それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.11.16

保湿化粧品いらず! お風呂も時短になる「タモリ式入浴法」


imasia_1197709_M

アトピー息子のために始めた「タモリ式入浴法」 もうじき3年目に突入します

まもなく冬ですね。空気も乾燥してきました。

カサカサすると、化粧のノリが悪くなったり、かゆみも出てきたりして、不快なことこの上ないですよね。

現在、38歳(もうじき39歳)になる私ですが、つい2~3年前までは、冬場になると脛や腕などにカユいカサカサができてしまって、毎日お風呂上がりに、オイルやクリームを塗るなどして対策をとっていました。

でも、子どもがいると、正直いってお風呂上がりのケアなんて、そうそうゆっくりしていられません。

というよりも、お風呂って案外重労働。

ウチは3歳と1歳の子どもがいるので、2人をお風呂にいれ、身体と髪の毛を洗って、自分も洗って、子どもの身体を拭いて、自分の身体を拭いたら、もう疲れちゃいます。髪の毛乾かすのすら、おざなりになってしまいがちです。

……が、そんな生活に変化がおきたのは一昨年のことでした。

3歳の子どもは、ひどめのアトピーなのですが、「タモリ式入浴法」がアトピーに良いという情報を入手したのです。

まず、お風呂がラクチン。メリット&デメリットを解説!

あああ

つかるだけで肌もきれいになるし、時短にもなって一石二鳥!

タモリ式入浴法とは、湯船にじっくりつかることで肌の汚れはほとんど落ちる! という考えに則った入浴法タモリさんが行っていることで、一躍有名になりました。タモリ式入浴法と検索すると出てきますので、ぜひチェックを。ここでは、我が家(通常肌1歳、3歳アトピー子ども、私)のタモリ式入浴法を参考にした入浴法をご紹介します。

<やり方>

・湯船に10分以上浸かる

<アトピー3歳>

・身体も髪の毛も、湯船のなかでガーゼタオルで垢が溜まりやすいところを優しく擦るだけ。

<通常肌1歳>

・身体も髪の毛も、湯船のなかでガーゼタオルで優しく擦る。

・週1回程度、石けんまたはクレイを使って、髪の毛と身体を洗う。汚れのひどい日も同様。

ちなみにクレイは、ガスールが有名ですが、少々荒いので、手作りコスメショップなどで粒子の細かいホワイトクレイなどを使っています。自分で練るのが面倒な場合は、クレイパックなどで身体を洗うイメージです。

<私>

・身体は湯船のなかでガーゼタオル。髪の毛は石けんシャンプーで洗い、パックスナチュロンというクエン酸リンスを使っています。プラス、時々トリートメントをする。トリートメントはその時々で好きなものを使っています。今はロクシタンのヘアパックを使っています。

・足の裏など汚れる場所は、毎日石けんで洗う。1~2週間に1度、石けんとスクラブ、またはクレイで全身を洗う。

・メイクをしている顔は

1)キャリアオイル(オリーブオイルなど値段が安めのものを使っています)でクレンジングする。

2)お湯で顔を洗う。ガーゼタオルで優しく擦る。

※目元のメイクが濃いときなどだけ、石けんで洗います。

湯船はかなり汚くなりますが、一気に全員入って一気に出るという方法なので、不快な思いをする人はいません

気になるだろうコトを勝手にQ&A

ママの肌にもよい変化がでてきます!

ママの肌にもよい変化がでてきます!

Q、身体はベトつかない?

A、最初はサッパリ感、スッキリ感がないので何やらモヤモヤしますが、いずれ慣れます。また、洗いすぎることがなくなるせいか、垢の量が減ってきました。夏場や皮脂腺の多いところは、ベタつく感じがありますが、それでもガーゼタオルで擦るだけで充分です。

Q、クサくならない?

A、なりません。ただ、石けんを使わない分、イイ匂いにもなりません。そのため、湯船にレモングラスやローズマリーなどのハーブを入れています。お風呂上がりは、ハーブの香りがほんのりします。

Q、垢は溜まらない?

A、新陳代謝の激しい子ども~10代などは溜まると思います。この辺、様子を見ていきたいと思います。ただ、足の指の間などは洗ったほうがサッパリします。足専用のスクラブがあり、最近はこれを使っています。石けんではないので、カサカサしすぎないのがイイ感じです。

また、ゴシゴシしなくなったせいか、ヒザやヒジの角質が固くならなくなってきました

 メリットとデメリットは?

つかるだけなのに、

つかるだけなのに、たくさんのメリットがあります。

<メリット>

・子ども2人を洗い場で洗う手間が省けるのでとにかくラクチン。浸かって出るだけなので、ストレスもありません

・冬場でも脛やウデがカサカサしなくなった。

・肌がキレイになってきた。

・全身の皮脂バランスが整ってきた。以前は、カサカサするところとベタつくところがあったが、なんとなく全身しっとり

・ゴシゴシ擦らないせいか、肌が柔らかくなってきた

・石けんを買わなくて済むので、経済的。

・お風呂上がりのスキンケアがいらない。(顔は化粧水をたまにつける程度。美容液やクリームなどは、たまに気が向く時につけています)

3歳児のアトピーは少しずつよくなっています。石けんを使わないので、しみることがないため、お風呂嫌いになっていません。プールも大好きです。これはかなり大きいです。

 

<デメリット>

・スッキリ、サッパリしない。

・香りのいいボディソープを選ぶ楽しみがなくなった。

 

 

いかがだったでしょうか? 時短というよりは、単なるズボラとも言えるほどのラクチンさ

「石けんを使わないなんて不清潔!」という気持ちにもなってしまいますが、タモリ式入浴法は、肌の常在菌を健やかに保つものでもあるので、清潔になるとも言われているんですよね。この辺、何を信じるかになってしまうのですが……。

とにかく、労力カット! 時間カット! においては、非常に優れものであることは確かでしょう。

 

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , , ,