それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.05.19

【必ずある?!】1日1回 Happy Timeを探して


毎日1回の「ハッピータイム」

♪ほんの〜ちいさな〜できごとに〜。幸せは潜んでいるのです。

♪ほんの〜ちいさな〜できごとに〜。幸せは潜んでいるのです。

育児に仕事に家事に追われる毎日、私って幸せなんだろうか…そんなふうに考えてしまうこと、ワーママなら一度はあると思います。そんなにおおげさに考え込んでしまう前に、1日1回くらいは小さくても幸せを感じる時間があるのではと探してみましょう。

楽しさや快さを感じると前向きになれる脳内物質がたくさん分泌され、心が元気に、そう、幸福感を得られるそうです。忙しい毎日の中で数分でもいい、1日1回「ハッピータイム」を確保できれば、少しずつでも生活全般が幸せモードになっていくのではないでしょうか。

教えて! ワーママのハッピータイム

忙しいママたち、毎日どんな時に幸せを感じているのでしょうか。

忙しいからこそ、みんなで囲む食卓が幸せの素に。

忙しいからこそ、みんなで囲む食卓が幸せの素に。

●朝、子供たちを布団の上からガバーっと覆いかぶさって起こすとき
●必ず家族そろって囲む朝の食卓で、ひと口目のパンをかじる瞬間
●朝の女性専用車両で、おしゃれな人のメイクやファッションをチェックするとき
●仕事で疲れた後のお迎えで、子供の元気な笑顔を見たとき
●お風呂にゆっくり浸かりながら子供の保育園の話を聞くとき
●通勤電車内でゲームをしているとき
●保育園に送った後、身軽になった瞬間
●会社の同僚と芸能ネタ話をしているとき
●子供を一人で遊ばせている時間に思いっ切りピアノを弾くとき
●子供を寝かせて家事もひととおり終わった後に録画したドラマを観ているとき
●寝る前に明日来ていくコーディネートを決めるとき

なかなかユニークな意見もありますね。幸せ時間、それは何も子供と一緒の時だけではないようです。1人時間も大切なハッピータイム。
ちなみに筆者のハッピータイムは、子供が寝た後、思い切って買った高価なコーヒーメーカーで煎れた一杯を、チョコレートとともにゆっくり堪能しながらの読書。「幸せ太り」しそうですが…

バスタイムはゆっくり子どもと向き合える時間でもあるのです。

バスタイムはゆっくり子どもと向き合える時間でもあるのです。

小さな幸せの積み重ねがやがて…

もしかしたら私は幸せと感じる時間がないかも、と思ってしまうママもいるかもしれません。この記事内であげたママたちのハッピータイムをひとつでも真似することから始めてみてはいかがでしょうか。毎日当たり前だと思ってしていたことも、それが幸せを感じられる時間につながるといいですよね。
ひとつの幸せ時間を掘り下げて大きな幸せにするのもいい、小さな幸せ時間をたくさん集めて大きな幸せにするのもあり! ママが楽しそうにしているだけで、子供は嬉しくなって安心して過ごせるんです。1日1回のハッピータイムを作って、心豊かに。自分自身も家族もハッピーにしちゃいませんか!

田崎美穂子

, , ,