それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2017.03.24

知育ってなに? 今話題の知育玩具○○で子供と遊んでみた!


da0e89edcfcd8d98738ba9a42c5a58bd_m
子供のおもちゃを買いに行くと、お店には「知育にいい!」「今話題の知育玩具!」などのキャッチフレーズがついた玩具がたくさん並んでいますよね。そもそも知育玩具ってなぜいいのか・・・よくわからないまま、購入されているかたも多いのではないでしょうか。そこで今回は知育や知育玩具って子どもにとってなにがいいの?をお伝えしつつ、いま話題の知育玩具で子どもと一緒に遊んでみたので、その体験談をご紹介します。

そもそも知育ってなに?知育玩具ってどんなもの?

3e03a171279dc3fea513fc5f7647c90e_m
「知育」という言葉を辞書で調べてみると“知能を伸ばす教育”(三省堂国語辞典より)と書いてあります。簡単に言うと、物事を考えたり判断したりする脳の働きや精神能力を伸ばすこと。また、知能を伸ばすだけではなく子供の好奇心や「なんでこうなるの?」という疑問を解決しようとする力も向上させる教育も知育という言葉のなかには含まれています。

そこでうまれたのが、遊びながら子どもの知能を伸ばすことができる「知育玩具」です。代表的なものとして「積み木」「ブロック」「おままごと」「パズル」などがあげられますね。乳児・幼児期はおもちゃをつかんだり、並べたり、たおしたりすることで、脳の5感が刺激され発育していき、おもちゃをうまく扱える年齢になると自分でイメージしたものを作りあげるという創造力を伸ばしてくれるようです。だから、みんな「知育玩具」に興味があるんですね!

話題の知育玩具で遊んでみた!

mini
いろいろな知育玩具が発売されているなかで、どれを選んだほうがいいのか迷っているかたもいると思います。そこで、最近話題のさまざまな知育要素を含んだおもちゃがあるとのことでさっそく遊んでみました!

みなさんはいまテレビや雑誌で特集されている「ヌリー」というおもちゃを知っていますか?
子どもたちが大好きな遊びパズル、ぬり絵、おままごとを同時に体験できる知育玩具です。日本初で、3歳くらいから始められます。
紙でできたパーツを組み合わせて家やお城、ロケットを作っていき組み立てたものに子どもたちが好きなように色付け(塗り絵)ができます!
分解されたパーツをパズルのように組み立て、完成した家やお城に好きな色を塗る作業のなかで、指先を上手に動かしたり、「どんな色を塗ろう?」と考えたり、子どもの創造力も刺激され知能的発達を促すそう。そして、完成したものでおままごともできるなど、ヌリーは1つで様々な遊びができる優秀な教育型の玩具なのです。

さっそく作ってみよう!のりは不要で組み立てOK

まずは箱から、組み立てパーツを取り出します。色んな種類がありますが、我が家では一番小さいサイズの【mini Rocket】を作成することに。ヌリーは、紙で出来ていて、のりなしで組み立て可能です。のりを使うとどうしても机の上が汚れたり手がベトベトしたりするので、ママにとってもありがたいですね!
子どもたちも「これは何に使う?」「ここに繋げるの?」と試行錯誤しながら組み立てています。

IMG_1018

IMG_1036

組み立てにはちゃんと説明書がついているので、簡単かとおもいきや、子どもだけで立体パズルを組み立てるのはなかなか難しいようです。
しかし、それもこのおもちゃのいいところ!親も参加し1つの作品を作ることで親子のコミュニケーションがとれるというわけです。
IMG_1062

ロケットの中も詳細に表現されていて細かい作りになっています。穴からのぞいてみます。
IMG_1125

組み立て完成!色塗りをスタート

ある程度完成したら次は色を塗っていきます。
我が家の子ども達は、お絵かきや塗り絵が大好きなのでハマるのではないかと期待大。
子どもって描いた絵を「ママ見て〜、パパ見て〜」と親に見せてきますよね。テーブルや壁など描いてはいけない場所に子どもが落書きしてしまうという話もよく聞きますが、これって親に見てもらいたいから、あえて目の付きやすいところに落書きするそうです。
ヌリーなら自分たちで組み立てて色を塗った作品をいつも親の目の届くところに置いておける・・・子どもの心をとっても理解しているおもちゃですね。

そんなわけでさっそく塗り絵をスタート!

塗り絵用水性ペンとクレヨンも付属でついてきます。
IMG_1119

4歳の息子が最初に塗った場所は、階段の数字。好きな青色を選びましたが、まだまだ上手に塗れずぐちゃぐちゃです(笑)。
IMG_1121

6歳の娘は、点から塗っています。細かい作業が好きなようです。

IMG_1123

ロケットの中にあたるパーツもしっかり塗っていきます。
IMG_1128

息子は興奮したのか、机で塗らず床に置いて塗っています。彼が興味があるのはやはり丸の部分です。なぜでしょう、子どもは○がすきなんですかね。塗りやすいからでしょうか。

IMG_1173 (1)
私も童心に戻りつい夢中になって子どもと一緒に色塗りをしました。

IMG_6091

休日の夕方から遊び始めたので、あっという間に時間は経ち、お風呂タイムになってしまいました。続きはお風呂上がりに。
パジャマ姿で失礼します。
IMG_1182
右側は私が塗ったところです。雑ですね。娘はひたすら○の外枠を塗っています。娘に「ママは○塗らないでね」といわれる始末。

遂に完成!世界で1つだけのおもちゃ

ロケット完成しました !
IMG_6107

ちなみに、この写真を撮った後も、毎日ちょっとずつ塗っているため、ロケットはどんどん進化しています。

今回は、【mini Rocket】でしたが、こんなに大きなラージハウスもあるようで、こちらはお値段が17,800円するのでお友達数人と遊ぶときや、幼稚園、保育園のイベントにいいかもしれません。
IMG_5978

もう少しお手軽に楽しみたいという方は、お城(4,980円)もあります。
こちらもなかなか細かい作りでプラモデル作りが好きなお父さんとかはまるんじゃないでしょうか?
IMG_6108

今回初めて挑戦した「ヌリー」。子どもたちは本当に夢中であっと言う間に時間が過ぎていました。これ、集中力もつくのでは?なんて思ってしまうほど。
3歳から小学生くらいまで幅広く遊べるし、親子で一緒に作ることもできるので、雨の日や病気でお家で過ごさなきゃいけないときにも活用できそうですね! 今度のお休みに遊んでみてはいかがでしょうか?

<今回遊んた商品情報>
【mini Rocket】ミニロケット 1,980円
ヌリー商品一覧から購入可能

参考サイト/nullie


, , , , , ,