それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.10

子どもが小さいうちに、親子リンクコーデを楽しもう!!


保育園の着替えは汚れるから何でもいいや〜と思っていても、休日の子ども服は多少なりともおしゃれさせてあげたい! 子ども自身の好みがまだ定まっていない幼少期は、親のエゴ(!?)で好きなコーデを着せられる貴重な時期でもあります。

そんな時期にぜひ楽しんでほしいのが、親子リンクコーデまんま同じではなく、柄や色などで“おそろい”を楽しめるリンクコーデは、「ペアルックより気楽!」と今ワーママの間でじわじわ人気上昇中。

そんなリンクコーデの上手な取り入れ方を、親子コーディネートアドバイザーの海老原なおみさんに教えてもらいました!

男の子ママも楽しめるのがリンクコーデの強み!

定番のボーダーをリンクしたコーデ

定番のボーダーをリンクしたコーデ

「親子ファッションは母娘がメイン」と思い込んでいませんか? 実際、男の子を持つワーママからも「娘だったらおそろいワンピが着られるのに!」「ボーイズは可愛い服があまり見つからない」という声が多数上がっています。

でも海老原さんによると、全部同じにしないリンクコーデだからこそ、男の子でも楽しめるとのこと。

「小物のバリエーションが少ないボーイズですが、ユニセックスなアイテムでリンクコーデを作ることができます。誰でも1枚は持っているデニムパンツや、定番のボーダーなどがその代表格。小物でリンクさせるなら、キャップや靴下、ベルトをママの小物の色柄と合わせるのがおすすめです。全く同じブランドでなくても大丈夫! なんとなく同じ、くらいが逆にオシャレに見えるんですよ」

定番のデニムやボーダーでリンクさせるのは、兄弟がいる家庭にもおすすめだそう。

「同じものを人数分そろえるのはお金がかかりますが、定番ものならわざわざ買い直さなくてもOK! もし手持ちになくてもファストファッションを賢く使えば安くそろえられますよ」

 

初心者はカラー・柄をそろえることからスタート

チェック柄リンク。オシャレですね!

チェック柄リンク。オシャレですね!

ペアルックより気楽かつ手軽にチャレンジできるリンクコーデですが、「やっぱり恥ずかしい」「頑張ってる感が出てイヤ」という声があるのも事実。そんなママはまず色リンクから始めてみては?

カラーリンクコーデ

カラーリンクコーデ。さりげなくリンクしている感じがいいですね!

「トップスの色を親子で合わせるだけでも、さりげないリンクコーデができますよ。例えばママは白黒ボーダーにピンクのカーデ、子どもはピンクのボーダートップス。全く同じコーデではないけれど、色を合わせることで統一感が出ておしゃれなリンクコーデになります。
少し慣れてきたら、チェック柄リンクで色違いにしてみたり、同じ柄を使ったワークジャケットとシャツを選んでみたり。ディテールでリンクさせるのもおすすめです。この夏のイチオシは、ちょっとエスニックなフリンジデザイン。ママはフリンジワンピースで、子どもはフリンジTシャツで。また男の子ならダメージやウォッシュ加工でリンクさせたり、女の子ならビーズやレース使いをリンクさせるとよりレベルアップ!」

夏にオススメ! フリンジコーデ

夏にオススメ! フリンジコーデ

ジャケットを同じにすると、ぐっとお揃い感がでますね

ジャケットを同じにすると、ぐっとお揃い感がでますね

色、柄、ディテール、素材……。海老原さんによれば、何かひとつでもそろっていればそれは立派なリンクコーデ。

そう考えると結構簡単にトライできそうな気がしますよね。みなさんも一度クローゼットを見直してみると、リンクコーデできる服がたくさん眠っているかも? この夏のお出かけには、リンクコーデをぜひ取り入れてみてください!

 

【取材協力】

※ 海老原なおみ(えびはらなおみ)・・・親子コーディネートアドバイザー。アパレルメーカー営業、プレスを経て結婚・出産。ほどなくして親子服を扱うウェブショップ「Pal”s」運営をスタート。毎日着るものを親子でワクワクして選べるようなラインナップで展開している。8月には神戸を中心とした起業ママ団体のイベント「Lumienne」にも出店予定。ウェブショップ「Pal”s」の公式ホームページはこちら。イベント「Lumienne」の公式ホームページはこちら

 

佐藤望美

佐藤望美

エディター/ライター

≫このライターの記事を読む


, , ,