それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2018.12.13

幼稚園入園はオムツが取れていないとダメ!?トイレトレーニングが間に合わない場合どうする?


f55e56135c341a3817fb40e0d37dd79e_s
働くママの多くは、子供を保育園に入れることでしょう。しかし最近ではフリーランスやリーモートワークで働くママが増え、保育園ではなく幼稚園に入れるケースも珍しくありません。そんなママにとって入園前の気になるトピックのひとつに「トイレトレーニング」があります。今回は幼稚園入園までに必要な理由や、入園時にトイレトレーニングが間に合わなかった我が家の経験をお話しします。

幼稚園とトイレトレーニング

f87fddc548d2c00e2824a5c7ee2efd4f_s
保育園の場合、トイレトレーニングは園でもしてくれます。しかし、幼稚園の場合はそうとは限りません。幼稚園によっては、「入園前にトイレトレーニングをすませてください」とはっきり言うところもあります。また、そう言われることがなかったとしても、幼稚園に入ってくる子どもはトイレトレーニングを終えている子がほとんど。親としては「うちもトイレトレーニングは終わらせておかないと……」とプレッシャーを感じがちです。

フリーライターである私は自宅で仕事をしていることもあり、長男・次男ともに保育園ではなく幼稚園に入れることを選択しました。長男のときは入園前に順調にトイレトレーニングを終えることができましたが、次男のときは仕事が忙しくなっていたためトイレトレーニングはついつい後回しに。その結果、入園前になってもおむつが外れないという状態になってしまいました。

プレ幼稚園期~トイレに行く子を見て焦る

3b8ea664dc02a353ddff0809ee33697c_s
次男が通っていた幼稚園では、2歳児を対象にしたプレ幼稚園があります。プレ幼稚園では、親子一緒に隔週で園に集まり、お遊戯や工作をしたり、近くの公園に遊びに行ったりします。親にとっては幼稚園の雰囲気や先生の様子などを知り、入園前にママ友を作ることができる機会のひとつであり、子どもにとっては集団生活や先生に慣れる準備期間です。

この時期、次男はまだトイレトレーニングに向けての意欲が低くトレーニング自体は始めていましたが、こちらから声をかけてもトイレに行くのを嫌がる状態、しかしプレ幼稚園の子の中には、すでに自分からトイレに行くような子もいて、このまま入園を迎えたらどうしようという焦りが出てくるように。トイレに行く子どもを見て、次男も行く気になるかと期待しましたが、まったく変化はありませんでした。

入園説明会~「おむつが外れていなくても大丈夫」という言葉にひと安心

432fa69e708898f2ffa5251f83a94be6_s
トイレトレーニングはまったく進まないまま秋になり、幼稚園の入園説明会が開催されました。入園に向けて準備しておいたほうがいいことなどを園から説明されたのですが、その中にトイレトレーニングについての話がありました。

「うちはおむつが外れていなくても大丈夫。年少保育の場合、毎年何人かはおむつが外れないまま入ってくるお子さんがいます。そんなお子さんにはおむつを持たせてください。おむつを外さなければと焦り、親子でストレスをためるほうがよくありません」

毎年何人かはトイレトレーニングが終わらないまま入園する子がいて、園もその対応に慣れている。これを知ったときはとても安心しました。

相変わらず次男本人のトイレトレーニングに対する意欲は低かったのですが、あえてこちらもしつこく言わず、軽い声かけ程度に留めることに。あとでおむつを見たときにおしっこをしていても、怒らず「次はちゃんと言ってね」とひとこと伝えるのみにしました。そして、入園の面談時には入園時にはトイレトレーニングがすんでいない可能性があることを伝えておきました。

入園後~おむつ持参で登園&自然におむつが外れた!

fb3bbaa70bc805cd19570d510c48a34c_s
結局、入園までにトイレトレーニングを終えることはできませんでした。次男はしばらく、替えのおむつもリュックに入れて登園です。帰ってきたときにリュックの中を確認すると、使用済みのおむつが入っています。しばらくは、それを見るたびに「仕事をしているとはいえ家にいるんだから、仕事量を控えてでもちゃんとトレーニングすればよかったかなあ……」など今さらの後悔を感じたものです。

やがて夏休みを迎えましたが、それでもトイレトレーニングは終了しません。夏休み中にがんばろうかと思ったのですが、それも本人の意欲が低かったためうまく行きませんでした。ところが、夏休み明けから少しずつ、持たせたおむつを未使用のまま持ち帰るなどの変化が出てきました。秋頃になるとほぼ未使用で持ち帰るようになり、本人もある日突然「パンツのほうがいい」と言い出したため下着をパンツに切り替えることに。その後おもらしをすることもほとんどなく、トイレトレーニングは終了しました。

「幼稚園選び」&情報収集に力を入れて

専業ママであっても、トイレトレーニングをスムーズに進められないケースは珍しくありません。仕事をしているママにとってはなおのこと、思ったように進まないことがあるでしょう。だからこそ、焦らず、幼稚園についての情報を集めることが重要になってきます。入園前にトイレトレーニングが終わっていなくても大丈夫かなどを幼稚園に確認し、必要に応じて園と相談しながら、ゆったりした気持ちで、子どものペースでトイレトレーニングを行ってみてください。

鶴原 早恵子

, , , , , ,