それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.12.10

【親子2代で読み継がれる】五味太郎の絵本の世界&痛快子ども論エッセイ



大切なことは全部

五味さんに教わった!?

年齢別おすすめ絵本と

大人向けユニークエッセイ

「言葉」がすきになるきっかけに

pixta_11152021_M

こどもの頃から、五味太郎が大好きです! 物心ついたときから五味さんの本に囲まれてきました。

ユーモラスな表情の人間や動物、五味さん独特のカラーリング、いつまでも心にのこる「言葉」たち。「言葉」や「本」が好きになったのは、もしかしたら五味太郎さんがいたからかもしれません。

我が子が生まれたとき、もう一度五味さんの絵本を読み直し、好きなものを買い揃えました。

今回は年齢別の「五味太郎おすすめ絵本」と、五味さんが大人について語った名著「大人問題」を紹介します。

はじめての五味太郎は、「さる・るるる」


022

息子はじめての五味太郎作品は、何十年ぶりに手にとったらわーっと懐かしさが蘇ってきた「さる・るるる」。

さるが、「〜る」で終わる動詞で展開していく、五味さん独特の言葉+リズム遊びのような絵本です。

カラフルでごちゃごちゃした絵本が溢れているなか、こどもって案外シンプルなものにハマるもの。

さるが起きてきて「さる・くる」。木を見上げて「さる・みる」。そして「さる・ける」と、木の実が落ちてきて、「さる・とる」。

我が家の息子は、絵本デビューの頃から、喃語を話すようになった1歳の頃までにどハマり。何度も繰り返し読んで、とせがまれました。

考える、探す!「きんぎょがにげた」

350_Ehon_58

単語を覚え、発語するようになってからのお気に入りは「きんぎょがにげた」。

いろいろなところに隠れているきんぎょ探す、絵探し絵本です。

動物や食べ物・乗り物のなかに隠れるきんぎょ。いろいろな物を指差しながら、こどもと一緒に絵本の世界を冒険しているような気分になれます。

目で見て、考える。単語を覚える。そして、「きんぎょをみつけた!」ときの達成感は、こどもにとってもかけがえのない体験になるはずです。

 

トイトレには「みんなうんち」

51AxmNUcUqL._SX431_BO1,204,203,200_
3歳に近づき、目下の悩みはトイレトレーニング。そんなときに何度も何度も読んだのは名作中の名作「みんなうんち」。

我が息子も例に漏れずうんち好き男児なので、開くたびにゲラゲラ。この本をダシにして、トイレに誘導していました。

トイレの便座に息子を座らせ、前に座って何百回読んだかしれません。最後に、「げんた(息子の名前)はどんなうんちをするのか、ママ見たいな~」と、言うと踏ん張ってくれました(笑)。

3歳前後の子は絶対にすきなので、プレゼントの鉄板本にしています。

クリスマスには「まどからおくりもの」

 

350_Ehon_26

私がこどものときには読んだことがなかったのですが、最近気に入って買ったのは「まどからおくりもの」。

クリスマスも近づき、サンタさんの絵本で何かいいものがないかな、と探していたら出会いました。

この本は、大型のしかけ絵本。まどのなかにちらっと見える姿をみて、外からぽーんとプレゼントを放り投げていくサンタさん。でも、まどのなかは、サンタさんが考えている動物じゃない動物がいて…。

味わい深い絵と、わくわくどきどきするストーリー。クリスマスを楽しみにしている息子の、寝る前のお気に入りの一冊になりました。

大人はこれを!「大人問題」

 

41WC893E5QL

ミステリアスでつかみどころがない五味太郎さん。彼の頭のなかが覗ける貴重な本が、「大人問題」です。読んでみてびっくり! 五味さんの超ユニークな子ども論を書き溜めたエッセイなのですが、これが大人に対する痛烈なお説教本なのです。

その目次はこんな感じ。
「とにもかくにも心穏やかではない大人たち」
「なんだかんだと子どもを試したがる大人たち」
「どんなときでもわかったような顔をしたい大人たち」
「いつもそわそわと世間を気にする大人たち」
「よせばいいのにいろいろと教えたがる大人たち」

思い当たる節はありませんか? 数行でまとめられた小話が集まり、いかに大人がくだらないか、子どもにとって「問題」か、が語られています

わたしは悲しいかな、もう大人であることはやめられません。子どものために、良かれ、と思って教えたり躾けたりしていること、それって本当に正しいことかしら。

ふっと立ち戻って「子ども」の世界へ入る、子どもの目線になるということを忘れずにいきたいなと思えました。

目から鱗の子ども論。五味太郎さんの絵本とともに、ぜひ手にとってみてほしいです。

 

《おすすめしてくれたワーママ》
本好きアラサーママ。子どもの頃から五味太郎が大好きで、ひらがな、かず、ことわざ、などなどはほとんど五味太郎の絵本で覚えました。我が息子たちも五味さんの絵本が大好き。親子二代で同じ絵本を読んでいるということになんだか感動しています。

「さる・るるる」

絵本館刊/1979年11月初版/700円+税

ISBN978-4-87110-022-9

「きんぎょがにげた」

福音館書店刊/1982年8月初版/800円+税

ISBN978-4-8340-0899-9

「みんなうんち」

福音館書店刊/1981年2月初版/900円+税

ISBN978-4-8340-0848-7

「まどからおくりもの」

偕成社刊/1983年11月/1000円+税

ISBN978-4-03-338030-8

「大人問題」

講談社文庫/20001年5月発売/552円+税

ISBN978-4-06-273161-4

【記事まとめ】ワーママBook Shelf

浦和ツナ子

, ,