それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2016.12.17

認可外保育所の調査 13%の地域も!ちゃんと見学しておこう【保育園選び】


79380a9b479d8234bfb123d8630ba6b9_m

保育所選びは安全1番

まもなく来年度4月時の入園申し込みの締め切りが近づいてきます。認可保育園に入れたい気持ちは山々でしょうが、地域によっては狭き門。競争が激しい地域に住むママに聞くと、倍率が100倍を超えるような保育園もあるようです。

さて、「保育施設選び、必ず見学 安全対策など確認を」というニュースが12月7日、北海道新聞より報じられました。

記事によると……

「保育園を考える親の会」(東京)の普光院(ふこういん)亜紀代表は「最近、保育施設で事故が相次いでいるのが気になる」と語る。認可外保育園では、3、4月に東京と大阪でうつぶせ寝にしていた赤ちゃんが昼寝中に突然死、10月には神奈川で保育士が男児に暴行を加えて死亡させたとみられる事件も起きた。今月も福岡市の認可保育園で1歳7カ月の男児が敷地内の排水溝に落ちて溺れ、意識不明の重体になる事故があったばかりだ。

普光院代表は「見学時に昼寝の時間帯の安全対策などについて施設側に聞いてほしい。返答があいまいだったり、何も考えていないようなら、その施設は危険だと思った方がいい」と指摘。「何を重視すべきか迷うが、保護者がじっくり施設内を見学して、直感で判断することも大切です」と小田教授と同じく、施設見学の重要性を説いている。

とのこと。

保育施設の実態調査、わずか13%しか行っていない自治体も!!

2ba759b85e479c2cdb08894e3a9e4b82_m

そして、この記事の2日前の12月5日には、「認可外保育立ち入り、東京わずか13% 行政監督に格差」というニュースが12月5日に朝日新聞より報じられています。「認可外立入り」というのは、認可外保育施設に自治体が立ち入って、保育者の人数、保育室の設備や面積、非常口など保育の実態を調査するものです。

こちらは横浜市のものですが、どの自治体でもこのような基準のもと、保育施設をチェックすることが原則となっています。

認可外保育施設指導監督基準

しかし、朝日新聞によると、東京都が調査しているのは下記の通り

■ベビーホテル

520施設中118施設(23%)

■認証保育所を除くその他の認可外保育施設

175施設中21施設(12%)

■事業所内保育所

358施設中1施設(0%)

という結果になっています。

東京都がもっとも少なく、実施率には大きなばらつきがあるようです。

埼玉県のように95%調査しているところもありますが、神奈川、愛知、兵庫も実施率は50%を切っており、きちんと立入り調査がされている施設のほうが少ないということです。見学をしたからといって、その保育園に入れるというわけではありません。

また、見学をするのは、電話をして予約をいれて、その時間にあわせて出かけ、ちょっとした面談もする……というように手間も時間もかかります。しかし、ホームページやネットの口コミは当てになりません。

今回、チェックするにあたって、どんなところを見るとよいのか調べてみました。

分かりやすくまとめられていたのは次のとおり。ぜひ、参考にしてみてください。

保育園を考える親の会「保育園選びのチェックポイント」

厚生労働省「よい保育施設の選び方十か条」

そして、最後に…

見学をした時にあまりにもひどかった、対応がおかしかったという場合は、しかるべきところに相談にいくべきかもしれません。その場合、役所の保育課、第三者委員、児童相談所が主な窓口となります。各施設の第三者委員は、役所などで調べることができます。

忙しいなか大変ではありますが、足を運んで、目で見て感じないと分からないことっていっぱいあります。私は取材を多くしているタイプのライターですが、やはり取材をするたびに、「きてよかった」「実際会って話を聞かないと分からなかった」ということが多くあります。

大切な我が子を預けるところなので、よくよく見学をして決めたいものですね。

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, ,