それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.08.07

「今日どこ行く?」と迷ったら、「チームラボ お絵かき水族館」へ!【Happy Activities番外編】


大人も目を奪われます

大人も目を奪われます

世間は夏休みムードまっただなか。

子どもを保育園に通わせているワーママにはあまりピンときませんが、街では幼稚園児や小学生向けのイベントが目白押しです。保育園の休日に「近場で子どもが喜びそうな場所に行きたい」というときにぴったりのスポットを東京・銀座で発見!

自分の描いた魚がスクリーンで泳ぎ出す!

オリジナルくらげを製作中

オリジナルくらげを製作中

とある休日、私が2歳の息子と訪れたのは、子ども服、ベビー用品を展開するファミリア銀座本店イベントスペース「CUBiE(キュービー)で開催中の「チームラボ お絵かき水族館」。

チームラボはデジタル技術を使って独創的な作品を生み出しているウルトラテクノロジスト集団で、チームラボのアート作品が期間限定でファミリアで楽しめます。

子どもが描いた魚がデジタル処理され、スクリーンに映し出された水槽の中で泳ぎ回るデジタル水族館を体験できるイベント。

2歳児に魚の絵は難しいかな?と思ったのですが、魚やくらげ、サメなどのフレームはあらかじめ用意されていて、そこに色を足していくだけ

クレヨンを持って線を描ける年齢なら、じゅうぶん参加できます。

息子は今回クラゲを選択(というか私が選びましたが)。「きいろ〜」「あお〜」とクレヨンをいろいろ持ち替えながら、好きなように描いていました。息子はまだ線しか描けませんが、3歳、4歳にもなればオリジナルの魚や海洋生物を想像力豊かに創り出してくれそうです。

仕上げに目や口は私が描き添えて、なんとか可愛げのあるくらげが完成。もっとしっかり色を塗ろうかと思いましたが、今の成長の証と思ってあえてあまり手を貸しませんでした。数年後に見返したときにも、「懐かしい〜!」といい思い出になりそうです。

専用のスキャン機械で読み込み中

専用のスキャン機械で読み込み中

画像をスキャンするとすぐに、スクリーンにくらげが登場! タッチすると逃げ出すなど、リアルな動きを見せてくれます。鮮やかな魚たちに目を奪われて、息子はしばらくスクリーンに釘付けでした。

描いた魚が泳ぎだした!

描いた魚が泳ぎだした!

オリジナルの魚の絵入りタンブラーも作れる

もらったタンブラーでさっそく水分補給

もらったタンブラーでさっそく水分補給

さらに今回のイベントでは、描いた魚がプリントされたオリジナルタンブラーが作れるワークショップも開催。

専用の機械で絵をスキャンし、フィルムにプリントしてタンブラーにはめ込んでくれます。これがまた可愛い! 子どもにも持ちやすいショートタイプです。

子どもの絵のみならず、自分で描いた魚をプリントしたくなるほどです。参加費は魚を描くお絵かき用紙1枚300円、タンブラーを作るなら別途1,000円。完成したタンブラーには、カルピスや麦茶、オレンジジュースなど好きなドリンクを入れてもらえます。

帰る前に、フォトブースで記念撮影を

フォトブースでパシャ! これだけで涼しい気分に

フォトブースでパシャ! これだけで涼しい気分に

開催場所のファミリア銀座本店2Fでは、オリジナルのフォトブースを設置。ファミリアのキャラクター、ファミちゃんや魚たちが海の中を泳ぐ姿をイメージした可愛い空間です。ここで好きに写真撮影をすることができるので、夏の思い出作りにぜひ立ち寄りたいところです。

暑さにやられそうな毎日ですが、銀座ショッピングついでに涼しげな水族館を子どもと一緒に楽しんでみてはいかが? 8月31日(営業時間11〜20時)まで開催していますよ!

【記事まとめ】Happy Activities

佐藤望美

佐藤望美

エディター/ライター

≫このライターの記事を読む


, , , , ,