それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.06.16

「私もわからない!」子どもからの勉強の質問、さぁどうする?


仕事に家事に目の回るような忙しい毎日、子どもの勉強なんてほぼノータッチだったある日、小学校2年だった息子に「ママ、ここ教えて」と算数の文章題を見せられ、問題文を理解するまでにかなり時間がかかってしまいました。保育園や1年生の頃の質問なんて可愛いもので、なにを聞かれても答えられたのに…なんて思っていたら、追い打ちをかけるように「ママ、分かんないの?」と不審顔の息子。あのときは本当に変な汗が出ました(笑

昔はちゃんとできたのに、すっかり大人になって忘れてしまった

昔はちゃんとできたのに、すっかり忘れてしまった

これからどんどん学年が上がって勉強も難しくなっていく。このままだと聞かれたって答えられるわけがない。親の威厳失墜の危機か!? 昔はできたのに、今はできない…ここは私も学力をつけねば! さて、私が始めたことは?

スキマ時間にPCで気軽にできる学習ドリル

大人になってからは、3桁の数字は暗算ではなく計算機を使うように

大人になってからは、3桁の数字くらいから暗算ではなく計算機を使うように

とにかく昔から算数に苦手意識があり、足し算引き算すらスマホの計算機能で済ませるほど。大人になってからやらずに済む幸せを味わいまくっていたのに、また向き合うことに…でも、ググっているうちにこんな面白いサイトに行き着き、会社の昼休みにちょこちょこやっていました。

Yahooキッズ学習
未就学児~中学生向け。教科ごとに、『成績アップ5分ドリル』などPCで学習できるコンテンツが豊富。動画で講義もしてくれるので、大人も楽しめます!

ちびむすドリル 
小学生~中学生向け。メモ用紙が必要ですが、とても見やすいページ構成になっているので、楽しく進められます。たまにプリントアウトして、子どもと一緒にやったりしています。

ほんの10~20分程度のスキマ時間でできるし、やっているうちに、この歳になっても「ほうほう」と分かることが嬉しい。「今度聞かれたらこう答えてやるぞ!」なんて想像して、ひとりほくそ笑むことも(笑)今ではストレス解消のひとつになっています!

ゲーム感覚、ビジュアル学習!

改めて勉強すると新しい発見があって意外と面白い

改めて勉強すると新しい発見があって意外と面白い

小学校2~3年から少しずつ地図の勉強も始まります。算数に加えて、日本地図も大の苦手な私…恥ずかしながら、いまだに全都道府県名・県庁所在地名も怪しい状態です。まして、世界の国名・首都名なんてもうお手上げ
そんな私でも、パズル感覚でできる地図当てアプリを始めてから、覚えるのが快感になるほどハマってしまいました。やはり大人だって子どもと同じ、ゲーム好きなんですね(笑)スマホでも簡単にできるので、かなりオススメです!

あそんでまなべる日本地図パズル

指でスライドしてはめ込むゲーム。シンプルだからやり方がわかりやすいし、大人がやっても楽しい! 都道府県しっかり覚えられそうです。
あそんでまなべる世界地図パズル

ジグソーパズル感覚で世界の国を覚えることができるゲーム。地理が不得意な筆者も、楽しく遊びながら覚えられました。

このくらい知ってて当たり前だろうという常識が意外と抜け落ちているワーママも多いのでは。筆者もそうでした。小学生レベルの学習でも、実は「聞きたくても今さら恥ずかしくて聞けなかった」ことがたくさん学べちゃうのです。

ママが学べば子も自然と学ぶ!

ママ

ママと一緒に勉強できれば子どももよりやる気がでそうですね

自分の子どもが小学校にあがったらどういう勉強をするのか、ちょっと知った上で自分もPCやスマホでちょこちょこ学ぶ。ワーママの小学校時代と、今の子どもたちの学習方法や問題の解き方もだいぶ変わってきています。

たとえば算数では、
昔)15+27の計算は普通に繰り上げも含めて42と答えを出す。

今)まず10の位のみ10+20=30とした後で、次に1の位を5+7=12と計算。最後にそれを合計して30+12=42とする。

という難しい繰り上げをしなくてすむ解き方も教えているそうです。

ママも子ども時代とは違う感覚で学べますし、「今どんな勉強してるの?」「あー、あれってこういうところが難しいよねえ」なんて親子の会話も増えそうですよね。そして、お互い「勉強は難しいけど、分かると楽しい、だから頑張ってみよう!」という連帯感も生まれそう。子どもも自然と勉強好きになってくれるかも!
忙しい毎日でも、学ぶことってやっぱり楽しいと思うのです。ぜひ「スキマ時間のちょこっと学習」始めてみては!
ちなみに、漢字が得意な息子に対抗して、今年は漢検を受けてみようと思っている筆者なのでした。

田崎美穂子

, , , , , ,