それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.08.10

グッサー!心に刺さった同僚の一言 ~episode 2~


ワーママの状況を知らない上司は

ワーママの状況を理解できない上司がサラッとこちらの傷つくような一言をいいます

会社はさまざまな立場・考えを持ったの人々の集まり。悲しいけれど、全員がワーママを快く受け止めている訳ではありません前回は同僚のグサッときた言葉でしたが、今回は上司
今テレビ朝日でやっているドラマ「エイジハラスメント」まではいかないものの、上司に言われた一言でグサッときたことはありませんか?

「暇でいいね」 なぬ~?!

こんな顔のひとつもしてやりたくなりますね

こんな顔のひとつもしてやりたくなりますね

いまだに「早く帰る=暇」だと思い込んでいる、心ない上司の一言がグサッときてしまったKさん(SE、35歳、子ども5歳、3歳)の経験談です。

IT系企業でSEをしているのですが、ある程度自分の裁量で仕事量を決められ、定時もないので朝早めに出社し、遅くとも18:00には退社できるよう調整していました。自分で言うのも何ですが、時間内にきっちりこなしていましたし、支障をきたしたこともありません。

ところが年度末の繁忙期、ふらりとやって来た部長が、「この課は働くママが2人もいるんだ、暇でいいね」と言ったのです。普段から口の悪いことで有名な上司でしたが、そのときどんな真意で、なぜそんなことを言ったのかは謎。

横にいた課長は引きつり笑いで「ハハ、暇ではありませんけどね」と大人な対応。私は、よっぽどダンッ!!と机を叩いて「現場を見もしないヤツがいきなり来てそんなこと言うじゃない!!」と言おうと思いましたが、できるわけありませんね(笑)

確かに部全体が忙しい時期でほとんどの人が残業している中、私は基本17:30退社もう1人のワーママは時短でした。しかし、その限られた時間の中で、仕事に優先順位をつけ、やるべきことを漏れなく、ときにはランチタイムを潰しながらこなしていたのです。そんな現場も見てないヤツに何が分かる! と、本当に腹が立つと共に、グサッときましたね。

そのたった一言が後からジワジワ

一生懸命仕事をしているからこそ、悔しい気持ちでいっぱい

一生懸命仕事をしているからこそ、悔しい気持ちでいっぱい。

言われた日はただただムカついて、思わず子どもや旦那にも八つ当たりしてしまいました。

子どもを寝かしつけた後旦那に涙ながらに語ったものの、旦那は「上司の人も色々あるんじゃない?」と。それはそう、もっともなんだけど、今は男性目線の話は聞きたくないっ!とさっさと寝てしまいました。
そしてその上司の一言が、後からジワジワとボディーブローのようにきいてきました。腹立たしいのはもちろんですが、私のせいで課全体が暇だと思われてるのかと、申し訳なく悲しい気持ちでいっぱいにモチベーションもどんどん下がってしまいました

ささくれ立った気持ちを救ったのは

あああ

同じ環境の仲間に話を聞いてもらえるとそれだけでスッキリしますね

そんな沈んだ気持ちを救ってくれたのは、他部署にいる同期とのランチでした。彼女たちも同じくワーママ。「うちの部署でもあるよ」という話を聞き、同じ会社の中でもあんなことを言われたのは私だけじゃないんだと思え、気持ちが楽になりました。

また、その後の課の忘年会で、案の定「あのときの部長ひどかったよなー」という話題になり、「気にすることないよ」と言われ、ずっと後ろめたく思っていた気持ちが軽くなりました。

言われたらもちろん腹が立つし、心がザワザワしてしまいますが、同期の友人や同僚に救われることも。

そして時間が経って冷静になったら、「大人の対応も仕事のひとつ」と考えることができるかもしれませんね。もちろんそうなるまでに時間は掛かると思いますが…会社というコミュニティーの中には自分の想定を越えたことを言ってくる人がたくさんいます。大人の対応とともに、「聞き流して気にとめない術」も身につけていきたいですよね。

 

田崎美穂子

, , , , , ,