それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.06.26

【夏休みに急増するプチ家出】SNSで知り合って自宅に連れ込み…これって誘拐!?


b5fd52cc59c9ab68e3cc4ebca4ccef01_m

長期休みに増えるプチ家出

<未成年者誘拐容疑>16歳少女を25日間 36歳男逮捕」というニュースが毎日新聞より報じられたのは6月22日のこと。ニュース記事によると、逮捕されたのは自称プログラマーの横田幸之介容疑者(36歳)。ツイッターで知り合った16歳の少女を25日間誘拐したとして「未成年者誘拐」という容疑がかけられたということです。

そのほか各社のニュースを見ていくと、少女は5月24日から家出をしていたそう。家出を始めた3日後の5月27日に少女がツイッターに「家出したがお金がない。寝泊まりさせてほしい」などと書き込んだところ、横田容疑者が「自宅に来ないか」と誘い、少女は横田容疑者の家にいくことになったようです。横田容疑者の自宅に住み着いていた際、少女の行動を制限するようなことはなかったとされています

横田容疑社は、少女が未成年であることは知らないと答えており、「家出した女の子を泊めることで喜んでもらいたかった」と供述しています。

家出するには原因があるはず…

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m

今回のこの事件、ネット上では「こういうのは誘拐になっちゃうの? ナンパにはならないんだ?」「出入り自由だから監禁にならないったことで苦し紛れの『誘拐』適用だろ…」「ん? これって男性にはそれほど非が無いように思うんだけど…。少女側(もしくは家庭)が悪いだろ」といった、“誘拐”“逮捕”ということについて疑問の声が多数上がっているのが見られました。

古い統計資料しか見当たらなかったのですが、警視庁が発表している家出の統計資料では、

0〜9歳 0.9%

10〜19歳 22.8%

20〜29歳 17.9%

30〜39歳 16.3%

40〜49歳 11.7%

50〜59歳 9.9%

60〜69歳 7.2%

70歳以上 13.4%

(平成20年中における家出の概要資料より)

1%にも満たないですが、10歳未満の子どもも家出をして保護されていることに驚きました。子どもたちは、なぜ家出をするのでしょうか。原一探偵事務所のホームページには、家出の原因が公表されていました。

  • 10歳未満が家出する原因の87%が家庭関係
  • 10歳から19歳の原因は、家庭関係が58%、学業関係が19%、異性関係が15%

大半が家庭関係の悩みから家出を選択していることが分かります。

社会人で自由になるお金がある年代ならば、ネットカフェやカプセルホテルなどに泊まり歩くこともできますが、10代以下の場合、そんなお金はありません。とはいえ、公園や繁華街の路上などで寝泊まりをしていたら、あっという間に補導されてしまうでしょう。

案外、子どもって“家から逃れられない”ものなんですね。

長期休みは家出が増える時期

ab6b08c6ab490e58b4dd7e32666b8fc0_m

長期休みになると、プチ家出が増えるというデータもあり、これから夏休みを迎えるにあたって、“牽制的”に今回の事件が大きく報道されているのかな?という印象を受けました。

10代の家出を防ぐには「親子のコミュニケーションが大切」などとよく言われますが、この時期って、子どもにとっては「家族の存在もまだそれなりに必要だけど、友達が1番」。友達と長く一緒にいたくて、帰宅が遅くなったり、ちょっと危険な場所に足を踏み入れたりしてしまいます。

今までの取材を振り返ってみると、「愛情を感じられないほどの放任」「子どもが息苦しくなるほどの束縛」がどうも10代の家出と関係ありそうな気がします。結論としては、ちょっとしょうもない感じになってしまうのですが“ほどほどに厳しく、ほどほどに寛容で、愛情たっぷり”というのがいいのかもしれません。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,