仕事、妊娠、出産、子育て、夫婦関係…働くママの口コミ・共感メディア| BRAVA(ブラーバ)

2020.07.13

調味料は1つだけ!「めんつゆ」で簡単時短レシピ4選



忙しいときには「なるべく料理を簡単に済ませたい…」がホンネですよね。そんなときには、調味料が「めんつゆ」のみの料理を試してみませんか?
めんつゆには、しょうゆやだし、塩、砂糖が入っていますので、これ一つで味が決まるのです。簡単に作れるのに、とっても美味しいので、忙しい日や疲れた日には試してみてください。

レシピ1:めんつゆ×肉豆腐


ボリューミーでジューシーな肉豆腐は、お肉と豆腐、それからお好きな具材にめんつゆをプラスするだけ!

忙しいときでもパパっと簡単に「肉豆腐」が作れますし、食べ応えも抜群で、子どもたちがモリモリとごはんを食べてくれるでしょう。

【材料】2人分

・豚肉(薄切り)200g

・豆腐1丁

・そのほかお好きな具材(玉ねぎやキノコ、しらたきなど)計200g

・めんつゆ(2倍濃縮)100cc

・水200cc

・お好みですりおろしショウガ少々

鍋にめんつゆと水を入れてひと煮立ちさせたら、そこへ具材をすべて投入して、具材に火が通ったら完成です。

豆腐はスプーンですくって鍋に投入したり、こんにゃくは手でちぎって鍋に入れたりすれば、包丁いらず。手軽にメインができあがりますよ。

レシピ2:めんつゆ×炊き込みご飯


炊飯字にめんつゆを入れるだけで、簡単に炊き込みご飯が完成しますよ。

具材たっぷりの炊き込みごはんなら、これだけで栄養も摂れるのでおすすめです。

【材料】2~3人分

・お米2合

・お好きな具材(ゴボウやニンジン、マイタケなど)それぞれ20~30g

・めんつゆ(2倍濃縮)大さじ6

・水適量

炊飯器にお米とめんつゆ、水(めんつゆと合わせて2合目の目盛りまでの量)を入れ、そこへ細かく切った具材も投入します。

その後炊飯器の蓋をしめて、1時間給水させてから炊飯して完了です。

炊き立てはめんつゆとは思えない、香ばしさと具材の風味がふわっと立ち上り、一気に食欲MAXになりますよ。

レシピ3:めんつゆ×親子丼


何かと手間や準備する調味料が多い親子ですが、めんつゆを使えば甘味とうま味を感じられる親子丼を超簡単に作れます。

丼ものなら、おかずも少なめで問題ありませんし、「今日は丼もので済ませたい」という日に重宝するでしょう!

【材料】2人分

・鶏肉150g

・卵2個

・玉ねぎ玉ねぎ1/2個

・水100cc

・めんつゆ100cc

鍋にめんつゆと水とくし切りの玉ねぎを入れて柔らかくなるまで煮込んだら、食べやすく切った鶏肉を入れてさらに煮込みます。鶏肉に火が通ったら、解きほぐした卵を入れて加熱してください。

めんつゆの甘味がほんのりと感じられて、子どもも喜ぶ丼ものになりますよ。

レシピ4:めんつゆ×焼きおにぎり


めんつゆで味付けした焼きおにぎりは、焦げ具合も色味も香ばしさも満点です。また、アレンジもしやすいので、家族の好みに合った焼きおにぎりが作れます。

おやつや軽食、朝ご飯にピッタリな一品になるでしょう。

【材料】2人分

・温かいご飯300g

・めんつゆ(2倍濃縮)大さじ2~3

・ごま油大匙1/2~1

・かつおぶしおこのみで

全ての材料をボウルに入れてよく混ぜ合わせたら、お好みの大きさに握って、トースターで焦げ目をつけたら完了です。お好みでとろけるチーズを混ぜ込んでも美味しいですよ。

ちなみに、筆者は唐辛子入りでピリ辛味を楽しんでいます。

料理が面倒な日は「めんつゆ」を活用してみて

めんつゆは思っている以上に万能な存在です。

以外にも「甘味」「塩気」「うま味」を兼ね備えていることから、めんつゆ一つで味が決まるのです。

めんつゆは麺類のつけつゆやかけつゆとして使うことが一般的ですが、他にも用途は様々。アイデア次第で和洋中様々な料理に活用できます。

育児や仕事に追われて「今日はご飯を作る元気がない…」というときは、めんつゆを活用したメニューを試してみてはいかがでしょうか?

粕谷麻衣

粕谷麻衣

フリーライター、記者

≫このライターの記事を読む


, , ,