それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.12.26

【憧れる!?】地方でのびのび子育てしてみませんか?


pixta_15639001_M

地方に移住する人が増えている!?

毎年、年末年始のシーズンになると共働き家庭の間で必ず交わされる話題。それは、「認可保育園」のこと。

「いくつの園に申し込んだ?」「〇〇区は倍率ってどんな感じ?」などなど。

認可園は、どこでもたいてい12月半ばに入園の申し込みが締め切られ、次年度4月の入学が2月中旬に決まるというスケジュールになっています。

この時点で生まれていない子は、入園の申し込みをすることができず、自ずと“予約可能”な認可外保育園などの入園となります。

というわけで、特に待機児童が多い地域に住んでいる保護者の間では、当選のお知らせがくるまでの間は、非常にやきもきとする時期……ということになります。

さて、そんな時期である12月19日に、毎日新聞より報じられたのは、「<地方移住>1万人超え 5年で4倍 支援策拡充で」というニュース。

この記事によると、2014年度に地方自治体の移住支援策を利用するなどして、地方に移住した人が1万1735人になり、1万人を超えたということです。2009年からの5年間で4倍以上に増えたそう。

もちろん、単純な東京から地方への転出はもっと多いです。

2013年だと37万人となっています。しかし、政府は、地方移住を促進しており、20年までに東京圏から地方への転出を37万人から4万人増やし、地方から東京圏への転入を47万人から6万人減らす目標を掲げています。

地方定住支援、素敵なことやっています!

あああ

さまざまな奨励金があります。

そのためでしょうか。「定住支援」「若者定住」「地方定住支援」などの検索ワードでググると、色々とステキな情報が出てきましたヨ!

勝浦市では平成27年度の制度では、住宅取得奨励金として1世帯あたり60万円が支給。『若者夫婦』として夫婦のいずれかが40歳以下なら交付対象となるそう。

焼津市でも似たような支援策があり、上限を100万円として奨励金が出ています。

賃貸での移住だと、茨城県常陸太田市では家賃助成2万円を36カ月支給してくれるそう。

しかし、東京に住んでいると、住宅取得に60万円もらっても……などと思ってしまいそうですよね。いただけるものはありがたいですが……。

なんて思っていた私ですが、それは東京在住者の狭い視野のコトでした。失敗!

地方の物件を見てみると……!?

 

例えば、コチラ! 鳥取県倉吉市の物件

大正11年築のステキな古民家です。土地には5Kの二階建ての古民家と車が2台置けるスペースだけでなく、家庭菜園や庭、そしてなんと! 蔵まであります。

建物は134.55㎡と広々。子育てをするには理想的な環境とも言えるでしょう。

この広さがあれば、3人、4人と産んでも広々使えます。

この物件がなんと380万円!

ステキすぎます。

物件を購入して移住してしまうのは少々怖い。できれば賃貸でスタートしたい……という方にも、嬉しい物件が続々出てきます。

例えば、コチラ!

岡山県高梁市の物件です。

土地1,047㎡、農地1,750㎡という広大な敷地に8K(226㎡)の豪邸が建ち、蔵、倉庫、物置、駐車場の他、山林まであるそうです。

これがなんと月3万!!!

……ため息ものです。

古民家だと、もしかしたらまっくろくろすけに出会えるかもしれませんし、学校に行こうと思ったらネコバスが迎えにきてくれるかもしれません。

ああ、地方に移住したい! そんなふうに思ったかたの背中をさらにドンと押してくれそうな子育て支援も揃っています。

例えば、和歌山県高野町。保育所から中学生までの子どもの給食費が無料とのこと。

1カ月3000〜5000円弱かかりますから、15年間無料だと非常に大きな金額となります。

ほかにも、こんな支援もありました。

高梁市で子どもを出産すると、第3子で出産祝い金50万円、第4子以降だと100万円もらえるそうです。

私、第4子を産みに高梁市に移住したくなってしまいました。

 

しかし、ここで問題となってくるのが仕事です。「地方に移住するのはいいけれど、仕事ないとどうしようもないもんな……」という心配が頭をもたげてしまいます。

例えば、高知県高知市では新規就農者に研修費として月額15万円が1〜2年出るそう。

また熊本県八代市ではやはり新規就農者に年間最大で150万円が給付されるという制度がありました。

 

豊かな自然のなか、広々とした家屋で、のびのびと子育て……いいなぁ。つい考えてしまいますね!

思い切って地方移住! みなさんもいかがでしょうか。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,