それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.11.23

【働くママの強い味方!】「オフィス」と「ママ」を行き来できる 才色兼備なペタンコ靴


保育園へ送りだし→会社へ出勤→お迎えと、「オフィス」と「ママ」シーンを行き来する私たちにとって、全体の印象を左右する足もとはお悩みポイントですよね。
子どもを抱っこするからヒールは疲れるし、だからといって、楽ちんなスニーカーはお仕事的にNG……』なんて、そこには働くママならではのジレンマが……。

そこでご紹介したいのが、さじ加減が難しい足元に好適な、「楽ちん」と「きちんと感」を両立した旬のペタンコ靴。一度履くとクセになるこのブームは、ママならばのらない手はなさそうです♪

「きれいめオフィス」なら
細身フラットがおすすめ

1

Photo by BUYMA

「カジュアル靴では浮いちゃう……」という、きれいめオフィスで働くママには、細身のレースアップシューズがおすすめ

艶やかなパテントレザーと、つま先に向かって緩やかに細くなるシンプルデザインは、女っぽさは控えめだけれどとっても上品。ムダな飾りを削ぎ落としたシンプルな形だから、流行のワイドパンツ、テーパードパンツ、タイツ+膝丈スカートなど、どんなボトムにも合わせやすいのも、朝が慌ただしいママにとっては嬉しいポイントですよね。

2

photo by BUYMA

同じレースアップでもこちらは型押しデザイン。今年らしいマニッシュ感が魅力のウィングチップシューズは、トラッドなテーストやかっこいい雰囲気が好みのママにおすすめ。メンズっぽいアイテムを一点加えるだけで、いつものきれいめコーデがぐっと今年らしく垢抜けます。

3

Photo by BUYMA

変わって、もう少し女っぽい靴をお探しのママには、フラットの歩きやすさとポインテッドトゥパンプスの見た目を融合した、とんがりオペラを。

ブラックならオールマイティに、レオパード柄ならシンプルな着こなしのアクセント役に使えます。ちょっと寒い日には、靴のデザイン問わず馴染ませやすい、やや透け感のある薄手の黒リブソックスを合わせても素敵です。

 

4
photo by BUYMA

フェミニン派ママに挑戦して欲しいのは、旬のフォークロアを連想させるスエード×タッセルローファー。カジュアルコーデにもキレイめコーデにもハマる万能選手で、一足持っているとても重宝します。知的な雰囲気を併せもっているのも働くママにとっては嬉しいポイントですね。

「カジュアルオフィス」では
色や素材できれいめを意識して

5

photo by BUYMA

オフィスでのカジュアルスニーカーに抵抗があったママも、ひも無し&スエードスニーカーなら挑戦しやすいですよ。ウロコ状のスエード素材とシンプルなサイドゴアデザインが、スニーカーとは思えない”高見せ”を演出

でも軽いし動きやすいから、子供と遊ぶ休日用としてもアリですね。ショートブーツ感覚で履けるから、暖かいうえ、洋服とのバランスも取りやすいのも魅力なんです。

6

photo by BUYMA

「ぺたんこ靴はスタイル良く見えないから苦手」、「ヒールは履けないけれど身長を高く見せたい」そんなママにぜひ挑戦して欲しいのが、流行の厚底オックスフォード。「ちょっと若くない?」とツッコミが入りそうですが、主張控えめの4cm厚底&メンズライクなデザインなら大人でもアリ。グレー、白、黒などのシックな着こなしに合わせれば、ちょっぴりモードなお洒落ママに。

スニーカーを筆頭に今年はペタンコ靴ブームが到来しています。 足元はもちろん、心までも軽やかになりそうなママにとっても嬉しいこのトレンド。是非この機会に取り入れてみてください♪

KATY

エディター&ライター

≫このライターの記事を読む


, , , ,