それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.15

自分のために読んでおきたい! 疲れた心に効く処方箋


子どもだけでなく大人の読みたい絵本はたくさんある

子どもだけでなく大人も読みたい絵本がたくさんある

絵本は子どものためだけのものでなく、大人も穏やかな気持ちにさせたり、下降気味な心を励ましてくれることがあります。ワ―ママの葛藤や、仕事をする喜び、意味を問いかけたり、疲れた心を優しく包み込んでくれるような絵本5冊をご紹介します。

ワ―ママから家族へのユニークな逆襲

おんぶはこりごり

読むとワ―ママの気持ちがスカッとしそうです。

家事を妻や母に任せて当たり前と思っている男性陣に喝を入れる絵本『おんぶはこりごり』(作・絵: アンソニー・ブラウン、訳: 藤本 朝巳、出版社: 平凡社)。疲れ切ったワ―ママが家出をし、残された夫と2人の息子は顔がぶたになるという衝撃的な展開

でも、ちゃんとハッピーエンドが待ち受けています。

我慢して不満を貯め込むより、きちんと言葉で伝えてみたら、意外と相手は変わろうと努力するかもしれません。

 

働く意味、喜びを生き生きと伝える

ペレのあたらしいふく

働くことの意味や喜びを、登場人物や動物たちの生き生きとした様子を通して伝える絵本をご紹介します。

1匹のこひつじを世話しながら大きくなった男の子・ペレ。

背が伸びて上着が小さくなってしまったペレが、新しい上着を手にするまでのストーリー『ペレのあたらしいふく』(作・絵: エルサ・ベスコフ、訳: 小野寺 百合子、出版社: 福音館書店)。

働くことの本来の意味、喜び、ペレの周りの人への感謝の気持ちなどが自然に伝わってきて、とても清々しい気持ちになれます。

 

 

からすのパンやさん

 

4羽の赤ちゃんが誕生し、てんやわんやのからすのパンやさんが、やがて家族みんなで協力してお店の勢いを盛り返していく『からすのパンやさん』(作: かこ さとし、出版社: 偕成社)。

自営業、自宅での仕事も多いフリーランスの働き方は、本当に子育てと仕事を同時並行で行うような場面も多いでしょう。

そんな方々は特に、お客さんが減ってしまった状態から、大きくなった子どもたちも懸命にお手伝いをして盛り返していく展開には、グッとくるのではないでしょうか。

このお話には、作者の、懸命に生きる個々の存在を尊重したいという願い、平和への願いが込められています。

あとがきを読んでからもう1度ゆっくりページをめくってみると、その願いが随所に込められていることに気づきます。

 

大丈夫、いつも見守っているよ!

ホームラン

 

野球好きでなくても、目標や夢を持って試行錯誤している人の心にきっと届く絵本『ホームランを打ったことのない君に』(作: 長谷川 集平、出版社: 理論社)。

日々悩みはつきものだし、悩んでもいい。でも悩み続ける中でも少しずつ前に進んでいけたら……。そんなメッセージが伝わってくるようです。人生の中のヒットやホームランの形って、人それぞれ。「いい仕事」についても考えさせられそうです。

 

 

だんろのまえで

 

そして気づかぬうちに頑張りすぎてしまって心も体も疲れている自分に気づいたら『だんろのまえで』(作・絵: 鈴木 まもる、出版社: 教育画劇)をおすすめしたいです。

元気を失ってしまった男の子が降りしきる雪の中たどりついた先で、だんろの火とそこに集う動物たちが、穏やかな暖かさで男の子を包み込みます。「どこででも だいじょうぶ」「どんな ときでも だいじょうぶ」。登場するうさぎの言葉が、心に穏やかに響きますように

いかがでしたか。「子どものため」だけでなく自分のための絵本探しも楽しいものです。ママの心の癒しに、リフレッシュに、絵本を活用してみてくださいね。

「おんぶはこりごり」

アンソニーブラウン著

平凡社

20o5年3月刊行

1,620円(税込)

ISBN 978-4582832563

「ペレのあたらしいふく」

エルサ・ベスコフ著

福音館書店

1976年2月刊行

1,296円(税込)

ISBN 978-4834004625

「からすのパンやさん」

加古里子著

偕成社

1973年9月刊行

1,080円(税込)

ISBN 978-4032060706

「ホームランを打ったことのない君に」

長谷川集平著

理論社

2006年1月刊行

1,296円(税込)

ISBN 978-4652040485

「だんろのまえで」

鈴木まもる著

教育画劇

2008年10月刊行

1,296円(税込)

ISBN 978-4774611082 

 
千葉美奈子

, , , ,