それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.10.03

ベビーカー論争再燃!1歳児を殴った64歳男の本性


imasia_9659824_M

こわっ! 「邪魔だった」と1歳児を殴る初老男性

 9月28日、「『邪魔だった』ベビーカーの1歳男児殴る 暴行容疑で男を逮捕 警視庁」というニュースがNHKなどから報じられました。これは、9月26日に東京メトロ有楽町駅の地下通路で起きた事件。64歳の男性が、30代の夫婦が押していたベビーカーに乗った1歳の男児をすれ違いざまに1回殴ったとしているもの。幸い、赤ちゃんにはケガはありませんでした。

男はそのまま立ち去ろうとしましたが、父親が追いかけて取り押さえ、通行人が110番通報。警視庁丸の内署は暴行の現行犯で、その男性を逮捕しました。

同署によると、男性は「ベビーカーに進行方向を邪魔されて腹が立ち、手が出た。悪いことをしたと思っている」などと供述しているそうです。

この報道を受け、10月1日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)でも、かなりの議論がされた様子……。そして、ネット上でもスレッドなどができあがり、かなり議論が盛り上がっています。

お母さんと赤ちゃんだけだったから殴ったとも……

いつも父親といった男性がそばにいるわけではありません

いつも父親といった男性がそばにいるわけではありません

実はこの事件、父親だと思われる方がツイッターで事件について呟いています

「男は拘束した時には、父親が居たことに驚いていたように見えたので、5歳の次男の面倒を見る為に妻から数メートル離れていた私に気づかず、女性と赤ん坊だけと言う弱者であることをふんだ上で憂さ晴らしのような気持ちでやったと思われます」

「やはりネット上などでも見る子連れの女性が公共交通機関などで受けるという嫌がらせなどは彼女達の自意識の過剰などでは決してないことがよくわかりました。常に父親がそばにいてやれる訳ではないし、私もこれからは一人でいる時にも子連れの母親には可能な限り目を配ろうと思います」

などと書かれていることからも、「邪魔だった」のかもしれませんが、女性と子どもという立場が弱い人だったから殴った側面もある様子。本当に最悪です!

マナーを守るのはベビーカーを押す側だけではありません

上の子の手を引いて、荷物も持ってとなるとベビーカーなしでの移動は至難の技

上の子の手を引いて、荷物も持ってとなるとベビーカーなしでの移動は至難の技

私は、ほぼ毎日、ベビーカーで電車に乗る日々を送っています。というのも、近所の保育園に入れなかったため、片道20〜30分かけて電車通園をしているからです。3歳と1歳児を連れて、ベビーカーなしだと体力的に厳しいものがあります。

そのときに思うのが、車いすやベビーカーのスペースに立っている方たちは、どいてくれないんだなあということです。そのスペースに親子3人立つことができれば、あまり邪魔にならず、乗車することができます。

しかし、壁によりかかりたいし、スペースも広くて他の場所より居心地が良いためでしょう。先に乗っている方たちは、滅多にどいてくれません。車いすの方は、ベビーカー以上にそのスペースに乗れないと困ることでしょう。

1歳ともなると10kg前後。「寝たらただの荷物」といっていたママさんを思い出します。10kgずっと抱いてはいられませんよね

1歳ともなると10kg前後。「寝たらただの荷物」といっていたママさんを思い出します。10kgずっと抱いてはいられませんよね

我が家の場合、あまりにも混んでいる場合は1本見送って混んでいない電車に乗ったり、混んできたらベビーカーをたたんだりと、かなり遠慮しつつ、周囲を気遣いつつ乗車しています。

それはベビーカーで公共機関を利用する際のマナーだと思っているのですが、公共機関で車いすやベビーカー優先と表示してあるスペースを譲るというマナーを守っている方はあまり多くないように感じます。

スペースだけでなく、トイレやエレベーターでもそれは言えると思います。

マナーを守らなければならないのは、通常に公共機関の乗り物を利用している方々にもいえるのではないでしょうか。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, ,