それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.01.24

まつ毛のあげ方で変わる?【印象別】マスカラメイク術



pixta_965931_M

アイラインがなくても、しっかりしたマスカラメイクで目力対策は充分!

でもさらにマスカラメイクを活用させれば、目元の印象チェンジにも応用できると素肌美の専門家・井上みゆきさんは言います。

そこで!いつもの定番アイメイクを変えたい方にオススメの、印象別マスカラメイクのテクニックを井上さんに詳しく伺いました!

マスカラ効果で目力UPのためには“白っぽいシャドー”と“ビューラーしっかり”

まずはマスカラの効果を最大限に活かすための下準備から!

■シャドー

より目力UPを狙うためには、まぶたに塗るのは“白っぽいシャドー”がオススメとのこと。このシャドーのポイントで、まつ毛の見え方が変わります!

■ビューラー
次にビューラー。これも目力効果のためには大事なポイント!

① ビューラーは “上”に合わせる
_MG_6977
よくありがちな間違えは、ビューラーについてるゴムのある下部分に合わせてしまうこと。でも実際には、ビューラーの上部分に合わせて、根元からしっかり挟むことが大事に。

② まつ毛のキワが一番強くなるようにビューラーをあげていく
_MG_6985
根元がしっかりあがっていないとマスカラでの目力効果はでないと言います。
だからこそキワは強く、ビューラーでしっかり挟むところからスタート!

③ まつ毛の中間⇒先端に向けて、力を抜いていくイメージでビューラーをあげていく

中間
_MG_6988

先端

_MG_6991

と、キワからスタートした3STEPでビューラーをあげていきます。

これでマスカラを塗るための下準備は完成。ビューラーのあげ方は、エレガント目でもぱっちり目でも一緒です。

さて、いよいよマスカラ術で印象を変えていく方法へ!

【エレガントな目】に見せるマスカラ術

①マスカラ 下地を塗る
_MG_6992
持ちも良くなるので、下地は塗った方が◎!
また繊維入りの下地ならばまつ毛の長さUPにも効果的。

② 横に流すようにマスカラを塗る
_MG_7005
さらにキープ力をあげるために仕上げマスカラも塗りましょう。
この時中央は“しっかりあげる”イメージで、段々とマスカラを横にずらしていくように。

_MG_7001

※マスカラの正しい塗り方のポイントは[【今さら聞けない!】ちゃんと出来てる? キレイにマスカラを塗る方法とは?]で!

③ 毛抜きでまつ毛とまつ毛の間に刺して、ダマになっているマスカラをはがしていく
_MG_7021

※詳しい方法は[【今さら聞けない!】ちゃんと出来てる? キレイにマスカラを塗る方法とは?]で!

④ 真ん中はしっかりあげるようにホットビューラーをあてる
_MG_7027

⑤ ホットビューラーを横に流していく
_MG_7040
この時、よりエレガントにするため目尻側のまつ毛には触れないようにするのがポイント!

目尻に触れるとぱっちりになってしまうと言います。

⑥ 下まつ毛は、中央からキワだけにマスカラを塗る
_MG_7049
内側にとかしてから、外側に戻すように塗っていきましょう。

[完成]
_MG_7059

全体ポイントは“横に流す”!すると切れ目がちなエレガントな目元に。

【キュートな目】に見せるマスカラ術

① 真ん中に寄せるように下地を塗る
_MG_7089
持ちも良くなるので、下地は塗った方が◎!
また繊維入りの下地ならばまつ毛の長さUPにも効果的。

② まつ毛を中央に寄せるように、“真ん中多め”でマスカラを塗る
_MG_7117
キープさせるために仕上げマスカラも!
これも同じく中央にむけて“真ん中多め”で!

※マスカラの正しい塗り方のポイントは[【今さら聞けない!】ちゃんと出来てる? キレイにマスカラを塗る方法とは?]で!

③ 毛抜きでまつ毛とまつ毛の間に刺して、ダマになっているマスカラをはがしていく
_MG_7021

※詳しい方法は[【今さら聞けない!】ちゃんと出来てる? キレイにマスカラを塗る方法とは?]で!

④ 真ん中をしっかりあげるようにホットビューラーをあてる
_MG_7027

⑤ 下まつ毛のマスカラもやっぱり“真ん中多め”

_MG_7130
内側にとかしてから、外側に戻すように塗っていきましょう。

[完成]
_MG_7137
全体ポイントは“真ん中多め”!コレでかわいい印象のぱっちり目に。

マスカラをしっかりやっていれば、アイラインがなくても◎

12月11日に公開している[【脱マンネリメイク】アイラインなしで目力UPする方法とは?]にも書かれている通り、忙しい朝にアイメイクを短縮するなら、断然アイラインと井上さんは言います。

実際井上さんが担当されたモデルの中にも、アイラインしないでマスカラに重点を置く方は多いとか。

またマスカラ次第で変えられる印象を上手に使い分けることができれば、服のイメージに合わせるなどのワンランク上のオシャレを楽しむこともできるでしょう。

井上みゆき●素肌美メイクの専門家。美容師をする母の元に産まれ高校3年生のときに同じ道を選択。その後、美容師からヘアメイクへと活動をひろげ、数々の有名人のヘアメイクを担当。現在は素肌美メイクの専門家としてメイクレッスン講座をひらくなど多岐にわたり活躍中。
たかお みきよ

たかお みきよ

フリーライター/2歳児ママ

≫このライターの記事を読む

IT企業でのコンテンツ運営担当の経験を経て、妊娠を機にフリーライターへ転身。現在子育て情報以外に、美容・旅・企業PRなど幅広いジャンルで活動中。 プライベートでは1歳の息子を子育て中のママです☆同じママとして、女性として、 皆さんの子育てとライフスタイルのヒントとなるような、心にとどまる記事を書いていきたいと思います♪


, ,