それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.08.29

不倫願望ありますか? SNS登録には注意を!


imasia_14978545_M

不倫専門の出会い系SNSがあるって知っていました?

「短い人生、不倫しましょう」をキャッチコピーに掲げている既婚者専用の出会い系SNS……つまり、不倫専用の出会いサイト「アシュレイ・マディソン」というものがあるのをご存知でしょうか?

会員は世界30カ国に渡って存在しており、日本でもこのサイトのサービスはスタートしています。

若干、日本語がおかしいですが(笑)。

で、このサイト、会員登録するだけなら無料なのですが、メールを送ったりするには費用がかかります。つまり、実際に出会って不倫するには、ある程度の金銭が発生するようで、その場合、最低でも1万2800円以上かかるようになっています

女性会員は少ないため、女性は無料でも利用し続けられるようですが、男性にとっては金銭的なハードルが高いサイトといえるでしょう。ちなみに退会時には男女とも料金が発生するようです。

 

なんと不倫サイトの個人情報が流出! 悪夢のような出来事の結果!?

安易に登録したことで大変なことに。

安易に登録してしまったことで大変なことに。

さて、このような道徳的にどーなのか? というサイトで、2015年7月に、このサイトの閉鎖を望むハッカー集団「インパクトチーム」によって利用者の個人情報が盗まれる……という利用者にとっては、悪夢のような事件が起こりました。

 

そして、8月25日に、時事通信より、「不倫サイト情報流出で自殺か=恐喝事件も発生―カナダ」というニュースが配信されました。

なんと、この盗まれた約3200万人のユーザーの個人情報が、「ダークウェブ」と呼ばれる匿名化技術を利用したサイト上で、8月18日に公開されたというのです。

これはもう、利用者はパニックでしょうね。そして、この情報がアップされたことで、さらなる悪夢が生まれます。

そう、恐喝です。

報道によると、「警察が紹介した脅迫メールには、約2万5000円相当の仮装通貨『ビットコイン』か、300カナダドル(約2万7000円)を支払うよう求め、従わなければ実名を公表すると脅している。『離婚費用がどれだけかかるか、家族や友人、社会的地位がどうなるか考えろ』と書かれていた」とのこと。

この脅迫によって、「最終確認はまだだが、2人が自殺した」とトロントの警察本部長は24日に発表しました。

長年夫婦をしていれば、配偶者に不平不満が出てくることも当然あります。でも、不倫願望を持って実際に不倫してしまうのと、行動は起こさず妄想だけにとどめておくのとでは大違い!

あ、そうそう。最後に重要なコトをひとつ。

なんと、Gizmodo調査によると、このサイトの女性会員のアカウントの90〜95%は運営会社が作った偽物であることがわかったそうで……。なんともやりきれないというか、マッチポンプに踊らされた男性陣が哀れというか……。

個人情報をさらされるだけに1万円以上払った男性陣、お気の毒様でした! やはり大切にすべきものは妻ですヨ!

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,