それでもママは働く 未来と自分を信じて ワーママ・プレワーママの共感サイト| BRAVA(ブラーバ)

2015.12.12

【ドキドキワクワク!】子どもと一緒にサンタを追跡してみる!?


pixta_17657496_M

24日は、サンタを追跡!

 12月2日、「GoogleとMicrosoft(NORAD)のサンタ追跡、今年もスタート」というニュースがITmedia ニュースより報じられました。

記事によると、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のサイトとGoogle(米)の「サンタを追いかけよう」サイトが、それぞれ12月1日(現地時間)にオープンしたそうです。

一体どのようなサイトかというと、12月24日になると、サンタがどこでプレゼントを配っているのかが分かるというもの。ちなみに、NORADのサイトでは、レーダーや衛星などで追跡をするので、男の子は非常にテンションが上がるのではないでしょうか。

 

サンタ追跡サイトってどんなもの?

あああ

プレゼントを配るサンタの追跡なんて夢があって楽しそう!

 

では、さっそく“元祖”サンタ追跡サイトであるNORADのサイトOfficial NORAD SantaTrackerを見てみましょう。

PCサイトだと、右端に言語を選択できるルーラーがついており、日本語にも対応しています。

おおっ! もう、すでに、サンタ追跡の開始時間へのカウントダウンが始まっています

この秒数が刻まれる感じがドキドキしてしまいますね。

このカウントがゼロになると、サンタさんがプレゼントを配る旅に出発します。そして、同時に追跡がスタートし、今、どこにいるのかをリアルタイムで教えてくれるんですね。

「わ、もうすぐ日本にくるみたいだよー。早く寝なきゃ!」「今、サンフランシスコで配ってるらしいヨ」なんて子どもと一緒に盛り上がれそうですね

なぜ、こんなことをしているの?

お子さんと楽しみながらできそうですね。

お子さんと楽しみながらできそうですね。

NORAD本部というところをクリックすると、なぜ、NORADがサンタOfficial NORAD SantaTracker追跡サイトを公開しているか? という秘密が分かります。

それによると……

“この恒例行事は1955 年にコロラド・ スプリングスに拠点を置くシアーズ ・ローバック社が子ども向けに「サンタへの直通電話」を開設した時に誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。

サンタに繋がるはずのその番号は何と CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。

子ども達からの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。

そして電話をかけてきた子ども達にサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことからこの伝統が生まれました。”(サイトより)

 

とのこと。ステキな大佐ですね。

そのほかにもNORADについて書かれています。ちょっとウルトラマンっぽい感じもあり、男の子が好きそうなワールドが広がっています。

結構、遊べるサンタ追跡サイト

すでにオープンしているこのサイト、音楽を聴いたり、ゲームをしたり、動画をみたりすることもできるようになっていました。

ゲームは、日めくりカレンダー式になっており、毎日新しいゲームが公開されていきます。すごいですねー。ワクワクします。

あまり小さな子どもだと、楽しめないかもしれませんが、幼稚園くらいであれば充分遊べそうでしたヨ。

Official NORAD SantaTracker

アプリ

 

Google SantaTracker

 

アプリ

 

【記事まとめ】ママニュー7Days

中山美里

中山美里

ライター、編集


, , , , ,