それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.25

楽しいレジャーが一転して悲劇の1日に。川遊びで起きた感電死亡事故


電気柵って存在、知ってました?

あああ

楽しい川遊びのはずが…予想もしていなかった事故に

7月5日、「電気柵に触れ、2人重体 川遊びの家族、ほかに5人搬送 静岡」というニュースが産経新聞から報じられました。その後、重体だった2人は残念ながらお亡くなりになりました

西伊豆の渓流で起きたこの事故、被害に遭った方はファミリー連れ。楽しいはずの休日が一転してしまった本当に痛ましい事故です。

感電の理由は獣害対策用に取りつけられた電気柵。それが一部川に落ちてしまっていたために起こってしまった事故でした。

普段その場所に住んでおらず、電気柵の存在を知らないと「その柵に電気が通っているかもしれない」とはなかなか思えないことでしょう。私も、「電気柵」を一般の民家がつけているとは全く知りませんでした。

 

さて、いよいよ夏本番。今週から多くの学校が夏休みに入りました。仕事中に乗る電車の中を見渡してみても、いつもより子どもの姿が多い! ほのぼのとしてしまいます。

 

私が見た怖い事故!

子どもは遊びに夢中。親が目を離さず体調もしっかり管理しましょう!

子どもは遊びに夢中。親が目を離さず体調もしっかり管理しましょう!

でも、レジャーって案外危険が潜んでいるんですよね。かくいう私も、一昨年、海に出かけたとき、溺れた人がいたらしく浜辺に救急車が駆けつけたのを見ました。遠かったので、眺めていた程度なのですが、タンカで運ばれていく人は顔面蒼白……。救助の方は人工呼吸を行っていたようです。「大丈夫だったのかな?」と心配に思いつつも、いざ、自分の家族に起こったらと考えるととても怖かったのを覚えています。

というわけで、レジャーではどのような事故が起こりがちなのでしょうか? 警視庁のホームページにうまくまとめられたものが掲載されていました。

けいしちょう 夏は危険がいっぱい!

これを非常に簡単にまとめてみました!

●登山……転倒・転落事故、知識不足による事故、サバイバル術不足による事故など。つまり、遭難ということでしょうか? こういった事故が起きやすいようです。

●海……準備運動不足、飲酒後、禁止区域での遊泳などによって事故が起こるようです。その他、小さな子どもからは目を離さないことも大切です

● 遊園地・スポーツ……熱中症が起こりがち。高温多湿な日、前日に比べて急に気温が上がった日、熱帯夜の翌日は熱中症が起こりやすいそう。

これらに気をつけて、ぜひ、安全に楽しく夏のレジャーをお楽しみください!

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , , , , ,