それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.08.16

【北海道】キッズケアを利用して、ママもフリータイムを堪能!


プティクラブの様子。おもちゃも絵本もたくさん!

プティクラブの様子。おもちゃも絵本もたくさん!

2歳の息子とふたりで訪れた「クラブメッド北海道」。実は、一番楽しみにしていたのはキッズケアでした。

クラブメッドはキッズケアにとても力を入れていて、専門のG.O(ジーオー、ジェントル・オーガナイザーの略。クラブメッドで働くスタッフのこと)が手厚くケアをしてくれるんです。

4歳以上はミニクラブ、2・3歳はプティクラブへ!

ブロック遊びに夢中。お絵描きも楽しんだよう

ブロック遊びに夢中。お絵描きも楽しんだよう

まずはその仕組みと種類について詳しくご紹介。

ミニクラブは、4歳以上のキッズをG.Oが預かり、子どもたちの年齢に合わせたプログラムを提供してくれるもの。クラブメッド独自のシステム、プレミアム オールインクルーシブにミニクラブも含まれているので、追加料金はナシ

事前予約も必要なく、当日朝8時半にミニクラブ前で受付するだけです。一方でプティクラブは2・3歳向け。専門G.Oがしっかりケアしてくれるのは同じですが、こちらは追加料金がかかります。半日(8時半〜12時半)で3,250円、1日(8時半〜17時)で6,500円。どちらも保育園のようなイメージです。

旅行に来てまで預けるなんて、どうなの?」と思うワーママもいるかもしれません。

私も、クラブメッドに来るまでは正直なところそういう思いも少しありました。確かに旅先で子どもと一緒に過ごす時間も大切。でも、普段の休日も「朝から晩まで丸1日、子どもと一緒にいると平日より疲れる……」と感じたことありませんか? 旅先でもベッタリ、では子どものお世話で1日が潰れてしまい、ママの息抜きにはなりませんよね。

プティクラブにいるほうが、子どもも楽しそう

少し心配になり、部屋をのぞき見

少し心配になり、部屋をのぞき見

私の息子は3泊4日の滞在のうち、1日半プティクラブのお世話になりました。

最初に預ける時、泣いちゃうかな?と思ったのですが、杞憂に終わりました。プティクラブのお部屋にある見たことのないおもちゃを逐一チェックするのに夢中だったようです。

同じ日にプティクラブに入っていた2歳2ヶ月の男の子(息子より1ヶ月遅い月齢)は泣いていましたが、しばらくするとケロッと泣き止み楽しく遊んでいたそうです。担当のG.Oにもすぐに慣れ、お散歩したり、ブロックで遊んだり、絵本を読んだり……。

「ママは〜?」と時おり聞いていたようですが、「もうすぐ来るよ〜」「後でお迎えくるよ〜」と言えば、安心してまた遊んでいたとのこと。少し心配で、プティクラブの部屋を覗いたりしたのですが楽しそうに過ごしていました。思ったよりも息子は強くなっていて、これも保育園のおかげですね。

見たことのないおもちゃに興奮ぎみ! 隠し撮りにも全く気付きません

見たことのないおもちゃに興奮ぎみ! 隠し撮りにも全く気付きません

4歳以上のミニクラブはもっともっと楽しそう!

プールに入ったり、バンジーバウンス(子ども向けの空中サーカス)をしたり……。現地で近い年齢の友達ができて、その後親同士も仲良くなったりすることもよくあるようです。

プティクラブ、ミニクラブでとてもうれしい点は、食事の面倒も見てくれること! 小さい子がいる食事タイムって、ママにとっては結構ストレス。

特にここクラブメッド北海道はプレミアム オールインクルーシブでアルコールも飲み放題。ゆっくりワインを楽しみたい……。そんな願いも、プティクラブに預けることで簡単に叶いました。ゆっくりワインを飲みながら食事できるなんて、いつぶりだろう!? 夕食は子どもをピックアップした後なので一緒に食べますが、ランチだけでも優雅に摂ることができて、母は大満足です

ひとりで優雅にランチワイン。独身時代に戻ったかのよう!

ひとりで優雅にランチワイン。独身時代に戻ったかのよう!

プティクラブにお願いする際は、着替えやおむつ(必要があれば)、水着、運動靴、帽子、日焼け止め、さらに母子手帳が必要ですのでお忘れなく。持ち物にはすべて名前を書いておかなければなりませんが、保育園に慣れているワーママさんならこのあたりは大丈夫ですね!

もちろん子どものことはもちろん好きだけど、せっかくの旅行だからママだって楽しみたい!と少しでも思った人にはぜひ利用をおすすめします。

佐藤望美

佐藤望美

エディター/ライター

≫このライターの記事を読む


, , , ,