それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.09.25

ファミリーユースにも!! 低価格で泊まれる宿泊施設が増えている?


23a6fe99bcaecd3b3eab786c3301e74e_m

旅行のスタイルもいろいろ、家族で格安に泊まれるホテルが?

まもなくシルバーウィークも終わってしまいますが、この大型連休、みなさんはどこかへ旅行にいきましたか?

天候もイマイチだったため、我が家は少し遠くの公園に遊びに行く程度でしたが、SNSなどを見ていると旅行に出ているファミリーも多く、「楽しそうだな〜」なんて眺めていました。

さて、9月21日、「大学生がプロモーションに一役 鎌倉に低価格ホステル」というニュースが神奈川新聞より報じられました。この記事によると、低価格で泊まれるホステル「WeBase鎌倉」が、鎌倉市由比ガ浜にオープンしたそう。長期滞在もできるようにと、1泊2800~6千円とリーズナブルな価格設定となっています。若者や外国人だけでなく、家族連れでも使い勝手がよさそうでファミリールームや和室があるほか、地域の住民などが使えるヨガスタジオやレストランも備えてあります。

サイトの写真を見てみると、とてもオシャレでキレイ! 「安いホテルは古くて汚いんじゃ……?」という不安を払拭してくれれます。

このホテルはもともと企業の保養所だった建物。これを不動産会社レーサムが改装し、大学生がロゴマークや案内表示、プロモーション動画を制作したそうです。

こちらのホテルは素泊まりが基本。とはいえ、併設のレストランがあるため、食事に困ることはありません。

旅行のとき、ホテルや旅館の食事は楽しみのひとつでもありますが、あえて素泊まりにして地元で人気のあるレストランなどで地元食材を味わうのも楽しいもの。

うわさの民泊ってどうなの!?

bcb09323342801b3d35d5d211932d519_m

また、最近は「民泊」「Airbnb」と呼ばれる宿泊方法もあります。その名も「Airbnb」などのサイトで探して泊まるのですが、空き家や空き部屋などを持っている人が宿泊施設として貸し出すものです。

このブッキングサイトを行っている人の話によると、「民泊用」に空き家をリフォームした施設も多く、かなり快適に泊まれるそう。ニュースなど報道ではトラブルばかり目にしがちですが、賢く利用すると家族連れにとっては、リーズナブルな宿泊先にもなりそうです。

ちなみに民泊には、大きく分けて「ホームステイ型民泊」と「投資型民泊」があります。

「ホームステイ型民泊」は、ホスト(家主など)が宿泊施設となる住宅に住んでいて、住宅の一部や空き部屋、空きスペースなどを旅行者に貸すタイプ。ホストとの交流も楽しめます。

「投資型民泊」は、ホスト(家主など)が、居住していない住宅を貸し出すもの。貸別荘のような感覚で宿泊できます。キッチンがついていることも多いので、長期滞在にも向いています。

海外だとお城にも宿泊できるそう。

これであなたも“シンデレラ”!「Airbnb」で泊まれる世界のお城8選

非日常体験も味わえてしまいます。

また、海外だととくにニューヨークなどはホテルの宿泊代が高いことで有名。市内だと日本円で2万以下のところはほぼないといっていいほど。でも、「Airbnb」ならお安く泊まることもできます。

出張や家族旅行にAirbnbを使ってみた

子連れ旅行者必見! airbnbで13泊した家族が教える3つの利点

などにメリットが書かれていたので、参考にしてみては?

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,