それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.24

乗り越えろ!小1の壁~学校編~


「小一の壁」。それはほとんどのワーママが経験する壁。でも、その壁ってなに?
前回の「学童編」に続き、後半の今回は「学校編」。保育園とは全然違う環境、ワーママたちはどうやってこの壁を乗り越えたのでしょう。

行事がほとんど平日…(泣)

子どものためにも行事には参加したいけど、平日は仕事を休むのが難しい

子どものためにも行事には参加したいけど、平日は仕事を休むのが難しい

〔Wさん、金融業、38歳、子ども12歳、9歳〕

保育園のときは働いていることが前提だったので、保護者会も面談も土曜日にやってくれていました(平日にやる保育園もある中、本当にありがたかったです)。しかし、小学校はもちろんそんなわけにいきません。保護者会も面談ももちろん平日。ときには学校公開(=昔で言う授業参観)も平日。

保護者会は学期に2回ずつ、面談は年に1回、学校公開は学期に1回ずつ=トータルで10日は休まねばならない! 有休には当然ながら上限があるし、ある程度不意の子どもの病気のときや旅行のために取っておきたい…有休が取りにくい職場にいる私にとって、「行事がほとんど平日」これが最大の壁でした。

さあどうする!

保護者会は基本出欠自由なので、クラス内のワーママと話し合い、順番で保護者会に出ることに。出られない保護者会に関しては、ワーママネットワーク(笑)を作って、出た人に情報を流してもらいました。私は保護者会は年2回、学校公開も1年に1回だけ行くことにし、面談含めトータル年に4日休むだけですみました(それでも私には多かったですが)。クラス内のワーママネットワークに助けられ、気づいたら「壁」がなくなっていましたね。

はなから「忙しくてこんなの行けない!」と思わず、同じクラスのワーママと上手に連携を取って情報を共有しながら、スマートに乗り切っていけるといいですよね。

勉強に付き合わねばならない!

宿題を見てあげる時間も必要に

宿題を見てあげる時間も必要に

〔Tさん、事務職、40歳、子ども9歳〕

保育園は帰ったらとりあえず遊ばせておくかテレビを見せておけば良かったけど、小学校はもれなく毎日「宿題」が付いてきます。「学童でやってきなさい」と言っていたのですが、どうしてもお友だちと遊んでしまい、宿題どころではないそうです。

しかも、国語教科書の音読の宿題もあって、親がきちんと聞いてチェックシートに記入しなければならない。帰宅後なかなか自分から進んでやるくせも付かずグズグズするし、分からないところをちょこちょこ聞いてくるので、家事が進まない進まない。保育園時代はなかったそのストレスとイライラが私の「壁」でしたね。

さあどうする!

悩んだ末、欲しがっていた3DSを購入(誕生日でも何でもないのに)、「DSをやりたかったら、学童から帰ってすぐ宿題をしろ」という強硬手段に出ました(笑)音読もTV「おはスタ」を見たいがために、朝起きてすぐ読むようになりました(私は朝ご飯を作りながら聞きます)。
モノで釣るのはどうかと思いましたが、これで進んで宿題をするクセもつき、私のイライラも減ったので良しとしています。

最初はご褒美をちらつかせ、それがいつのまにか習慣になっている。そういう手もありますよね。抵抗があるママもいるかもしれませんが、ストレスMAXになって親子で煮詰まってしまうよりはずっといいかも。

どうする、PTAとの付き合い方?!

あああ

PTAも上手にこなしていけなければならない

〔Oさん、営業、42歳、子ども12歳、6歳〕

小学校に上がる前に、先輩ママからさんざん聞かされていたPTA事情。なってしまうと学校に週2回は行かねばならないだの、事務仕事量がハンパないなど、色々聞きすぎてすっかり耳年増に。

幸い我が子の小学校は「できる人でやりましょう」という雰囲気だったのですが、それが逆に「申し訳ない」というプレッシャーになりましたね(笑)そう、「PTAへの参加」、それが私の最大の壁でした。

さあどうする!

1年で同じクラスになった、保育園が同じだった1人のワーママと示し合わせ、2人で「学代」という役職につきました。学校によっても違いますが、「学代」の主な仕事はPTAで決まったことを必要に応じてクラスの保護者に伝えること。1ヶ月に1回、平日に定例会議がありましたが、2人で交代で出てもいいし、2人とも出られないときは「委任状」を出せば欠席OK。
クラスに配布する書類はデータとひな形があったので、家や職場(!)でちょちょいとできました。お互い働いていたので、気を遣わず済みましたし、1年生のうちにパッとやってしまってよかったと思っています。

「忙しくても、できるうちにできることを!」ワーママのPTA参加はこれが最大のポイント。やることの内容を事前にしっかりチェックすることも大切です。7/5掲載の「忙しいからこそ上手に参加したい!PTAとの関わり方とは?」も参考にしてみてください。

今まで以上に上手な工夫や手抜きを

すべてを完璧にするなんてとても無理です

すべてを完璧にするなんてとても無理です

保育園に比べ、小学校に上がると、子どもに割くべき時間が格段に増えます。友だち関係も複雑に、宿題も徐々に難しく多くなってきます。保護者会やPTAで頭を悩ませることも。
しかしだからこそ、ワーママ自身が苦しくならないように家事や育児は上手に手を抜いたり工夫したりしてください(BRAVAでは上手な手抜き方法をたくさん紹介しています。ぜひ参考にしてください。宿題に関しては”「私もわからない!」子どもからの勉強の質問、さぁどうする” もご参考に!)。

そしていろいろなことにあまり罪悪感を持たないこと。すべて「できることをできるときに」でいいと思うのです。大丈夫、どうか「壁」を恐れないで!

田崎美穂子

, , , , , ,