それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2017.01.21

2月2日は何の日か知ってますか? 答えは〇〇に感謝する日!


e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_m

2月2日は何の日? 答えは夫婦感謝の日

365日、毎日なんかしらの記念日があります。

ちなみにこの原稿を書いている今日、1月19日は、「いい空気」の語呂合わせで「空気清浄機」の日がひとつ。それから、1と19で「119」となることから「家庭消化器点検の日」となっています。ちなみに「119」の日は消防庁が定めた11月9日です。

さて、「夫婦感謝の日知ってる? 姫路の法人が20年提唱」というタイトルのニュース記事が神戸新聞NEXTより報じられたのは1月12日のこと。もう冒頭で答えを言ってしまったのですが、夫婦感謝の日は2月2日。11月22日が「いい夫婦の日」として広まっているのに対して、認知度は低いですが、1998年から「夫婦感謝の日」として各地で様々なイベントなどが行われています。

ニュース記事によると、この「夫婦感謝の日」を提唱しているのは、兵庫県姫路市のNPO法人「コムサロン21」など。播磨地域を「夫婦円満のまち」として広める活動を行っており、20年目にあたる今年は、縁結びの「相生の松」で知られる高砂神社(高砂市高砂町)で午前11時から、神事「夫婦和合長寿特別祈願祭」を実施します。他にも、落語の寄席、食事、コンサートを楽しめるパーティーや婚活イベントも開催されます。

夫婦感謝の日のの特別祈願の申し込みは高砂神社のホームページから申し込めます。

働く夫と専業主婦VS共働き、どっちが円満?

90a8c31b2059157a30c12d889aca5592_m

さて、BRAVA読者のみなさんは基本的に共働き世帯。日々、協力しあいながら家庭を運営しているのではないでしょうか。

でも、「働く夫と専業主婦家庭」と「共働き家庭」って一体どっちがより円満なのでしょうね。実際気になるところです。そこで、調べてみたところ、ありました、ありました。コレに関するアンケートリサーチが。

スパークス・アセット・マネジメントが行った夫婦円満リサーチで円満度を100点満点中何点かを聞いたところ・・・

1位⇒80点台(22.4%)

2位⇒「50点未満」および「50点台」(16.6%)

となっていました。

そして、円満度の平均点は全体で66点。

100点をつけた割合がもっとも多いのは20代で16.0%。新婚ホヤホヤの夫婦が多いからでしょう。微笑ましいですね。

さて、夫婦の就労状況別に円満度の平均点をみてみると…

夫婦共にバリバリ働く扶養範囲外の共働き夫婦⇒63点

夫が稼ぎ頭で妻は扶養範囲内の共働き夫婦⇒65点

夫が大黒柱で妻は専業主婦の片働き夫婦⇒67点

(※ 妻が稼ぎ頭で夫は扶養範囲内、妻が大黒柱で夫は専業主夫のケースもあるかと思います)

となっていました。詳しい統計はコチラから。

この統計に関しては、夫婦共働きがあたりまえになった我々世代より上も含まれているため、「共働き」という概念自体が世代ごとに異なってきそうです。

とはいえ、この統計を見てみると、大半が仲良し夫婦。子育てをしていく上では、夫婦仲はやはり大切なものですね。

というわけで、まもなく2月2日。パートナーに感謝の気持ちを伝えて夫婦仲を深めてみませんか!?

 

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, ,