それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2019.05.09

【隙間時間にできる!】日々の疲れを癒すワーママの「リフレッシュ法」



ワーキングマザーの皆さんは毎日、育児に仕事に家事…と忙しくされていることと思います。
しかし、毎日作業に追われていると、知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまっているもの。スキマ時間でも実施できる、リフレッシュ法で、日々の疲れを癒してみませんか?
今回は、筆者の周囲のママが実践しているリフレッシュ法をご紹介します。

子供たちが就寝した後に「ちょっと良いグルメ」を堪能


「ちょっと良いワイン」「ちょっと高いアイス」など、子供たちが就寝した後にちょっぴり楽しむのがおすすめ。ちょっと良いグルメは、美味しいだけではなく、特別な気分にさせてくれるものです。
ちょっと罪悪感がある…というママは、子供たちのおやつとして同じものを用意しておくと、罪悪感0でママのグルメタイムを確保できますよ。毎日頑張る自分へのご褒美にしてみては?

アロマを焚く


アロマは癒されるだけではなく、健康面へのメリットもあります。
例えば、「ラベンダー」は入眠しやすくする効果が期待されていますし、「ローズマリー」は女性に多い冷え性を緩和する効果があるといわれています。
お気に入りのアロマを焚いて、思う存分香りを楽しみませんか?アロマを焚きながら好きなことをすれば、幸福度もさらにアップ!リラックスできて、ストレス解消としても期待できるでしょう。

旅行の計画を立てる


旅行が好きなママなら、次の旅行に向けてコツコツと計画を立ててみるのもおすすめです。
「何を見ようかな」「何を食べようかな」、と考えるだけでも幸せを感じるもの。実際に、「旅行のしおり」を作ってみると、家族旅行を考える時間がより濃い時間になるかもしれませんね。
また、旅行の計画を立てると、仕事のモチベーションもアップしやすくなります。「家族で旅行に行くために頑張るぞ!」と前向きになれれば、仕事も家事もより捗るでしょう。

ちょっと早起きをして「朝活」する


「夜は子供たちと寝落ちしてしまうことがほとんど」というママは、朝いつもより10分だけ早く起きて、自分の時間を確保するのがおすすめです。
10分の早起きなら、睡眠時間に影響しにくく、睡眠不足になってしまう心配がありません。
ストレッチをしたり、読書をしたり。コーヒータイムにしたりして、理想的な朝活を楽しんでみてください。
また、10分の時間を確保して「今日はちょっとメイクを頑張ってみようかな」なんて、普段の身だしなみにちょっとオシャレをプラスするのもおすすめです。

いかがだったでしょうか?育児・仕事・家事に毎日追われていると、気が付かないうちにストレスをため込んでいるかもしれません。
スキマ時間を見つけて、適度にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

粕谷麻衣

粕谷麻衣

フリーライター、記者

≫このライターの記事を読む


, ,