それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2020.04.21

糖質オフダイエット完全ガイド!誤解を解いて正しい糖質オフを身につけよう



今どきのダイエットは「糖質オフ」が当たり前。でもご飯やパンなど糖質こそが食べる楽しみなのに・・・といきなりくじけてしまう方へ。きちんと糖質オフについて、知っていますか?

ママのなかには、子どもが残した分まで食べてしまってダイエットなんてできない! という方もいるかもしれませんね。であるならば、メニュー全体を糖質オフに寄せてしまえばOK!
その上で、糖質オフダイエットに関する正しい知識を身につければダイエットは可能です。

やみくもにダイエットするのはもう卒業。
書籍「糖質オフ大全科」を参考に、糖質オフダイエットについて正しく知り、ダイエットを成功させましょう!

糖質オフダイエットでありがちな誤解とは

糖質オフダイエットでありがちな誤解に、「カロリーが高い=糖質量も高い」というものがありますが、これは誤り。

カロリーが高くても糖質量は必ずしも高くない食品はけっこうあります。気をつけるべきはあくまでも「糖質量」であって、カロリーではないのです。

肉や魚などはカロリーが高いと思っている人も多いかもしれませんが、肉や魚はたんぱく質なので、むしろ摂ってOK! なぜならたんぱく質は脂肪を燃やすためのエネルギーになるから。

反対にこんにゃくなどの糖質量もカロリーも低い食品ばかりを食べても、やせることにはつながりません。そんな食事を続けていれば、体はヘロヘロになるだけで、とても持続可能なダイエットはできないでしょう。

食べ過ぎに気をつけたい食品は?


糖質オフダイエットで食べ過ぎに気をつけたい食品は、主に炭水化物から出来ている主食、いも類、そして糖質が多めのフルーツや野菜です。えっいもも野菜も?と驚いた人もいるかもしれませんね。

いもは、じゃがいも、さつまいも、里芋すべてNG。中でもさつまいもはふかしたり焼いたりすると甘くなり、子どものおやつにもなるので便利ですが、親はガマンすべし。

糖質の多いフルーツは、バナナ、干し柿などのドライフルーツ。「甘さ=糖質量」と考えてよいでしょう。そして野菜では、かぼちゃやとうもろこしが糖質オフの対象になります。

こういった食品は甘味があり子どもには人気なので、まったく食卓に載せないのは難しいですよね。ですから、子どもが食べる分のみ作り、極力余らせないようにするのが〇。子どもの食べ残しをママが食べる習慣は、この際なくしてしまいましょう。

こんなにある「ガマンしなくていい食品」


次に、ダイエットのツラさを軽減してくれるお助け食品たちをご紹介します。

卵は万能な糖質オフサポート食品!

たんぱく質は糖質オフには必須。
卵はたんぱく質、ビタミンAなど、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素が含まれている優良食品です。
昔は「卵は1日1つ」などと言われていましたが、実は卵は1日何個食べてもOK。オムレツにすれば2-3個食べられます。

●肉はどんな肉でもどんどん食べてよし

肉はカロリーが高いため、ダイエットするなら控えなくては、と思っていた人には朗報です。肉はどんな肉でも食べてOKです! 糖質オフダイエットではむしろしっかりと肉を食べましょう。
肉には筋肉や血液など、体をつくる材料になる良質なたんぱく質が豊富。さらに、肉のたんぱく質は体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がすべてバランスよく含まれています。
特におすすめなのが、脂肪燃焼に効果的なカルチニンが多く含まれている赤身の肉です。

●たんぱく質を手軽に摂るなら乳製品

乳製品がダイエットに不向きというイメージがあるのは、甘く加工した乳製品のイメージが強いからでしょうか。実は、乳製品そのものの糖質はそれほど多くないのです。
牛乳よりヨーグルト、ヨーグルトよりチーズの順で糖質量が低くなります。チーズOKに喜ぶ人も多いのでは? チーズは乳糖を発酵・熟成により分解しているため、糖質が低いのです。
生クリーム、バターもOK。ただし、ケーキなどは原料に小麦粉、砂糖が含まれているため一気に糖質が上がりますから要注意。それでも、洋菓子の方が和菓子よりも糖質は低めです。

調理方法で注意したいこと

最後に、糖質オフダイエットをするなら知っておきたい調理する際の注意点をご紹介します。

●基本、砂糖を使わない

砂糖は大さじ1で8.9グラムもの糖質量になります。
和食は意外と砂糖を使うものが多いですが、基本的に砂糖を使わないことに慣れていきましょう。

●迷ったら味付けは塩コショウ

食材の味を生かすためにも、味付けは塩コショウがベストです。
和食はしょうゆやみりん、味噌などさまざまな調味料を使用しますが、ここはフレンチやイタリアンをならってシンプルに。

●酢には血糖値を下げる働きも

調理のときに酢大さじ1程度を摂ると、食後に血糖値が上がるのが抑えられるそうです。この作用を利用しない手はありません。
酸味がやわらかなリンゴ酢がおすすめ。

糖質オフダイエットに対する間違ったイメージをなくし、正しく知ることで、かなり気が楽になったのではないでしょうか。

今は、糖質オフでも美味しい食品もいろいろ市販されていますからそれらも利用しつつ、子育てしながらラクにダイエットできるといいですね。

冬木 丹花

, , ,