それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.10.29

こんなに用意するの? 保育園バッグの中身


imasia_14996556_M

こんなに用意するの?!保育園の持ち物準備は大変だ―――!

「保育園入園が決まったー!」という喜びと同時にしなければならないのが【入園準備】。
毎日の着替えをはじめ、お昼寝布団のカバーやお弁当グッズなど用意するものも沢山で、中には作らなければいけないものも多く…。
そんなたくさんある“用意する物”の中で、毎日持っていかなければいけないものはどれくらいあるのでしょうか?

ママ安心!毎日の持ち物は○○中心!

布団カバーは作らなければなりません。

布団カバーは作らなければならないところも。

“用意する物”リストを見る限りだと、「こんなにいるの?!」と思う程…
保育園の持ち物が意外と多くてびっくりしてしまうのも、入園準備あるあるなのではないでしょうか。

しかし!!
もちろん、すべて毎日持っていくわけではないので安心してください。
実は毎日の持ち物は、洗濯物&ストックが中心なのです!

例えば、着替え用の服がいい例。
多くの保育園では予備のストックを事前に預けるという取り組みを行っているため、汚してしまった場合など必要な時に着替え用の服を使用するといいます。そして、それを持って帰った翌日に新しい着替えを持ってくるというパターンが一般的に。
またパジャマや布団カバーなどの場合、汚れることがなければ、週末や決められた曜日に持ち帰り洗濯するというパターンをとっている保育園もあるそうですよ。

ほかにも、オムツ・タオルなどもこのパターンで預かってくれている保育園も少なくないようなので、とりあえずは必ずしも毎日持っていく荷物が多いというわけではないようですね。

ただ子どもが小さいうちは、食事中や遊んでいるときなど、汚れてしまう可能性が高いのも否めないところ。そう考えると“用意する持ち物が多い日もよくあること。”くらいに考えておいた方がいいのかもしれませんね。
行きはともかく、帰りに急な汚れ物で荷物が多くなる…という場合に備えてママのデイリーバックも、+αの保育園バックが加わっても持ちやすいものに見直してみてはいかがでしょうか。

デイリー保育園グッズの選び方ポイント☆

あああ

キャラクター以外のものを選んでおくのもよいですね。

毎日使う持ち物だからこそ、子どもにかわいい物を持たせたい。
こう考えながら新しい保育園グッズ選びをするのも、多くのママの楽しみかもしれませんね。
ただ、そんな中で【進級】のことも考えながら、持ち物選びを工夫しているママさんも少なくないと言います。

まずキャラクターでは、お子さんが入園時に好きな幼い子に人気なものや、アニメなどの流行りものを選んでしまうと進級時にそのまま使いづらいなんてこともよく聞く話…。
また流行りが終わってしまうと、新しい物に買い替えるときに同じキャラクターのものがなかなか見つからないというのもよくありますよね。そんな時お子さんからすると、慣れ親しんだキャラクターじゃなくなってしまうのが寂しくなってしまう子もいるようです。
この点から考えると、親世代にも慣れ親しんでいるような、みんなに愛される王道の人気キャラクターを選ぶ方が安心かもしれませんね。

面倒な名前付けには工夫を

ああ

洋服やオムツ、布団カバー。すべてのものに名前を書く保育園もあります。

また保育園の荷物といえば、名前付けも忘れてはいけません。
進級はもちろん、日々の中でも新しく持ち物を追加することもしばしば。
そんな時に毎回名前を書くのが面倒なので、名前のハンコやシールを作るというママも多いようです。これならせっかくのお洋服に「急いでいて文字が汚くなっちゃったー」なんてこともなくなるので、ぜひオススメです。
そしてなにより、小学校入学時にも活用できるため、活躍してくれる場面は多そうですね!!

持ち物が少なくなる取り組みをする【ママの味方】な保育園に注目!

あああ

仕事のバッグ・着替えを持って、さらに子どもを抱っこして・・・とママは大荷物です。

毎日の通園のことを考えると、やっぱりできる限り荷物が少ないほうが嬉しいのは当然のこと。でもそんなことは無理か…
なんて諦めないでください!!

実は先日、日経DUAL(株式会社 日経BP)で【手ぶらで通園できる保育園】があるという記事を見かけました。

[以下原文]

共働き家庭のそんな慌ただしい朝が、もっと穏やかに過ごせるような保育園がある。洋服やタオルを買い揃えたり、名前を付けたりといった面倒な入園準備は一切不要。毎日持っていく荷物も一切いらず、手ぶらで子どもを送り届け、お迎え時も手ぶらで帰れる。働く親のことを考えた様々なサービスを提供している、新しい考え方の保育園が誕生した。それが、今回取材をした東京・品川の「まほうの保育園」だ。

引用元:日経DUAL(株式会社 日経BP)
「送迎、買い物代行、入浴… フルサービス保育園とは」

手ぶらで通えるフルサービス保育園…働くママにはなんてうれしい取り組みなのでしょうか。とはいえ、こんな保育園に通えればベストですが、そんな理想的な保育園が少ないことも現実…。

しかし、少しでも保護者の負担を軽減するための“バッグの中身”への取り組みは、多くの保育園でもしっかり考えられているようですよ。

実際私が見学に行った保育園でも、「手作りはしなくていい」「お布団セットはこちらで準備する」など、想定よりも用意するものが少なくてとても安心できました。このように保育園それぞれで“毎日の保育園バッグの中身”軽減についてどう取り組んでいるのかも、毎日のことだからこそ、しっかりチェックしておきたいところですね。

 

たかお みきよ

たかお みきよ

フリーライター/2歳児ママ

≫このライターの記事を読む

IT企業でのコンテンツ運営担当の経験を経て、妊娠を機にフリーライターへ転身。現在子育て情報以外に、美容・旅・企業PRなど幅広いジャンルで活動中。 プライベートでは1歳の息子を子育て中のママです☆同じママとして、女性として、 皆さんの子育てとライフスタイルのヒントとなるような、心にとどまる記事を書いていきたいと思います♪


, , , ,