それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.11.05

「限られた時間を大切に」と気付かせてくれた、私のバイブル


デザイナーママが薦める「読んでよかった!」
『毎日をつくるもの』 『12か月のこと』 内田彩仍 著

表1

 

表12

忙しくて充実してるけど、ちょっと違和感のある毎日

この2冊の本の著者は、ナチュラルでこだわりのあるライフスタイルが人気の内田彩仍さん。もともと雑誌「リンネル」などで彼女の存在は知っていたのですが、ある日書店で『毎日をつくるもの』を見かけ、一目ぼれ状態で即買い。それを熟読したあと、今度はamazonで調べて、『12か月のこと』を購入しました。

たしか、長女が5歳半、次女を産んで育休中の頃だったと思います。こんな穏やかで丁寧な生活をいつかできたらな~と憧れをもって、隅から隅までじっくり眺めました。

そして、いざ仕事復帰してみると、2人を育てながらの生活は予想以上にてんてこまい。もともと忙しいデザイン会社だったのですが、両立がこんなに大変だったとは! と驚きましたね。

仕事が楽しいのは事実だけれど、今の自分の生活は、本で憧れたあの丁寧な生活とはほど遠い……。特に、一番大切にしたいのは「家族」と「自分」のはずなのに、結局気付けばいつも、締切や責任がある「仕事」を最優先にしてしまっている自分がいる。そこに違和感を抱える毎日でした。

毎日を丁寧に暮らす、細やかな工夫やアイデアがいっぱい

 

子育てと仕事で忙しくて家事は二の次になってしまうけど・・・。

子育てと仕事で忙しくて家事は二の次になってしまうけど・・・。

『毎日をつくるもの』は、著者である内田さんの「毎日の暮らし」をテーマにした本。1日の時間の過ごし方や趣味、手作り、食のこだわりなど、彼女の日々の暮らしを紹介する一冊になっています

安らぎのためのグリーンを置く、短くても自分をいたわる時間を持つ、少しのリメイクで服を長く着る、かわいい道具を揃えて気分をアゲる、など参考にしたい事がたくさん。それに、「家が心地よく暮らせる場所だと気持ちも優しくなれるから、家事はそのための下準備だと思っている」、「道具は長く気持ち良く使いたいから、とりあえず買いはしないで、好きなものに出合うまで気長に探す」「気持ちをリセットするための掃除をする」など、彼女の考え方そのものに共感する部分も多かったです。

もう一冊の『12か月のこと』は、内田さんの1年の暮らしを追いながら紹介する本。初詣や節分、梅雨や衣替え、クリスマスに家族の記念日……。

季節を大切に、日々細やかなアイデアや工夫を凝らす暮らしぶりが、歳時記として紹介されています。

こちらも、ほぼ全編にわたって心に残っていて、写真やデザインなども含め、どのページも大好き。大切にすべき日本の季節や行事、旬を丁寧に取り入れている暮らしぶりを読んで、同じ日本に暮らす女性なのに、日々仕事に追われ、下手すると四季自体を感じる余裕も持ち合わせてない自分が恥ずかしくなることも……。

どちらの本も、忙しさが一段落したときや、季節の変わり目などに、今も読み返しています。そして、「絶対私もいつかこうなりたい!」と強く思うのです。

“丁寧に生きる”ために会社を辞め、独立することを決意

家族との時間を大切に思うからこそ働き方を変え

家族との時間を大切に思うからこそ働き方を変えることを決意!

実は悩んだ末、今年いっぱいで長年勤めたデザイン会社を辞めることにしました。来年からはフリーランスになり、自分のペースで“丁寧に生きる”ための第一歩を踏み出します。この歳で新しいことを始めるのは勇気がいることでしたが、一度きりの人生だし、悔いのないように生きなきゃと思って。

そう思えたのも、この本のおかげかもしれません。毎日を丁寧に、家時間と家族を大切に過ごしている内田さんを見て、「私が一番大切にしたいものは何?」と自分に改めて問いかけることができました。そして、子どもたちが自分を必要としている「今」という限られた時間をもっと大切にしなきゃと思えたのです。

極端な話、もし明日私が死んでしまっても「私たちのママ、素敵だったよね」って思い出してもらえるような暮らしができる母親になりたい。今の私じゃ、「私たちのママ、なんか知らないけど毎日仕事に追われてバタバタ忙しそうだったよね~」だと思うので(笑)。

内田さんの暮らしは、ものすごく高い理想型なんですが、彼女の優しい雰囲気のおかげか、頑張れば手が届かなくもない気がして。少しずつでも、マイペースに近づきたいと思っています。

<お薦めしてくれたワーママ>
7歳と2歳の姉妹を育てつつ、デザイン会社で働くワーママ。激務のため、仕事を持ち帰ったり、近くの義実家の協力や遠方の実母の助けを借りることもしばしば。独立後の生活は、不安もあるけど楽しみ! とのこと。

<お薦めされた本>
『毎日をつくるもの』
内田彩仍
宝島社
価格:本体1143円+税
ISBN:978-4-7966-7910-7

『12か月のこと』
内田彩仍
宝島社
価格:本体1200円+税
ISBN:978-4-7966-9593-0

【記事まとめ】ワーママBook Shelf

横山香織

, , ,