それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.12.12

【海外では普及】お湯いらずで超便利! 乳児用の「液体ミルク」とは?


pixta_14619837_M

そういえば、なぜ、乳児用の液体ミルクってないんだろう?

12月5日、「<乳児用液体ミルク>「国内にも」…研究会発足、提言提出へ」というニュースが毎日新聞より報じられました。

記事によると、海外では衛生的で使いやすいと乳児用の液体ミルクが普及しているそう。

そういえば、日本にあるのは「粉ミルク」がほとんど。液体のものを見たことがありません。それには理由があり、食品衛生法の省令によって、液体ミルクの製造販売が認められていないそうなのです。

しかし、液体ミルクは、無菌状態でボトル詰めされているため、そのまま飲ませられるようになっています。

つまり、粉ミルクを溶くお湯の確保やボトルの消毒が難しい災害時にも衛生的に安心して使えます。実際、東日本大震災では海外から支援物資として届けられたそう。

常温で長期の保存ができるため、小さな子どもがいる家は、災害セットにも加えておくと安心できそうです。

普段のお出かけの際も、このパックを何本かバッグに入れていけばいいだけなので、「お湯は?」などと気にする必要はありません。特に、旅行の際には、非常に便利でしょう。

流通販売実現にむけ、署名活動がスタート!

あああ

液体ミルクを流通販売できるように署名を集めることに。

というわけで、「乳児用液体ミルク」の国内流通を目指す研究会が8日に立ち上がりました

この会では、液体ミルクを流通販売できるよう、約12000筆のインターネット署名を集め、内閣府の規制改革会議に提出する予定となっています。

 

<Facebookページ>

液体ミルクを日本にも・署名キャンペーン

 

<署名サイト「change.org」

「お出かけや災害の時に赤ちゃんがすぐ飲める乳児用液体ミルクを、日本でも製造・販売してください!」

 

海外製品が日本でも売られているけれど…!?

ああああ

便利な液体ミルク、安く購入できる日がくるとよいですね。

アマゾンなどでは、海外の液体ミルクが売られていますが、200ml入りのパックが30本で約16,000円〜23,000円程度と非常に高額! 現地では1本200円弱程度で売られているようです。30本だったら6000円弱ですので、まさに3〜4倍。

個人輸入で取り寄せることもできますが、送料が非常に高くついてしまいます。

そんなこんなで液体ミルクについて調べていたら、「ゼロから考える少子化対策」というプロジェクトの会合をみつけました。

この資料には、海外で子育て経験のある保護者にインタビューを行い、国内でもニーズがあるかどうか調べた結果が記されています。

平成21年3月の資料に、すでに「外出時に便利な液体ミルク」が上がっていました

ボトルに専用の乳首をつけるだけで飲ませられるものもあり、ものすごく便利です。

 

 

……というわけで、この液体ミルクの製造販売が可能になる日が待ち遠しいですネ!

 

 

 

 

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, ,