それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2017.05.28

業者の破産で給食が急にストップ!?一体どうなってしまうの?


imasia_15025604_M

給食業者が破産するとどうなる?

給食問題というと、保護者による給食費滞納が昨今よく問題視されています。しかし、今回起きたのは、給食業者の破産。5月21日に産経新聞WESTより報じられた「園児らの給食2千食分が不足、調理会社破綻で提供できず 愛知・豊田市」というニュースで、豊田市内の保育園や幼稚園、計14園で5月23日以降、給食が提供できなくなるとの発表が報じられました。理由は、給食調理を委託している給食調理会社「豊田食品」が破産手続きに入ったため。提供されなくなった給食は1日で約2,000食。3週間程度で新しい業者を選定し、給食を再開したいとしていいますが、それまでの間、園児にはおかずのお弁当を持参してもらい、ご飯やパンの主食は市で提供することになっているそうです。

それにしても、働くママにとって、毎日のお弁当作りは大変。保育園の場合はおやつの他、園によっては夕食や朝おやつを提供するところもあるでしょう。その辺りは一体どうなっているんだろう? と疑問になってしまいます。
翌日の5月23日には、「豊田市14園給食中止 破産業者、大口顧客失い経営悪化」というニュースが、中日新聞より報じられました。

一体なぜ、給食調理会社が破産してしまったのかというと、取引先の自動車関連企業の社員食堂への納入を断られるなどして経営が悪化し、「売り上げが減って、にっちもさっちもいかなくなった」ことが原因でした。

ネット上の声は?

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s

給食調理会社の破産によって、急きょ給食がストップしてしまうことに、どんな思いを持っているのでしょうか。ネット上の声を拾ってみました。

お弁当も悪くないよ。幼稚園の時の母が毎日作ってくれたお弁当が、年取ってからじわじわと身に染みて来るんだよな・・・

大変やけど、お弁当のほうが食材選べるし安全安心やで!

なんてすっとぼけたことを言っている人もいましたが、ほとんどが給食調理会社に対して同情的な意見。

野菜が高騰してるのに市はけちれケチレ言ったんじゃないの?
私の知り合いは栄養士で大変って言ってた。季節のものとか、イベント系にはケーキとかいるし。値段は安いのに全部の食材は国産の指定
決められた予算では本当にキツいらしいよ。もっと無駄使いしてるところあるのだから、食育とか言うのなら高騰したぶんの補助金を出してやれよって思う。

 

地元の小売店などが入札制度でギリギリまで切り詰められた値段で給食の食材を納め、必死に生活している現状を知ってほしい。もう少し地元の小売店を大切にしてあげようよ。

 

競争原理と無理を押し付けるのは違う。

と下請け業者に負担を押し付けられている状況についても、声を上げている人が目立ちました。

また、特に民間委託が増えたことに対して、意見を述べている人も多くいました。

何でも民間委託にしなおかつ安い金額で押しつける。全国で給食に限らず行われていること、国民の皆さんこれじゃ民間企業は儲からないし安定したサービスは受けられないことを知るべきです。ブラックとか言っていますがあなた方も荷担しているんですよ。

 

社会福祉に関する事業は民間にすべきではない。

 

ところで、今回の件は、民間委託ですが、保育園なども民営化がスタートして久しくなっています。民営化が始まったのは、小泉純一郎内閣時代。「聖域なき構造改革」によって公営サービスの民営化が進められてきました。おそらく、小泉純一郎内閣時代以前には、談合やら癒着やらあって、「透明化」を望んでいた市民が多くいたのも事実でしょう。「民」に託すことで、税金のコストカットにもなった部分もありました。

同時に、自由競争も始まり、値下げ競争も始まった部分もありました。

公共機関などが外部業者に事業を委託する際には、よい条件で契約できるように「入札制度」を用いています。今回倒産してしまった豊田食品はどのような入札方法で受託したのか分かりませんが、公共機関などから長期間の仕事が入ると企業としては非常に安定します。豊田食品も、その安定収入を狙い、そこをベースにして経営を行っていたのでしょう。しかし、それが失敗してしまった。倒産は、下請け業者に無理を押し付けた結果だと擁護する人も多いですが、無理を押し付けられてでも安定した収入を1本もっていきたいと判断した経営方針もあるはずです。

とはいえ、あまりにも値切られた状態で仕事を続けていくのは、真綿で首を絞めるようなもの。いずれ苦しくなる事間違いナシ。

また、今回のように大口との取引がまさか急きょ激減する……なんてことが起きたときに、利ざやの少ない仕事がメインだとしたら舵取りしにくくなることもあるでしょう。

「保育園に通わせるのがあたり前」「給食を食べられるのがあたり前」の裏には、無理を引き受けている人たちいる。福祉だと思っている制度の裏には自由競争があり、その上で私たちの生活がなりたっている……というリスクをもっていることに改めて気づいた事件となりました。

引用参考/一部保育・幼稚園の給食中止に豊田市は?(CBCテレビ)コメント欄

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , ,