それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2021.10.22

コロナ時代の運動不足を解消!親子の体力向上のアイデア



緊急事態宣言が解除され、学校も少しずつ通常どおりに戻りつつあります。
とはいえ、まだまだ外出によるコロナウイルス感染のリスクが心配なママパパは多いのではないでしょうか。子どもが自由に遊びまわることが難しい状況では、子どもの運動不足が気になるところ。そこで今回は、親子の体力の向上にもオススメな運動遊びをご紹介します。

withコロナ時代は運動不足が心配


新型コロナウイルスの流行により、外で遊ぶ機会が減り子どもの成長における「運動不足」に悩むママパパも少なくありません。
コロナの影響に限らず、近年では子どもの「体力低下」や「運動嫌い」が問題視されているようです。体力低下の主な原因としては、お家でのテレビやゲームの利用が増え、外遊びの時間が昔に比べ減ってききたこと。また都市化にともない子どもが手軽に遊べる場所の減少の影響などがあげられます。
また近年のテレワークの普及により、通勤時間が省ける一方で、大人も運動不足に陥るケースが多くなったようです。

親子で運動の3つのメリット
運動不足は心身の不調の原因となることから、適度な運動は健康を維持するためには必要です。
また無理のない運動はリフレッシュやストレス解消にも効果があるとされています。

メリット1 親子で体力の向上
親子で一緒に運動すると、跳んだり走ったりなど普段はしない動きが多くなり、大人の体力向上にもつながります。
運動を通して、自然なスキンシップやコミュニケーションにつながり、楽しみながら運動不足が解消できます。

メリット2 子どもの心身の発達
文部科学省の スポーツ庁では、体力が意欲や気力といった精神面の充実に関わっているとしています。
子どもの時期の身体活動は、病気から身体を守る体力を強化し、健康な状態をくってくれるようです。
子どもの時期だからこそ、ママパパが意図的に運動できる環境をつくってあげられるといいですよね。

メリット3 親子でリフレッシュ
思いっきり体を動かすことは、リフレッシュできるうれしい効果もあります。
運動して筋肉を動かすことで、全身の血行が促進されストレス解消につながり、メンタルヘルス不調の改善も期待できます。
デスクワークなどの座りっぱなしのお仕事が続くママパパにも、適度な運動を意識することはオススメです。
ちょっと公園まで子どもとお散歩したり、サイクリングしたり、無理のないペースで続けられる運動から始めてみましょう。

体力向上にオススメ!運動遊び


運動不足解消だけを目的とした運動は、子どもにとっては楽しく続けることは難しいかもしれません。
子どもが積極的に体を動かすためにも、ママパパも一緒に行う運動遊びがオススメです。
運動遊びは、遊ぶ経験を通して体を動かすこと。
鬼ごっこやかくれんぼ、ボール遊びなども運動遊びとよばれ、あくまで遊びの延長線で楽しむことが大切です。
子どもに人気の運動遊びに、ドッジボールやしっぽとりなどもありますが、動きが激しいので無理のないペースから始めましょう。

親子にオススメの運動は外遊びならボール遊びやフリスビー、バドミントンなど。お家でオススメの運動は体操やダンスなど、楽しくて夢中になれるものがオススメです。

家庭でも楽しく行えるスポーツや運動を紹介しているサイト「子供の運動あそび応援サイト」もあるのでチェックしてみてくださいね。
(※無料のコンテンツであっても一部通信料が発生するものがあります。利用する場合は家庭で相談してください。)

もちろん最初からハードは運動を始める必要はありません。公園の散歩やウォーキング、徒歩での通勤など、無理なくできるものから実践することで、少しづつ筋肉がつき基礎代謝が上がっていきます。まずは無理なく続けられそうな運動から始めてみましょう。

運動をする時の注意点


運動不足によって筋力が低下している中、急に運動すると転倒や筋肉痛などが起こりやすくなります。
運動会シーズンになると子どもだけではなく、大人も転倒でケガをするケースもよく聞きます。
手首、足首などのストレッチをしっかりして、運動する前の準備を心がけましょう。
また室内で運動する場合は、ある程度のスペースを確保して、家具の配置には注意。
ケガのリスクがある角のある家具は、あらかじめ移動するか、布などでカバーしておくと安心です。

最近は自宅で過ごす時間が多くなり、日ごろの運動不足は心配になりますよね。
テレワークなどで運動不足のママパパも、簡単なストレッチやお散歩など軽い運動でもリラックス効果があります。
涼しくなって過ごしやすいこの時期は、運動不足を解消するいいチャンスです。
この週末は親子で楽しく運動してみませんか?

参考資料: スポーツ庁 

蒔田てっら

, , , ,