それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.07.27

捨てられない子どもグッズはこうして片付ける!<後編>


どんどん増えていく子どもの服やおもちゃ、どうやって処分すればいい?

そんなギモンに整理収納アドバイザーのmocaさんがアンサー! mocaさんは、新しいお片づけ法として今話題を集めている『1日5分! お片付けノート』の著者。4歳と2歳の子どもを育てるワーママとしての目線で話してくれました。

前回に引き続き、後編ではお片づけをその気にさせる声かけやお片づけノートの活用方法など、目からウロコのテクニックが満載です!

片付けは、ゲーム感覚で一緒に

あああ

整理収納アドバイザーのmocaさん。2児のママです

遊んでいるうちにどんどん散らかって、片付けていいタイミングがわからない」というのもよくあるお悩み。mocaさんはゲーム感覚でお片づけすることを薦めています。

「いったん手に取ったモノを片付けるまで離さない、という簡単なゲーム。“お片づけして”と言うとやらないのに、ゲームにすると楽しんでやってくれたりします。あとは“ママハ コレカラ オカタヅケロボット ニ ヘンシンシマス”と言ってロボットになってみたり」。

mocaさん宅の息子さんは “たたかいのおもちゃ”と“ほかのおもちゃ”のふたつにざっくり収納。

「新しいおもちゃは、まずどちらのおもちゃ箱に収納するかを一緒に決めてしまいます。お片づけのときは、分かっていても“これどっちの箱だっけ? ママわかんないや〜。教えて!”と考えるフリをすると、“こっちだよ!”と得意げにお片づけしてくれますよ。ここでも小芝居は有効です(笑)。“今日はママやって〜”という日ももちろんあるんですが、そういう時は “じゃ1個だけでいいよ”とか“一緒にやろうよ〜”と声かけしつつ、無理させないようにしています。あくまでも、お片づけをキライにさせないことが重要なんです」。

毎日少しずつ、続けることでキレイに

お片付けノートを1週間続けると意識が変わっているのに気づくそう

お片付けノートを1週間続けると意識が変わってきていることに気づくそう

著書『1日5分! お片づけノート』は、自分が片付けられる人になるための“気付き”の本。

毎日3〜5個のモノを処分し、モノと処分理由をノートに書いていくという斬新なお片づけ法を提案しています。

「これを続けるうち、自分の買い物の仕方や溜め込みグセがどんどん分かってくるんです。モノをどうやって収納しようか、ではなく、モノの要不要を判断して整理することで自分の行動心理まで解きほぐされるんですね。この考え方が身に付けば、お片づけのリバウンドはいっさいありません! まず買い物の仕方が変わり、不要品を買うことも少なくなりますよ。私自身、いまだに毎日何かしら処分することは続けています。片付けても片付けてもすぐ元通りになる人、忙しくて時間がない人、モノを捨てるのに罪悪感がある人にぜひお片づけノートをつけてもらいたいですね」。

全部を完璧にやるなんて無理です!

どこかで手を抜くことはワーママにとってとても重要

どこかで手を抜くことはワーママにとって重要ですね

4歳と2歳のお子さんを保育園に預かってもらいながら毎日忙しく働くmocaさん。SOHOでデザイン業の仕事をしつつ、整理収納アドバイザーとしてお片付け本の執筆までこなしています。

自宅がオフィスだからといって、育児しながら仕事するのはやはり無理! 保育園さまさまですね。上の子の時は産後3カ月で復帰したんですが、仕事が回らず、一度仕事から離れてきちんと育休を取ることを決意しました」。

その後、1才すぎから認可外に入れ、仕事を再開。そして下の子の妊娠、出産を経て現在は2人とも認可保育園に通っています。

「離れている時間があることで気持ちの切り替えができますね。子どもを安心して任せられる場所がある、というのはとてもありがたいことです。仕事柄、市場リサーチや資料探しなどが必須なのですが、子どもを保育園に預けている日中にそういう時間を取ることにずっと罪悪感を持っていましたね。フラフラ街を歩いて、ひとりで楽しんでるように見えないかなって。でも、“私、夜中も仕事してるし!”“これで得られるものがきっとあるはず”って思えるようになったのはつい最近です」。

子育てと仕事を両立するうえで、mocaさんの大切にしていることは?

病気のときには一緒にいてあげることです。病児保育をなるべく使わず、仕事を調整して一緒にいるようにしています。あとは、無理をしないことですね。特に料理があまり得意ではないのでお総菜もバンバン使います(笑)! お片づけも仕事も家事も、なんて全部を完璧にやるなんて私には無理。料理が得意ではない分、せめて家だけはキレイに…と思ってお片づけしています(笑)」。

そんなお話も披露してくれたmocaさん。「忙しくてまとまった時間の取れないワーママにこそ、お片付けノートはおすすめです!」と力説しています。なかなか家が片付かない、と悩んでいるママはぜひトライしてみてください。

カバー帯

「1日5分! お片付けノート」

moca著

扶桑社刊

1188円(税込)

ISBN-9784594072940 

【取材協力】

moca(もか)・・・1974年生まれ、東京都在住。「お片付けノート」をきっかけに片付けに目覚め、2014年に整理収納アドバイザー1級を取得。同年、ハウスメーカー勤務の夫と間取り、動線、収納を考え抜いた「誰にでも片付けやすい家」を竣工し、家族で暮らしている。現在4歳の男の子、2歳の女の子のママ。2015年『1日5分! お片付けノート』を上梓。オフィシャルサイトはこちら
佐藤望美

佐藤望美

エディター/ライター

≫このライターの記事を読む


, , , ,