それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2017.05.31

子どもが20歳になるまでママは「1000回反省」する!?でも、その反省が【無駄ではない】理由って?


9587ac67641468a1c13d2c1fced5ca6c_m
いわゆる成人となるのが「わが子が20歳になった時」ですね。それで子育てが終わるわけではないのですが、ともかく20歳をひとつの区切りと考えてみましょう。

振り返ってみると、私はたぶん「週に1度はわが子にブチ切れてて」小さな事から大きな事まで様々ですが、怒り、落ち込み、ひどく反省し後悔していたように思います。それってつまり……

ママは1000回は落胆し後悔し反省する「それが子育て」

839a6a6e48f5c0ce0c52da007198b2ac_m

単純計算です。

365日×20年=7,300日

おおおお。私たち、わが子を成人させるまで7300日も日々闘うのですよ。

「片言のわが子が『ママ〜!』と突進してきたのにふりほどいて拒絶した」
「自分のイライラのせいで、たいして悪い事もしていない子どもに八つ当たりした」
「深い理由もないのに、一瞬子どもが可愛くないと思った」
「仕事がうまくいかないのは、この子のせいだ、と思った瞬間がある」

……認めたくないような事もあるけど、でも、イヤな、重い気持ちが一瞬でも芽生えるのは、母にはきっとあるんです。

そんな事が例えば「たった」週に1度だとしても

7300÷7=1042回

ですよ! やれやれ、1000回も怒鳴ったり、ムッとして無言になったり、子どもが脱いだ服を蹴っ飛ばしてみたり。そうしてしばらくして「また、やっちゃった」と反省しきり、が続くのです。

恐ろしい回数ですね。他人事のように言うとすれば、「よくもまぁ、そんなに怒れるものだ」と思ったりもします。人間100回も怒って、その後に反省するのなら「101回目は、いい加減学ぶだろう」とも思ったりします。それが1000回ですから。

が、学んだ通りに実践できないのが「子育て」です。

ダメ親すぎる私は日々後悔するしかなかった

c6cb8aea953748107cc733b591dfdcc1_m

1000回子どもを怒ったら、1000回分子どもは「成長する」のでしょうか。

残念ながら違うようです。怒り方というのは、「こうすべき」という指南が山ほどありますね。私なんて「いい子に育たない親のNG言動5つ」とか言うのがあれば、その5つ全てにあてはまるタイプです。

つまり

・モノで釣る(すぐに「○○やったら、××買ってあげるからさ~」と言う)
・昨日はダメと言ったのに「今日は休みだし、ママも飲んじゃって気分いいし」ま、いっかと許す(多くはゲームの時間)
・疲れていると、ただチラっと親を見た子どもに対して「なに?何か言いたいことある?」と言いがかりをつける
・反抗的な子どもに対して、子どもが大事にしている玩具を手にして「これ捨てちゃうからね!」と脅す
・「もういいよ」と言った子どもに「何がいいのよ?え?何がいいわけ?言ってごらん!!!」迫りまくる

あああ、書いているだけでも反省の渦です。ダメ親の最もわかりやすい例を出しているようですが、すべてコレ、私です。だいたい1000回も怒っておきながら、本当に子どもが成長するのに必要であった「躾」はどれくらいだったのでしょう。正しく導くための「お説教」「叱り方」が出来たのは、きっとほんの数回しかなかったように思います。

誰にもわからない「母の後悔」その日々とは

9aa7289a0d12556d29ce1d87547af0e9_m

あまり正しくもない、ヒステリーじみた怒り方に何度も反省しながら、今、成人をすぎ社会人となった長男を見てしみじみと思います。

子どもはちゃんと育ちます。

仕事をしている為に子どもに淋しい思いをさせている。
忙しくて構ってやれない。
本当は子どもとたっぷり遊んであげたいのに。

八つ当たりに近い怒り方をした後で、次に母親を包み込むのがこうした慚愧(ざんき)の念、ですね。仕事をしているが為に「こんな怒り方をしてしまうんだ」、「わが子が可哀想で負い目を感じてしまうんだ」「キラキラと輝いてる他のママたち、でも私は全然ダメだ」……でも、どうでしょうか。

親になったら、後悔しない日はほとんどありません。
今日は1日怒鳴らず、優しいママだったなんていう日は数えるほどしかなかったでしょう。

だって、怒るような事をこれまた子どもというのは、やるのが仕事みたいなもんですから。

ワーママであろうが、専業主婦であろうが、シングルだろうが大家族であろうが、お母さんは怒っては後悔し、反省した次の瞬間には怒るものなんです。

1000回の後悔は、子どもを成長させているのではなく、自分を支えているんですよ。「ああ、今日もやっちゃった」と思えるのは、本当はまだ小さな余裕が残っているから、です。こんな母親になりたいという理想を捨ててはいないからです。そうなれなかったとしても、なれないからこその後悔なんです!

「やりきってる」キラキラワーママに嫉妬する日々も

a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_m

どうでもいい、わが子に対して「投げやり」になったとしたら。いえ、いっそ、投げやりになれたならラクかもしれません。でも、なれない。なれないから、後悔するんです。後から激しく落ち込み、なんで教科書通りにできないのだろうかと悩み、自分だけがこんな母親なのだろうか、仕事をしながら東大に入れている親だっているのに! キャリアで成果を出し高い年収を得て、しかも3人の子どもを育てているママだっているし!

私がどれほ「やりきってる」ママに対して嫉妬を感じ、その嫉妬を持った自分に向かって

「……わたしって小さい」

いったい何度、ベッドの中ですっかり落ち込みながら「とにかく明日も仕事で早いんだから寝なくちゃ」と思ったか、それは私の夫でさえわからない事です。

1100回目に来るかもしれない「母である幸せ」を求めて

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_m

誰にもわからない。

それが母親の毎日毎日感じる「小さな後悔」です。私が経験した後悔と、あなたの後悔はきっと違います。だから、もし私があなたの隣にいて話を聞いたとしても、本当にあなたの気持ちがわかるわけではないのでしょう。

それでも。

1000回の後悔をしている母は、1001回目ではないかもしれないけれど、1010回目に、1100回目に、ある時いつか

「わたし、もしかしたらわが子をウマく育てたかも?」

突然、すべてが前向きに思える日がきます。それはきっと、子どもの成人式だったり、無事社会人になった時だったり、もっと遅いかもしれないけど、とにかく子どもがあなたの側を離れ、あなたが整えてきた温かい家から飛び立ち、彼らなりの生活を彼らなりに確立した時です。

あなたの1000回の後悔は、絶対にムダではありません。

後悔は、あなたがそれでも「こんな母でありたい」と思っている前向きな気持ちがあるからこそ生じるものなんです。理想の母になろうともがくあなたの姿を、子どもはずっと見ているんです。もがいている苦労や辛さを子どもが理解するのは、ずっと先です。今ではありません。残念ながら。

でも。どうか、落ち込みながら、後悔しながら、1000回もの「やりきれない気持ち」を抱えながら、それでも歩んでいきましょう。

エラそうに書いてる私はあなたを全く知りません。それでも私は「大丈夫なんだよ」って、あなたを応援したい。先輩ママとして、私が伝えられる事はただそれだけだから、です。

大橋 礼

大橋 礼

年の差15歳兄弟の母。DTP会社勤務後、フリーで恋愛・料理・育児コンテンツを執筆中。今や社会人長男のママ仲間とは「姑と呼ばれる日」に戦々恐々しつつ、次男の小学校では若いママ友とPTAも参戦中。飲めば壮快・読めばご機嫌!本とお酒があればよし。


, , , , ,