仕事、妊娠、出産、子育て、夫婦関係…働くママの口コミ・共感メディア| BRAVA(ブラーバ)

2020.08.20

妻は夫以外なら性欲はわく?夫婦の「夜の営み」がなくなる真相をママたちが座談会で暴露


BRAVA恒例「ママたちの覆面座談会」今回は覆面でなくては語れない!〝セックスレス〟についてです。

以前の記事では「覆面だからこそ語れる」不倫について盛り上がった様子をレポートしました(記事は「コロナ禍で不倫関係はどうなってるの?ママたちのぶっちゃけトーク〈覆面座談会Part2〉」)。

シリーズ最後となる今回は、全員が密かにあたためていた!?「セックスレス」に関した話題です。

あまり人には言えないけど実はちょっぴり悩んでる、気になっている「夫婦のセックスレスについて」参加したママたちから、なかなか興味深いお話がたくさんでてきました。

ほぼセックスレスという夫婦が実は多い!?


座談会に参加したママたちは、「肉食系!」と豪語する約1名をのぞいて、

「うちセックスレスだな」
「別にセックスしないと決めているわけではないけど、してない」
「まぁたまに。すごく酔っ払った時とか」

こんな答えが返ってきました。

仲が悪いわけでもないし、趣味を一緒に楽しむこともあるし、家族で楽しくやっているけど「セックスはもうずいぶん、してないかも」。

こんな「ほぼセックスレス」のボーダーライン家庭が30代から40代、ちょうど結婚10周年前後の夫婦に多いようです。

 

実際に、2018年に東京イケアクリニックが行った「【夫と妻で回答格差も!『いい夫婦の日』40~50代男女・既婚者に聞く】結婚の満足度や結婚相手に望むこと、浮気、理想と現実のセックス頻度、将来の介護は…?ほか徹底調査」によると、現在「セックスレスと感じている人」は45.7%(男性54.5%、女性37.1%)となっていました。

夫婦がセックスレスになった妻側の理由3つ

まずはみなさんに、セックスレスになった原因を質問。

大きく分けて、以下3つの意見にまとまりました。

①とにかく忙しくて疲れてるからセックスが面倒

最初に飛び出たのは、こんな意見でした。

「疲れていて性欲どころではない」
「セックスする時間があったら寝たい」

子育ても仕事も忙しくて疲れているため、セックスをする心身の余裕がないという意見です。

性欲より睡眠欲。ベッドに入ったら、その気になる前に寝落ちしてる。たまに夫がなんとなく手を伸ばしてきても、わたしはとにかく眠くて相手にしたくない、放っておいてくれと思って、夫の手を振り払って終わり。

そもそもセックスってある意味スポーツというか運動じゃない? 夜になってそんな体力残ってないよ。

時間にも心にも体力にも余裕が残ってないと、性欲わかないよね……。

仕事、育児、家事、買い物……妻として、母親として頑張る女性には日々のタスクがいっぱい。

全てこなしてベッドに入ったら、もう疲労困憊でセックスどころではないという女性も多いのではないでしょうか。

②夫を「性欲の対象」として意識できない

「家族という感覚が強すぎる。パパとママって感じで、夜になってもそんな気持ちになれないよ」

ひとりの発言にみんながうなずきました。

寝室にも子どもの洗濯物がかかってたり、子どものぬいぐるみが転がってたり、なんていうか生活感丸出しな環境の中で、ロマンチックな雰囲気になんてなれない。性欲に繋がらないんだよね。

