それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.08.15

大手学習塾の合宿窃盗事件 これで儲かった金額って莫大ですよね!?


子ども達が必死で勉強するなか、こんな事件が起きてるとは...

子ども達が必死で勉強するなか、こんな事件が起きるとは…

もはや、ワーオ! としかいいようがありません……

早稲田アカデミー合宿窃盗 役員が全額補償すると陳謝」というニュースが8月11日に報じられました。

この事件なのですが、大手学習塾の早稲田アカデミーの夏期合宿が8月8日から行われた際に起こったもの。初日の夕方、中学生の生徒およそ340人の貴重品を回収し、ダンボールに入れ保管していたところ、翌日の8月9日の朝に、そのダンボールごとなくなっていたことがわかったものです。

早稲田アカデミーによると、なくなったのは、およそ340人分の財布とスマートフォンおよそ120台とのこと。

ちなみに、生徒には土産代として現金3000円程度を持参するよう指示していたというので、計算してみると、これは100万円程度。ですが、さらにスマホもあります。

このスマホから情報を抜いて、その情報も売却。データをすべて消去した後に白ロムとして転売すればこれもかなりの利益がでるでしょう。以前、生きている完全情報は1件500円にもなるという話を聞いたことがあります。

これ、きっと、確信犯の計画的な犯行ですよね。

 

早稲田アカデミーって塾代、なかなか高いですよね……

多くの個人情報が登録されています。

多くの個人情報が登録されています。

……といいますのも、早稲田アカデミーは進学塾の費用がお高め。

夏期講習だけではなく、合宿まで行かせるようなご家庭は中の上以上でないと厳しいのではないかと思います。

つまり、ご両親もそれなりの企業に勤めていたりするのではないかと思うんですね。それなりの企業に勤めているご両親のご両親(つまり子どものおじいちゃん、おばあちゃん)だって、かなり良いご家庭という確率も増えてきます。

ということは、そういったデータをゴソーッと抜かれて転売なんかされた日には……。そこから犯罪が生まれたりしそうです。

ウチの長男、今春から高校生になったのをきっかけに、それまで使っていたキッズ携帯ではなくスマホユーザーとなりました。ラインやツイッターなどもやっています。入れられるデータ量もウンと増えました。

子どもですから、大人に比べて真面目です。……というよりも、変に生真面目です。

住所録に、携帯電話と携帯のメールアドレスだけでなく、住所や家の電話番号、生年月日、挙げ句の果てには血液型まで、知っている限りのあらゆる情報を入れていたりしそうです(苦笑)。リスクヘッジ、情報の分散などという言葉など何処の話。ギュッと凝縮した濃密で正確なデータをひとつの携帯で管理している気がいたします。

もし、それらの情報や様々な人がリンクしているアプリをゴッソリ抜かれちゃったりした日には恐怖そのものです。

今回、この事件が起きたとき、思わずサーッと血の気が引いたのは私だけではないでしょう。

この記事を書きながら、長男にスマホの管理をしっかりするようきちんと言い渡すとともに、情報管理の大切さについても教えていかなければ! と思いました。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , , ,