それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.11.06

【あなたはどう思う?】電車内のメイクはマナー違反!?私が見た驚異行動の数々


3d5b4b5e40a0ca912fda854668d6f67b_m

ただいま話題の電車内のメイク、どう思う?

ちょっと出遅れた感はありますが、ただいま話題の電車内のメイク論争。ネット上では賛否両論の声が溢れており、「車内化粧、みっともない? 東急電鉄のマナー向上広告に反発、論争も」というニュースも産経ニュースより報じられました(10月28日)。

ワーキングマザーのBRAVAママも、「メイク」と「仕事」の両立は興味津々なところではないでしょうか。

噂の広告は、「都会の女はみんなキレイだ」「でも時々、みっともないんだ」というキャッチコピーで始まる動画とポスター。内容は、電車の席でメイクをしている2人の女性を見ている向かい側に座っている女性が、突如立ち上がり、踊り始めます。「みっともない」とたしなめるようにダンスしているにも拘らず、まったく気づかないメイク中の女性たち……という仕上がりになっています。

J-castニュース(10月26日掲載)では、なぜこのような広告をつくったのかという東急電鉄からの回答も掲載していました。

「『車内化粧』に関わらず、電車内におけるマナー啓発として、ご利用いただいているお客さまのご意見などを踏まえて検討しました」

動画版に関しては次のように述べているそうです。

「マナー啓発ポスター・CMというと、通常お客さまの目に留まらないことが多いため、印象に残り、かつメッセージ性の強い内容を検討しました」

電車内におけるマナー違反とルール違反の違いとは?

e2b95906413193c99f3af5c5af71e198_m

さて、ネット上の賛否両論の声をピックアップしてみました。

ツイッター上にはこんな意見がありました。

朝の6時に疲れた顔したOLが電車で化粧してるのとか見ると、みっともない!とは思えないし、過労死電通がメイクしてないで女子力wって煽られた話とか聞くと、そういう限界事例も一様にみっともない!で片付けてやるなよーと思うけど、まあイメージしてる図が違うんだろうな。

出典:Twitter

 

あなたが公共の面前でトイレをしているのと同じだと思います。

出典:Twitter

 

電車内で化粧というのは、移動時間でのビジネスツールの準備の一つでしかない。東急がそれをみっともないと言うのは“電車内で会議の資料を読むなみっともない”と言ってる様なもの。

出典:Twitter

 

車内の酔っ払いとどっちがみっともないの?って意見あったけどどっちもだと思うよ。おうちでやっておいで。

出典:Twitter

 

ガラガラに空いてる電車内でのメイクは「まぁいいか」(私個人的は「みっともない」と思う)だけど、満員電車でメイクしている女性を見ると「周囲の人に化粧品つくかもしれないから止めなよ」(「迷惑」という観点)と思う。なるほど、前者は主観で、後者は公共マナーですね、納得。

出典:Twitter

 

品川駅に着く手前で仕上げに香水をプシュプシュしたのには怒りさえ覚えました。嗅ぎたくない匂いは香水でも悪臭ですから。

出典:Twitter

 

みっともないとは思うけど、啓発ポスター作られる程の事とは思いません。

出典:Twitter

 

などなど。なかには「痴漢や足を広げて座る人などもっと注意すべき人がいる」という声もありましたが、痴漢はそもそも違法行為。マナーとは違うのはないかと思った次第で、いつ、どこで、どんな状況でもしちゃけないコトですよね。。

逆に、足を広げて座るのも、“みっともない”ものではありますが、ガラガラの電車のなかで足を広げるのは、まあ、問題ないとも思います。ただ、混んでいる電車でやるのは迷惑極まりないので止めていただきたいなあと感じるでしょう。

ルールは、いつ・どこで・どのような状況でも違反しちゃいけないことなので「禁止」を謳いやすいですが、そうではないマナーは個人の考えによる部分も大きいので様々な意見がでるのでしょう。

車内のメイクということでいえば、リップを塗る人は男女問わず多いと思います。それがリップグロスだったら? それが紅筆を使って口紅を塗るんだったら? と少しずつ程度を上げていくときに、どこがラインなのかは、人によって様々でしょう。

私の場合、山手線沿線、地下鉄沿線に住んでいるため、空間にゆとりのある平日10時〜16時55分までの山手線なら色の薄いリップグロスまではOK。ですが、鏡が必要な口紅や濃い色のリップグロスからはトイレでするというのがラインです。

しかし、いかなるメイクもNGな時間があります。それはギュウギュウの場合。朝夕のラッシュ時間帯はリップですらNG……というかできません。

でも、ガラガラの始発電車なら、フルメイクもOKかもしれないなーなんて思っちゃいます。例えば、朝6時半に東京駅集合なんていう取材の場合は、すっぴんで出かけ、新幹線や特急電車内でメイクする気満々だったりします。

自分のラインはどこなんだろう? と考え、人と摺り合わせてみると面白そうです。

私が見た! 驚愕の行動

1c12abb24d96d5964bca9608639d0afc_m

でも、電車の中には様々なマナー違反と思われる人がいます。私は電車に乗る機会がとても多いので、おもしろい人を見かけます。そんな事例を思い出してみました。

まず、コレ。ラップにくるんだ手作りおにぎりを駅のホームで広げて、立ったまま食べ始めた女性がいたのですが、これには何か哀れを感じましたね。同様に、京浜東北線内で、ランチョンマットを膝に広げ、手作りお弁当を上に乗せて食べ始めた人もいましたが、「時間がなかったのかなあ」「なぜ、今、ここで?」と頭のなかにクエスチョンマークが並びました。

大の大人がソフトクリームを食べながら乗ってきたこともありましたが、これは誰かについたらどうするんだろう? と思いました。空いている電車だったので「OK」と判断したのかもしれませんが……。

不快感を感じたのは、次の3つです。

まずは、爪を切り始めた人。パチンパチンと耳慣れた音が聞こえてくるので、「まさか!」と思ったら、膝の上にティッシュを広げて爪を切っていました。

これは「ナイナイ……ナー」と思いました。

さらに不快感を感じたのはコレ。靴下を脱いで足を掻きむしり始めた人。これは靴下を脱いだ瞬間に、ギョッとしましたが、ボリボリッと掻き始めた時に、生理的にウワッ、ムリッと思いました。

最後はコレ。鼻毛を次々と抜いてティッシュに取っていた人。ピーンと飛ばさないだけ、まだいいのかもしれないですが……。

人に不快感を与えるかどうか。これもマナーの大きな基準かと思います。

ツイッターやブログでは、「気にならない」と書いていた人もいましたが、「不快感がある」と書いていた人もいました。やはり人にイヤな思いをさせるのであれば、控えたほうがいいということになりそうです。

そして、これらを見たのはいずれも1回きり。超レアといワケです。ただメイクは何度も見たことがあるので、「メイクをする人が多いから目立つ」ということも今回の広告が作られた経緯なのでしょうね。

また、判断が分からないものもありました。

電車ではないのですが、新宿の道端で着替えている男性を見たことがあるんですね。もちろん通行人はジロジロ見ています。ご丁寧に靴を脱ぎ、シャツを脱いでTシャツになった後、ズボンはどうするのかなと見ていたら、ズボンも脱いでパンツ1丁になったかと思いきや、普通に履き替えていましたね。新しい……と思いました。

唖然としてしまい、当時はコレはOKなのかアウトなのかの判断がつかなかったのですが、「生着替えショー」ということであれば「おひねりはあげないけどね」と拍手くらいは送ってあげたいと思います。

ただ、これ、ものすごく主観が含まれてくるなと思ったんです。

着替えていた人が、20代前半くらいの若い男の子だったので笑ってみていられたのですが、これが中年男性だったら「いい大人がそんなもん見せるなよ」と不快感を持つでしょうし、ホームレスだったら切ない気持ちになるでしょう。若い女性なら「危険、危険! やめなさい」と思うと同時に、「誰かにやらされているのかな? 何かの撮影? 企画?」とも思います。中年の女性であれば「どうした? どうした?」と頭を疑うかもしれません。

今回のメイク騒動に関しても、同じように、「年齢や男女差(ジェンダー)、個人の状況に対する言葉にしづらいなにかモヤモヤとしたもの」を多くの人が感じたから、特に若い女性が敏感に反論し、そしてこれだけ論争になったのではないでしょうか。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


,
  • 関連記事はありません