それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2017.10.28

周辺ママが証言!【PTA不倫の特徴】、ママたちに透けて見える「本当の欲望」とは?


6998afa5cf50d42d654e3b2fbffdda76_m
BRAVA夜の部、先日「【経験のある男女に直撃!】誰と?きっかけは?「PTA不倫」の実態」という記事を公開しましたが、今回はもうちょっと掘り下げてみました。PTA不倫の現場を見たママたちが思ったことは? その向こうに透けて見える、本当の欲望とは・・・。

若いママはお姫様扱いで「自ら不倫相手を選んでた」

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_m

ママ友と飲んで帰り道でした。あれ、と思ったらPTA会長と女性役員のふたり、手をつないでよろけながら歩いてました・・・。夜中だろうがご近所地元で、よくあんなコトできるなーとビックリするやら呆れるやら。

一緒にいたママ友が写メしようとしてたから、さすがに止めましたけど。あんなの拡散したら、小学校の評判自体が落ちるじゃないですか。

「ちょっと若くて可愛いからって、彼女、お父さん役員の間でお姫さま扱いされて、勘違いしてんのよ」ってママ友が言ってました。小学校のママは年齢層も幅広い。まぁパパたちからしたら、集まりの時には若くてちょっときれいなママがいたら、持ち上げもするでしょう。でも「その程度で?」って話なんだけど。

あるパパは「こんなキレイなママと一緒でよかったな~」と言っておけば、なんでも頼み事聞いてくれるから便利なんだよ、と言ってました。でも、実際にこのママにちょっかいだしているパパもいたりして、その中でこのママが自ら選んで「誘惑したのが歯医者でP会長している男性」なんだとか。

どこまで本当かわかりませんが、とにかく二人が普通の関係でないのだけは、実際に見ただけにわかります。ばっかじゃないの、と思いつつ、この先どう収拾させていくのだろうとやじ馬根性で興味津々だったりもしてますが。ワイドショーだって不倫ネタばかりだけど、やっぱりそれだけ興味引くんだなーと実感しちゃってます。(Tさん/45歳/14歳・11歳子ども)

離婚・再婚「不倫を貫いた」伝説スキャンダルを目撃

22076ca7dbf0b0b698dee35de06bbfbf_m

PTAの飲み会に初めて参加した時、驚きました。だって酔っ払って、他のパパにしなだれかかるとか、若い男性教師にお酒つぎながらピッタリはりついているママとか本当にいるんですよ。

そういう人たちと離れたところで、別のママ軍団がチラ見しながら飲んでます。で、「○さんと○さん、デキてるよね」みたいな会話。これはこれでなんだかとても不健康というか、なんなんだ、この飲み会は!と愕然としました。

しばらくたって1つ先の駅に出来た、けっこう話題になっているワインバーに行きました。お値段も高いし、どちらかといえばデートスポット。私は会社の後輩の子に「彼氏を誘う前に偵察いきましょー」と誘われたんですけども。

そこで「噂のふたり」を発見!

いやービックリしました。もう完全にデート状態。ママの方は「うっとり」で、パパの方も「まんざらでもない」感じ。確かにファミリーが来るような店ではありませんが、それならいっそ銀座とか六本木とか行けばいいのに・・・。

チラ見していたら、後輩の子が気づいたけど、驚いたのは彼女が「あれ~、不倫っすか~」って見ただけでわかってしまったこと。なんででしょうね、醸し出す雰囲気があるんでしょうか。まぁ夫婦だったら、あそこまでイチャイチャしないとは思いますけど。肩を抱いたり、頭をなでてあげたり、若いカップルなら微笑ましいけど「いったい、どうなのよ」と思いました。

周囲から変な風に見られている自覚はないのがPTA不倫の特徴なのかも。でも、もっと驚いたのが、このふたり、結局最後はそれぞれ離婚して、再婚したんです。つまり不倫を貫いたんですよ。

私たちは親目線ですから、子どもの事を考えると「身勝手」だと思う。でも後輩女子は「そこまでいけば、愛を取るというか本気の相手と出会ってしまった不幸、みたいな感じでしょうがないんじゃないですか」と・・・。

ちなみに離婚から再婚まで、どれだけ揉めて、どれだけみんなの話題になったか。まさに今も語り継がれる「地元スキャンダル」になってます。だけど懲りない面々というのでしょうか、それでも相変わらず、打ち上げだ懇親会だと集まっては、パパママの噂は後を絶ちません(Nさん/39歳/14歳・9歳子ども)

PTA不倫の向こう側にある「よろめきたい主婦たち」

9a3cce3fea591d823cb963d32368dbde_m

どうしてこうもまぁ、無防備なんでしょうね。普通(というのも変ですが)不倫というのは「うしろめたい」もので、だから人に隠れて行うものだし、バレないようにするものです。

ところがPTA不倫では、多くの場合「本当に隠しているのか」疑問を持つような行為を取るペアが多い。高をくくっているのか、恋愛の勘が鈍っているのか、「さりげなくしているけど」周囲はもう「あの二人はデキている」と完全に見透かしている。あるいは「もはや開き直っているとしか思えない」「バレていいと思っているっぽい」そんな雰囲気らしいんですね。

でも・・・実はこの「私は見た」体験談、続きがあるんです。

「パパたちの間で大事にされたり、お酒を奢ってもらったりしている若いママ見ると、いいなぁと羨ましく思ってる自分もいる」

 

「子どもがいるから絶対に不倫は良くないと思ってるけど、妄想するだけならいいかも、と思うことはある」

だからこそ、PTA不倫は周囲のママたちの反感を買うんですよ! ズバリ、不倫を「倫理観で良くない」と思うからだけじゃない。子どもの存在を考えて不快感を感じているだけでもない。密かな妄想だけで満足しているのに、目の前で不倫という行為を見せつける(つもりはないのでしょうが)ふたり。怒りが増すのも当然といえば当然かも。

「よろめきたい」欲望の火だねをどこかに抱えているからこそ、決して認めなくても羨ましい思いが、嫉妬に近い感情がわいてくる。

そうなんです。主婦が一時期、甘い韓流ドラマがドツボにハマったように、「昼顔」「不機嫌な果実」といった不倫ドラマが人気をよぶように、普通の主婦だからこそ「密かに憧れる」もの。

〝もしも〟と自分に置き換えて考えた時、思わぬときめきを覚えながらドラマを見る。でも、それが実際に、ごく身近にそんな存在が出現したら? 誰かの夫、ましてや学校で知り合うパパなんてあり得ない? たぶん、不倫を肯定する人はごくわずかなはず。それでも・・・

あなたは不倫を絶対にしないと言い切れる自信、ありますか?


, , , ,