うちの夫、結婚後、ぶくぶくと太り始めてオシャレを気にしなくなった。

別に見た目に惹かれて結婚したわけじゃないし、こっちも結婚当初から劣化してるのは分かってるんだけど、その気にならないんだよね…。

うちの旦那はすごく子煩悩で、子どもが寝付くまで楽しそうに子どもと遊んでくれる人。

だからこそ「パパ」って感じで、「性欲の対象」として見るのがなんだか罪悪感があるような、変なかんじがしちゃって。

よく男性が妻に対して「女性というより子どもの母親という意識があってその気にならない」なんて発言をしますが、まったく同じ感覚を妻も持っているんですね。

③子どもがそばにいるから気になってセックスできない

「子どもと一緒に寝ている」、または「声が聞こえてしまいそうで気になって夜の営みができない」という声も挙がりました。

だいたい子どもと一緒に寝ているのに、やっぱりできないよね。

うちの子は時々、怖い夢を見たって言って、私たちの部屋に入ってくることがある。そんな時に2人とも真っ最中だったら…って想像すると、とても家ではできない。

子どもたちとは部屋は別なんだけど、壁が薄くて…。子どものいびきが聞こえることもあるし、ベッドも軋むし、絶対ムリ!

子どもと一緒に寝ているママパパの場合はなかなか環境的に難しいですよね!

もし子どもたちに見られてしまったら、なんて想像すると一気に性欲がなくなります……。

肉食系ママの爆弾発言「昼間セックスすればいいじゃない!」


セックスレスの理由について盛り上がる一同に、自他共に認める肉食系ママが一石を投じました。

うちは子どもが保育園や学校に行っている間、昼間にセックスしてたんだよね。

瞬間、えええええーーー!と驚きの声に包まれました。

「昼間にどうやって?」「そんな気になれる?」との疑問にも、肉食系ママは「カーテンしめて暗くすれば雰囲気出るじゃない」とサクッと回答。

「それはそうかもしれないけれど…」と言いよどむ一堂に、彼女は涼しい顔で言い放ちました。

体で愛情を感じられないのって寂しくない?

モニター越しに見えたのは、無言のまま考え込む、他のママ達の困惑した表情でした。

セックスレスって工夫しないと解消しないよ。

何もしなかったら、そのままなんとなくずるずると、永遠に触れあうこともないって状態になっちゃう

「確かにそうかも。気づいたら、もうずいぶん夫としてない」

ひとりのママが、ぼそりとつぶやきました。

肉食系ママいわく、似たような考えを持つ女友達とマンネリ防止の情報交換をするなど、結構きわどいことも話すそう。

そんなノリのまま、夫にも「どんなプレイが好きか」「どんなシチュエーションが好きか」をストレートに聞くそうです。

夫はどんなことに燃えるタイプなのか知ってる?

どんなAVを好んで見てるのかわかる?

わたしなら、夫が好きなコスプレでもメイクでもなんでも試してみる。

これぞ、夫を想う妻の愛…!

全員思わず、「おおーっ……」と簡単の声を漏らしました。

 

夫でじゃない男相手だったらセックスするの?


恋人同士だった頃から月日がたち、子どもができて家族というカタチになった私たち。

家庭はあたたかく、子どもたちの健やかな成長を家族の幸せとして、時が過ぎていくことは幸せなことだとも思います。

けれど、私たちは妻であり「女」であることも事実。そこを大切にしないと、妻のほうからか、夫のほうから、いずれ夫婦感に亀裂が入る原因になる可能性もあります。

コスプレか……確かに夫婦になるとマンネリっていうところはあるのかも。何をするかもわかってるし、なんていうか刺激もないしね。

でも夫と一緒にAV観たりするのはなんか恥ずかしいなあ。なんか、夫相手には今更っていうか…。

その時、肉食系ママが一言。

じゃ、もしよ? もし夫でなくて他の男性とならセックスできるの?

なんだかみんな難しい顔をして考え込んでしまいました。

だってそうじゃありませんか? 時にはふっと妄想することはあるでしょう。

でも、実際にセックスしたさに不倫するのか浮気するのかといえば、別問題です。

夫と寝ながら、別の男性の顔を思い浮かべてセックスするってこと、なかったとは言えないかも

ひとりが答えると、肩をすくめながら他のママたちも黙って軽くうなずきました。

自分がまったく性欲がないのかと言われると、そうでもないような気はする。でも夫に対してはわかないんだよね、気持ちがね。

かといって不倫とかはリスクしかないから絶対しないけど。

リスクがあってもなくても浮気はしないなあ。

セックスしたいって気持ちがもうずっとないから、夫が他で浮気したとしても仕方ないって許すだろうと思う。

セックスは愛を確かめ合う大切なコミュニケーションでもあり、もっと動物的に考えると性欲を発散し合う行為でもあります。

男性は本能的に性欲が強い人が多いから、自分がその相手をできないのなら、浮気だとしても他の女にその相手をさせる……。

そんなドライな夫婦関係もたまに耳にしますが、なんだか悲しい関係ですよね。

セックスレスってそんなにダメ?夫婦仲が良ければレスでも良くない?

しばらくセックスレスだったけど、「子どもが欲しいから久々にセックスした」というママもいました。

でもセックスレスって正直ダメなことなのかな?

私は子どもが欲しいから久々にセックスしたけど、夫に愛を感じてとか、お互いを思い合ってのセックスじゃなかった。

ふれ合いたいとか、抱かれたいとか、気持ち良くなりたいとかっていう気持ちみたいなのがないの。

実際、久々のセックスは気持ち良いっていうより、痛かったんだよね。

目的通りに子どもを妊娠してからは、もはや夫との夜の関係はないに等しいと言います。

それでも夫との仲は良く、子育てや家族で遊びに行くだけでも充分楽しい。夫に「恋人みたいに接してほしい」「抱いてほしい」なんて思わない、とまで断言。

「別にセックスレスでもいいか」って思ってしまってるんだよね

更年期の前段階にさしかかり、正直セックスが苦痛という意見もありました。

セックスレスだからといって離婚の危機にあるわけでもなし、家庭生活に大きな問題がない。

お互い、セックスレスの問題にはあえて触れずに日々を過ごしているケースも多いのでしょう。

妻の性欲はなくならない!愛があるならマンネリ脱却を

セックスレスは意識して「夫婦関係を変えてみよう」と思わないと、そのままずっとレス状態ということはありがちです。

肉食系ママは、セックスレス状態にあるママたちに警鐘を鳴らします。

性欲はなくならない、なりを潜めているだけ。何か少しのきっかけで変わるはず!

たとえば痛いならゼリーとかだってあるし、更年期が関係しているならサプリ飲むとかね、女性力みたいのをかきたてる努力をしないと。

セックスがない関係に、どこかでちょっと「このままでいいのかな」って不安に思ってるんじゃない?

触れ合ったらやっぱり、愛されてるんだなーって気持ちになれるでしょ。

この言葉に、「確かに…」「う〜ん…」と、考え込み、頷くセックスレスママたち。

セックスにこだわらない家庭があってもいいけれど、愛し合った男女がパートナーとして側にいるのに、愛を体で表現できないのは悲しいことです。

ビジネスライクに浮気を許している夫婦に、心からの愛や絆があるとは思えないし、愛が崩壊へ向かう道を辿っているような気もします。

 

でも、セックスレスはお互いの話し合いや努力で脱却できることでもあります。

セックスレスになるのは、マンネリするからっていうのはあると想う。やっぱり新しいことにチャレンジしたほうがいいのかな。

確かにホテル行くとか旅行先とかだと、気分変わって盛り上がることもあるし。

ママとパパでなくて、夫と妻、男と女って思えるようなシチュエーションを作ることは必要なのかもしれないね。

「そもそもセックスレスについて、ちゃんと夫婦で話し合ったことがないなあ」

「結局話し合うのが面倒で見て見ないふりをしてたかもしれない」

と、ちょっぴり反省するセックスレスママたち。

今現在家庭が円満だとしても、子どもはいつか巣立って夫と二人きりの生活になります。

そのときにお互いを心から思い合って信頼し会える心の絆ができていないと、「熟年離婚」なんて結果に陥るかも……!

 

夫婦の関係は夫婦にしかわからないけれど

セックスレスであるということは、「自分の中にある女性という性」に自ら蓋をしめてカギをかけてしまっていることでもあります。

夫婦関係に正解なんてありませんが、母としての幸せと同じくらい、妻として、女性としての幸せも大事にしたいもの。

この機会にセックスレスについて、夫と話し合ってみませんか?


, , , , ,