半分が家業ならお子さんとのかかわりもバランス良く保ているようですね。

自分の希望や条件にあった勤務形態を上手に選びつつ、自営のお手伝いもして、もちろん育児も家事もこなして…。忙しいながらもメンタル的には充足していらっしゃる様子でした。

あとは本当に「体力勝負」。ママが無理をして体調を壊していたら、すべてが回らなくなってしまいます。

リフレッシュの意味も兼ねてぜひランニング、始めてください!

 

 

いかがでしたか?勤務形態別・子どもとのかかわり実態調査。

勤務形態が違って、お子さんに関われる時間も違うものの、お子さんに対する気持ちや、イライラの元などは皆さん共通している部分がありましたね。

またそれぞれにジレンマも抱えてらっしゃいました。そのジレンマとうまく付き合っていくことが、どんな形態であっても働き続ける上では大事なことなのではないかと思いました。

 

この特集は今回で終了!時間もなく超多忙な中、快く取材にご協力してくださった9名のワーママの皆さまに熱く御礼申し上げます。

みなさんのお話で、こちらも元気をいただきました!!! さぁ、今日も原稿書くぞ〜。

 

 

飯田りえ

, , , , ,