仕事、妊娠、出産、子育て、夫婦関係…働くママの口コミ・共感メディア| BRAVA(ブラーバ)

2020.03.19

子どもが喜ぶ!我が家のアイディアおうち遊び5選



休園中はもちろん、悪天候ときの悩みは「子どもとの家での過ごし方」ではないでしょうか?いつもとはちょっと違う遊びを取り入れるだけでも、子どもは大喜びしてくれるもの。そこで今回は、6歳女児と2歳男児のいる我が家で人気のおうち遊びを5つご紹介します!

おうちで宝探しまたはスタンプラリー


宝探しは「室内のあちこちに宝を隠して見つける」というものです。
隠す宝は何でもOK!トミカやレゴなどのおもちゃでもいいですし、コップや星などを折り紙で作っても子どもは喜びます。

ポイントは「どこに隠すか」なのですが、布団、タンスの中、テーブルの下など、見つけやすい場所と見つけにくい場所にバランス良く隠すといいでしょう。

「ここは絶対に触っちゃダメ」という場所は、あらかじめシールやメモなどで分かりやすく目印をつけましょう。口頭での説明だけだと、ほぼ100%子どもは忘れてしまいます。

もし、おうちにスタンプがいくつかあるなら、スタンプラリーもおすすめです。
子どもはスタンプが押すのが大好きですよね。とはいえ、ただペタペタしていては、すぐに飽きてしまいがち。ちょっとした工夫をすることで、30分~1時間楽しめますよ。

スタンプラリーに必要なものと遊び方は次の通りです。

<必要なもの>
・少し厚めのボール紙(ダンボールでもOK)
・スタンプ(インク台が不要なスタンプとインクが一体になっているものが便利)

<遊び方>
1.ボール紙にスタンプの個数分の枠目を書く
2.スタンプを室内のあちこちに配置
3.ボール紙の余白または裏面に、スタンプを配置した場所が分かるようなヒントを書く
4.子どもにボール紙を渡し、スタンプラリー開始

子どももできそうな簡単な材料でお菓子作り


我が家では、時間と筆者の心に余裕がある時は、お菓子作りをするようにしています。
しかし、筆者は料理やお菓子作りが大の苦手なので、手の込んだものは作れません。
そこで活躍するのが、ホットケーキミックスです。「牛乳と卵を入れて混ぜるだけのホットケーキ」や「牛乳を入れて混ぜて伸ばして揚げるだけのドーナツ」率がとても高いです(笑)。

「もういい加減飽きるのでは?(特に6歳女児)」と思っているのですが、これが全然飽きる気配もなく。チョコペンや生クリーム(冷凍や冷蔵で売っていて、作成しなくてよいもの)さえ準備しておけば、勝手にやってくれるので助かります。

おうちでダンスパーティー


おうちでダンスパーティーは、「好きな曲を流して、好きに踊る」という単純なもの。
親の体力さえあれば、毎日でも実施したいところです。ダンスパーティーはケガ防止のため、始める前に部屋をキレイにしておく必要があります。

そのため我が家では、部屋が汚くなると「〇時からダンスパーティーを開催します!」と宣言して、子どもたちに片づけをさせます。

普段はブーブー文句を言いながら片づけを嫌がる子どもたちも、ダンスパーティーをしたいがために必死にお片づけ。たくさん踊って体力を消耗すると早く寝てくれるので、まさに一石二鳥です。

ダンスパーティーのときには、各自好きな服を着用するとさらにテンションアップ!
ダンスパーティーのときに流す曲は童謡からアニメソング、ポップスに洋楽と家族の好みで選びます。「ママ、この歌のどこが好きなの?」「この曲素敵かも!」と親子のコミュニケーションにもつながりますよ。

ポップコーンで気分を盛り上げる!おうちで映画鑑賞


おうちで映画鑑賞は、好きなアニメの劇場版やジブリ作品を映画館にいるような気分で鑑賞することです。単なるDVD鑑賞ですが、ちょっとひと手間加えたポップコーンを用意するだけなので、とても手軽!

ひと手間といっても、ポップコーンをポップコーンケースに入れるだけなので、「もう疲れた!」「何もしたくない」という時に特におすすめです。
ポップコーンケースは専用の物がなくても、似たような形のプラスチックカップや、紙コップで代用できます。紙コップは食べ過ぎを防止できる上、イラストやシールでデコレーションするとさらに特別感が出ますよ。

とはいえ、DVDを最後までずっと見せるのはいかがなものか……と考える方もいらっしゃるでしょう。映画館では最初から最後まで見ますが、自宅で長時間テレビを見せるのは気になりますよね。

我が家の場合は、一度の鑑賞時間をあらかじめ30分と決めてアラームを設定しておきます。30分というのは、下の子(2歳)に合わせた時間設定です。
アラームが鳴ったら、映画鑑賞はいったん終了でジュースを飲みます。
映画館ではポップコーンとセットになるジュースですが、おうち映画館では別々に出すのがポイント。子どもの「もっと見たい!」を「ジュース休憩して後で見ようね」と誘導する作戦です。これが結構、効果があります。

おうちでファッションショー


おうちでファッションショーは、子どもたちが「好きな服を自由に着て、ウォーキング&ポージングすること」です。いつもは天気や外出先などによって、親が洋服を選びがちですが、ファッションショーの日は完全に自由!真夏にモコモコのスカート、真冬にキャミソールでも、どんな組み合わせもアリです。洋服選びに親が口を出さないのは、子どもにとっては新鮮なようで、想像力をフルに使ってあれこれ組み合わせます。

ただし、好きな服を自由に選んで着るだけでは「これどう?」「どれが可愛い?」となってしまってママが全然休めない状態になります。
我が家では、「ファッションショーするから、素敵だと思うものを2つだけ選んで!ママに内緒にしてビックリさせてね」と声をかけておくことで、ママの自由時間を確保しています。

おうち遊びを成功させるポイントは親も一緒に楽しむこと!でも無理はNG

おうち遊びを成功させるポイントは、親も一緒に楽しむことです。
ほんの少し一緒に遊ぶだけでも、子どもは案外満足するもの。ちょっとした満足感があれば、一人や兄弟で遊んでくれるので、ママの負担はグンと減るはずです。

子どもの遊びに付き合った後は、テレビを見せたりお菓子をあげたりして、ママも休息を取りましょう。子どもはママと遊ぶことが好きですが、ママの笑顔が一番好きです。ママが疲れている時や気分が乗らない時は、無理に付き合う必要はありません。そんなときは、「ごめん、ママは疲れたの」としっかり充電して、元気になってから遊びましょう。

今回ご紹介した我が家のおうち遊びは、どれも簡単すぎて恥ずかしいのですが、何回やっても子どもが大喜びする鉄板の遊びです。もし、「まだやってみたことがない!」というものがあれば、是非やってみてくださいね。

高橋マリー

, , , ,