それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.03.31

【あるある!】働くママの「こんなとき子どもにイライラします」エピソード14選!


忙しいときにやめて!

Sさん(子ども5歳、3歳)

急いで目的地に向かっているときに、通り道にある木や歩道にあるチェーンにわざと引っかかって「ママ通れなーい」とかやってくる。普段は「なにしてるの?」と笑えても時間に余裕がないときはとてもイラっとくる。

※写真あります↓

写真

Hさん(子ども6歳・2歳)

朝、「保育園にもう行くよ!急いで!」と言っているのに、全然用意していないとき。そのくせ、「◯◯の保育園が先!」(兄弟で保育園が別)と自分が通っている保育園に先に行けと主張する。

 

Tさん(子ども11歳、9歳、2歳)

朝出かけにグズるとき。しかも「靴下は履かない!」「このおもちゃ持って行く!」など、どうでもいいことで。職場に遅刻しちゃう!という焦りから、かなりイライラします。

ママにも自由な時間をください!

10474b904f3e6c787440976ce192aa1e_s

Aさん(子ども7歳、3歳)

トイレが唯一リラックスタイムなのに、泣きながら一緒に入ってくるとき。

 

Mさん (子ども6歳、2歳)

たまに私が観たいテレビを観ていると、今まで別の遊びをしていたのに「◯◯のテレビ観せて!」と言い出し、「ママのばっかりで何も見せてくれない!」と怒るとき。「ママだって、観たいテレビがあるの!」と大人気なく怒っています。

イライラの鉄板です

34e03cee6967e88c4169323fcaaafcbe_m

Tさん(子ども 14歳、12歳、10歳、8歳、3歳)

スーパーで駄々をこねて、大泣きする。

 

Rさん(子ども7歳、3歳)

夕飯時、苦手な野菜を持て余してぐちゃぐちゃする。

こちらの事情なのですが・・・

2cef2ae8e522521188a8ab62c20816fd_m

Nさん(子ども16歳、3歳、1歳7ヶ月)

仕事の電話(ちょっと難しい件の電話を受けているときや、子どもが周囲にいることを知られたくないとき)をしているときに、「おかあさん、「おかあさん」とまとわりついてくる

 

Mさん(子ども3歳、1歳7ヶ月)

忙しくてランチを食べ損ねてめちゃくちゃお腹がすいている帰り道に、グズグズされるとき

 

Kさん(子ども2歳7ヶ月)

どうしても返信しなきゃいけない仕事のメールを書いているときに、「ママ、ビービー(←スマホのこと)おしまいにして!」とお願いされ、「ちょっとだから待ってて!」と言っても「やだ?!!!」と泣き叫ばれるとき

年齢的な問題もあるけれど

d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_m

Yさん(子ども5歳、3歳)

3歳の息子が「昨日、今日、明日」の時制がわからないため、例えば「チョコレート食べたい」と言ってきたときに「じゃあ、明日、チョコレート食べようね」と言うと、「うんわかった!」とその場は納得するのに、2時間後に「ママチョコレート食べる!」って言い出し、「明日って言ったでしょ」となだめても、「ママさっき食べるっていったじゃーん」って泣き出すとき

 

Hさん(子ども2歳6ヶ月)

イヤイヤ期真っ盛り。 「ご飯食べよう」→「ご飯食べない!」 「ねんねしよう」→「ねんねしない!」 「お風呂入ろう」→「お風呂入らない!」 90%以上の確率で、とりあえず否定してくる。しかし最近、確固たる意志を持って拒否しているわけでは全くないことがわかり、テキトーにスルーする術を習得。

怒るに怒れなくてイライラ

f0e6d28bed151f59a57fa7a6f9326213_m

Tさん(子ども2歳5ヶ月)

かまってほしいのか、本当なのかがわからないけど、必ず夜寝る前に「背中がいたい」「足がいたい」「お腹いたい」と大騒ぎをする。ちなみに、「痛い」と「かゆい」の区別がまだできないため、どっちだよ!?と。

あまりの大袈裟ぶりに、本当にどこかいたいのか?と思ってしまい優しくすると、その後ヘラヘラ笑って話しかけてきたりするとき。

Kさん(子ども2歳6ヶ月)

鼻の下に向かって頭突きしてきたり、寝っ転がっているときに足で顔を蹴ってきたりと、身体的なダメージを与えてくる。しかし、本人に悪気がまったくないので怒るに怒れない。だから怒りのやり場がない。

イライラした後のフォローは2タイプ!?

4013024d0975b592e20de392d154be46_m

できれば子どものペースに合わせてイライラせず優しいママでいたいけど、忙しい毎日、そういうわけにもいきません。

働くママたちはイライラしてしまったあと、子どもにどういう対応をしているのでしょうか?

「『言いすぎたよ、ごめんね』とギュッと抱きしめる」「寝るときに、今日はごめんね」と子どもに謝るという方もいれば、「特にフォローはしない、私は悪くないんで、悪いのはアンタたちなんで・・・と思いクールな感じでいます。そうすると、『おかあさん、ごめんねー』といってきたり、ちょっといい子になったりするのでそのタイミングで機嫌を直す」という方も。

ママも人間です。イライラするのは仕方ない!でも、いつまでもその感情を引きずることなく、またすぐに笑顔のママに戻って接してあげることが子どもにとっても大切なことではないでしょうか。


, ,