それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.02.13

【後を絶たないDV事件】被害にあってるママがいたらどうするべき? 助け出す方法とは?


pixta_5109643_M

元妻とその母に暴行し、子どもを誘拐した男性

?2月8日に「52歳女性刺され死亡…娘の元夫が逃走」(毎日新聞)というニュースから始まった元夫による母娘の殺傷事件。

2月10日には「美幌で容疑者の身柄確保、逮捕 札幌母娘殺傷」(北海道新聞)というニュースが報じられ、その後、油を被った元夫は車のなかに2時間40分立てこもり、窓ガラスを割って突入した警察によって身柄を確保されました。

元夫で職業不詳の白川秀一容疑者は、「話し合いをしようと思って家に行った。殺意はなかった」などと察で供述しているとのこと(『「殺意はなかった」…札幌母娘殺傷の元夫が供述』(読売新聞)より)。

事件をざっくり説明

pixta_588408_M

さて、2月7日に起きたこの事件。

事件のあらすじを書きますと、札幌市豊平区に住んでいた元妻と子ども、そして元妻の母が住む自宅に白川容疑者が訪問。

鍵のかかっていなかったドアから侵入し、持ってきていたバットや刃物で暴行を働きました。

元妻の由布子さんは、頭や顔を複数回殴られたほか、左腕骨折などの重傷を負いました。

また、一緒にいた元妻の母である大内真弓さんは頭部を鈍器で殴られるなどして死亡しました。

由布子さんの1歳の息子は事件の後、行方不明になっていましたが、北海道美幌町の白川容疑者の実家で発見されました。

なにより子どもは無事で良かったです。

白川容疑者は3日間逃亡した後で身柄を確保されましたが、「家に入ってからの記憶がない」とも答えていて、容疑を否認しています。

由布子さんは、昨年1月に、「夫が離婚に応じない。過去には暴力を受けていた」と札幌豊平署に相談をしています。

同居中には、由布子さんだけでなくお母さんの真弓さんにも手を上げたことがあったとされています。

しかし、離婚後も、元夫からの接触は止まなかったようで、今回の事件が起こる数時間前に、由布子さんは「頻繁に電話やメールがきて困っている」と相談をしています。

それを受けて、北海道警察は、白川容疑者に「これ以上やるとストーカーになる。連絡しないように」と注意しています。

しかし、これに触発され、由布子さんの家を訪れた可能性があるとされています。

DVを受けているママがいたら? 手助け…必要かも?

pixta_16826338_M

さて、DVというと、我々ママには他人事ではありません。

身近で、「DVを受けていた」「今も受けている」というママ友などいませんか? 私、案外、多いのですが……。

1人や2人というレベルではなく10人くらいいます。多すぎ?

で、少し前に、『ストーカーにこの命奪われてたまるか』という企画について執筆しました。(女性セブン2015年12月3日号 参考記事① 参考記事②

この取材をした時に、警察、弁護士、加害者の更正活動を行っているNPOに話を聞きにいったのですが、想像以上の現実があり、「1人で戦うのは絶対ムリだ!」と感じました

一度警察に捕まって懲役を受けた後でも追い回したり、興信所など様々な手を使って元妻や元恋人を捜し出すのがストーカーやDV加害者でした。

「妻を奪還せよ」という声が脳内に響いてくるとか、「妻がどういう気持ちでいるかなんて考えたことがなかった」とか、ちょっと理解できないのが加害者のメンタルでした。

しかも、被害者は、恐怖で洗脳されている状態

そうではなくても、身内のことで恥ずかしいと思ったりして、なかなか相談もできないという状況にいます。

そのため、「もう限界!」と思ったときには、1人では対応できないほど深刻な状況になっていることが多いそうです。

ところが、周りが安易に手を差し伸べると、「みんなが共謀して、オレから妻を取り上げようとしている」と逆恨みしたり、「俺の妻を取られてたまるものか!」と悪化したりする可能性があるので、これまたNGなのです。

そのため、周囲は一緒に戦うのではなく、「被害者の悩みを聞いてあげる」「警察や弁護士、NPOといったプロの場所に同行してあげて、子どもを見てあげる」というのが良い方法だということでした。

ちなみに、相談する場所は、1カ所ではなく、とにかくたくさんの場所に相談しにいき、多くのかたの協力体制があるといいそうです。

「警察」「弁護士」「行政」「女性センターや人権センターなどの公的機関」「NPO団体」など、考えられるところすべてに相談にいく! というつもりで、プロの協力を仰ぎましょう。

もし、身近にDVやストーカー、モラハラの被害者の方がいたら、警察や行政のほか、法テラスのような弁護士組織、または下記のような団体を紹介してあげるといいと思います!

 

NPO法人 女性・人権支援センター ステップ

DV加害者の更正プログラムを実施しています。

 

NPOヒューマニティー

ストーカーやハラスメント問題に携わるNPOです。

 

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,